• 大阪府 四條畷市
  • パナホーム

住宅ライターの「パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘」取材レポート

河西 美穂

住宅ライター
河西 美穂

そのうちTOP > パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘 > 家族の団欒を大切にできるリビングやキッチンをモデルハウスで体感!
2017年06月02日

家族の団欒を大切にできるリビングやキッチンをモデルハウスで体感!

【パナホーム・シティ四條畷忍ヶ丘】は28家族の街。
統一感のあるタイル外壁の家が立ち並ぶ街並みです。
でも、内装はそれぞれ個性があるんですよ。
今日はモデルハウスの一つを見学をして、住みやすさをご紹介しますね。

団欒空間として使えるのは25畳!

今回ご紹介するのは、【パナホーム・シティ四條畷忍ヶ丘】の中でも南東部分にある6号地です。


▲植栽の緑が生えるタイル外壁の「タイル」は、約30年間メンテナンスフリーとのこと。(現地スタッフさんからの情報より)見た目の美しさとメンテナンスと兼ね備えているなんて嬉しいですね。(詳しい情報は現地スタッフさんまで)

 

まずは間取りをみてみましょう。


▲勝手口などに敷き詰められた「砂利」は、通る人の足音が聞こえるので、防犯としても役に立ちます。

 


▲1階のキッチンとリビング、ダイビングを合わせて19畳以上。隣の和室もつなげて使うと、なんと25畳です。
6号地/4LDK+ウォークインクロゼット+シューズインクロゼット
土地面積/160.51㎡ 建物面積/115.98㎡

 

玄関ホールから室内に入ったときの第一印象は・・・・・・広い!

 
▲窓も大きくて、とても明るいのも印象的。明るいとより一層、広く感じます。お隣の家は物件よりも低い位置にあるので、視界を遮りません。

 

家族との会話も弾むアイランドキッチン

このモデルハウスでなによりテンションがあがったのが、キッチンです。
ミセスの憧れ、アイランドキッチン!

  
▲ご夫婦やお子さんと一緒にキッチンに立っても余裕の広さです。ご近所のお友達と集まってお菓子作りなんてことも十分にできちゃいますね。コンロ下にはコンセントがあって、電気調理器具の使用もスムーズです。段差や隙間がないので掃除しやすそうなシンクや浄水機能付きシャワー水栓など、細かな気遣いが暮らやすさに直結しますね。

 

キッチンに立ってみると、仕切りがないのでリビングやダイニングとの一体感があります。
リビングの隣のキッチンというより、”リビングの中にキッチン”があるようです。
お子さんが小さいうちはリビングやダイニングで勉強をすることも多いと思いますが、
料理をしていてもしっかり目が届きますよ。

 
▲シンク前に立った時の視界です。リビングもダイニングテーブルもすぐそこ。カウンターの向こうに立ったお子さんの顔も見えますね。「今日、学校でね」なんていう、お母さんにしゃべりかける子どもの声が聞こえてきそうです

 

リビングと一体化しているキッチンだからこその気遣いもありました。

 
▲収納棚の扉かなと思って開けてみると、勝手口が現れました。リビングから丸見えになってしまう位置にある勝手口をおしゃれに目隠しているのですね。これなら、お客様が来ても大丈夫です!

 

 
▲勝手口の反対側の扉を上げると、大容量の収納棚でした。シンク下・コンロ下にも引き出し収納があり、調理器具がしっかり収納できます。引き出し収納は奥に置いたものの取り出しもしやすくて、使い勝手がいいですよね。大きなカップボードもキッチンも使いやすそうでとてもおしゃれ。

 

収納もたっぷり、すっきりした暮らしができそう

家の中がごちゃつかないためにも、収納スペースも気になるところですよね。

  

 
▲大きな窓があって、毎朝の目覚めが気持ちよさそうな主寝室。主寝室のウォークインクローゼットは3.3畳もあって、おしゃれな夫婦二人の洋服もらくらく収納できますね。各部屋にも大きな収納があるので、お片付けもラクにできそうです。

 

  
▲洗面所はなにかとこまごまとしたものがある場所ですが、こちらも引き出し収納のほか、置いたものがすぐに手に取れる棚もあって使い勝手がいいですね。大きな床下収納もありました。これは便利!

 

収納が考えられているので、すっきりとして家事もスムーズにすすみそうです。
そして、広々としたリビングと開放的なキッチンには自然と家族が集まり、
会話が弾む暮らしとなりそうですね。

今回はご紹介しきれませんでしたが、随所にパナソニックグループの先進技術を盛り込んだ、
こだわりの設備・仕様が採用されていてエコで快適な暮らしをサポートしてくれるんですよ。
ぜひ、モデルハウスでご確認くださいね。

掲載写真は全て2017年5月11日撮影
河西 美穂

住宅ライター
河西 美穂

間取りマニアの住宅ライター。見知らぬ土地フェチで、はじめての街へ行って「ここに住むとしたら?」とリサーチするのが趣味。さまざまな家・土地に住んできた経験を生かし、生活者視点からレポートします。

PAGE TOP