• 大阪府 四條畷市
  • パナホーム

住宅ライターの「パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘」取材レポート

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

そのうちTOP > パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘 > 環境良し!アクセスよし! 四條畷は理想的な住宅街
2017年03月24日

環境良し!アクセスよし! 四條畷は理想的な住宅街

はじめまして!
住宅ライターの河西美穂です。

今日からパナホームの分譲一戸建て住宅
【パナホーム・シティ四條畷忍ヶ丘】を紹介するレポートサイトがスタートします。

住宅の特徴や設備はもちろん、住むとなれば気になる周辺環境や交通アクセスなども、
「ここに住んだら、どんな生活になる?」という生活者の視点からレポートします。
どうぞおつきあいくださいね。

一回目となる今回は、ライフステージとなる四條畷市をご紹介します。

歴史情緒溢れる緑豊かな街、四條畷(しじょうなわて)

「四條畷市」ってどこにある街なのかご存知ですか?
わたしも最初は「どのあたりにあるの? 畷 ってどうやって読むの?」って、思っちゃいました(笑)

四條畷は 「しじょうなわて」と読みます。
地図で見ると大阪府の北東部にあって、大阪市からすぐそこ!な感じ。
実際に、大阪市・四條畷市間はわずか15キロなんですよ。
人口5万人のこじんまりとした街で、閑静なベッドタウンと言ったところでしょうか。

そんな四條畷市の中でも、物件のある地域は「第一種低層住居専用地域」に指定されています。


▲付近は立派な門構えや石垣の住宅もいっぱい。とても上品で落ち着いた街並みです。ちなみに、「第一種低層住居専用地域」とは建物の高さや建ぺい率、容積率に制限を設けられている地域のことで、末永く良好な住環境が保たれるエリアなんですよ。

 

四條畷の歴史はとても古く、なんと旧石器時代には人が住んでいたことがわかっています。
昔から人が住みやすいところだったのですね。
街のあちらこちらに遺跡や古墳があり、長い歴史を感じさせます。

 
▲最寄り駅となる「忍ヶ丘」駅前にもこんな案内板がありました。遺跡から出土したという馬形の埴輪を模しているんですね。

 

四條畷市の3分の2は山地や緑地です。
歩いていると道の向こうに山が見えてとても気持ちが良かったですよ。
緑が多いから、空気も素清々しいのですね。


▲バルコニーから美しい山並みが見える住戸もあります。高い建物がなくて視界を遮るものがないのも「第一種低層住居専用地域」ならでは。見晴らしが良くて気持ちいい~。

 


▲市の北東部の生駒山地にはなんと24ものハイキングコースがあります。自然が豊かなだけでなく、触れ合える自然が身近にあるっていいなぁ。駅前にもハイキングコースの案内がありました。休日は家族でハイキングなんて素敵ですね。

 

歴史の古さだけじゃなく、新しさもある街

歴史の長い四條畷市ですが、大切にしているのは古いものだけではありません。
2017年に四條畷市市長に就任した東氏は、昭和63年生まれ。
市長としては最年少の28歳という若さです。(※2017年3月現在)

四條畷市は市民との対話を大切にしていて、市長に直接意見・提言をすることもできるんですって。
市の公式サイトから意見書の書式がダウンロードできるんですよ。


▲実際にダウンロードして印刷してみました! 市内4か所に設置された意見箱へ投函したり郵送する以外にも、FAXやネットからも意見・提言を送ることができます。

 

閑静な住宅街なのに、交通アクセスが良好!

歴史情緒と緑あふれる落ち着いた住宅街の四條畷市ですが、
実は通勤アクセスがとても良いのが最大のポイントです。
環境も大切ですが、通勤も毎日のことなので、アクセスも重視したいですよね。


▲最寄り駅となるJR「忍ヶ丘」駅までは、現地から徒歩8分。

 

JR「忍ヶ丘」駅から大阪(梅田)駅までは乗り換え一回で行けちゃうんです。
良好な環境の住宅地でありながら、通勤アクセスは便利。
暮らすにはとても理想的です。

どれだけ便利な通勤アクセスなのかは、次回に詳しくご紹介しますね。

「パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘」の公式HPはこちら

※掲載写真は全て2017年3月9日撮影
田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

内装工事から電気工事まで家づくりに関わるあれこれを経験してきた、元ガテン系。
現在は住まい作り手と購入する人をつなぐ存在として、ライター業のほか、住宅関連の番組制作などでも活躍中。
数十年の住宅との関わりをもとにレポートします!

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP