• 神奈川県川崎市
  • 提供:三井不動産レジデンシャル

住宅ライターの「進化する街・武蔵小杉」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > 進化する街・武蔵小杉 > 「武蔵小杉」駅“北口側”のタワーマンションの魅力とは?
2017年01月05日

「武蔵小杉」駅“北口側”のタワーマンションの魅力とは?

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン 現地周辺

大規模タワーマンションが集まる「武蔵小杉」駅周辺ですが、武蔵小杉と聞いて多くの人が思い浮かべる風景は、「グランツリー武蔵小杉」や「ららテラス武蔵小杉」など商業施設が集まる駅の南口側かもしれません。

では北口側にはどんな特徴があるのでしょう?
今回は、これまでに数々のマンションをレポートしてきた住宅ライターの私が、「武蔵小杉」駅の“北口側”をチェック。その魅力を探ってみたいと思います。

(上写真…現地から約10mの場所にて2016年7月撮影)

利便性も、自然が身近な気持ちよさも手に入る、のびやかな環境

「武蔵小杉」駅というと、再開発が進んで大規模・高層マンションや商業施設が立ち並び、賑やかで近代的な街というイメージを持っている方も多いと思いますが、“北口側”は、そんな便利さもさることながら、住宅街らしい落ち着きもあるエリアなんです。

安藤家長屋門 小杉御殿跡
▲それもそのはず、中原区小杉町は江戸時代に建てられた屋敷跡などがある中原区小杉御殿町、中原区小杉陣屋町と並び、古くから“暮らす場所”として人々に親しまれてきた地域(※1)なんです。
(写真左…現地から約1.1kmの「安藤家長屋門」2016年7月撮影/写真右…現地から約710mの「小杉御殿跡」2016年7月撮影)

 

「武蔵小杉駅前歩道橋」上より パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」現地周辺
▲北口側の街並みを歩くと、街路樹の緑が多く、そして大通りから一本入ると、静けさや穏やかさを感じるのが印象的です。
JR「武蔵小杉」駅前の歩道橋から見ると、建設中のタワーマンション「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」が見えています。隣は「「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」の敷地。
駅から5分以内の場所に、新たな「住まい」が誕生します。

(写真左…現地から約340mの「武蔵小杉駅前歩道橋」上にて2016年7月撮影/写真右…現地から約30mの場所にて2016年7月撮影)

>>「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」公式HPはこちら!

 

私が中原区小杉町周辺を散策してみて感じたのは、地域密着型の金融機関や飲食店(※3)があったり、オフィスビルがあったりと、駅前らしい賑わいもありつつ、地に足の付いた暮らしが送れそうな安らぎや安心感。

「武蔵小杉」駅南側にある大規模商業施設も魅力的ですが、北側の知る人ぞ知るグルメスポット巡りや、東急東横線・目黒線「新丸子」駅周辺に広がる昔ながらの商店街(※4)でお買い物をするのも、また楽しいものです。

「駅から近い場所に暮らすからといって、住宅街らしい環境の良さや豊かさを諦めなくてもいいんだ」と気付きました。

文化と医療をキーワードに、今後も大規模開発が予定(※4)されています

一口に“「武蔵小杉」駅周辺”といっても、さまざまな街の歴史があり、主にJR「武蔵小杉駅」の南側の地域は、以前は主に大規模工場があった場所(※4)。それが今では高層タワーマンション街にすっかり様変わりしていますよね。

対してこちらの北側は、先ほども触れたように、江戸時代からの名残もある住宅地を中心としたエリアです。
そして、今後もさらなる開発が予定されています(※4)。

北側の開発のキーワードとなるのは、“文化”や“医療”。
新しく建設されるマンション「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の低層部には、川崎市のコンベンション施設の設置が予定されており、「日本医科大学武蔵小杉キャンパス」の再開発も計画されています(※5)。
暮らしを足元から支える公共機関や医療機関がより身近になるわけですから、「住むなら北側!」と考える人が増えるかもしれませんね。

>>「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」公式HPはこちら!

自転車で、歩いてお散歩気分で……ダイナミックな自然も身近

現地から北に少し足を延ばすと、「等々力緑地(現地から約1040m)」や多摩川河川敷(現地から約2.5km)などがあるのも、「武蔵小杉」駅北口側の魅力のひとつ。

多摩川河川敷

等々力緑地 等々力緑地
▲青い空と鮮やかな緑、水の潤いがとっても気持ちがいい多摩川の河川敷や「等々力緑地」。
子どもと一緒に遊びに行くのはもちろんのこと、ランニングやキャッチボール、「等々力緑地フィッシングコーナー」での釣り、「川崎市とどろきアリーナ」で屋内スポーツなど、多彩な楽しみ方ができます。
(写真上…現地から約2.5kmの多摩川河川敷にて2016年7月撮影/写真下左・右…現地から約1040mの等々力緑地にて2016年7月撮影)

 

天気のいい日は自転車で広い公園や広場に出かけてピクニックをしたり、たっぷり汗を流してスポーツをしたり。家族全員に、また、幅広い世代の人にとって嬉しい環境といえそうです。

「武蔵小杉」駅周辺の大型ショッピング施設も利用しやすい

さらに、私が「いいな」と思ったのは、「武蔵小杉」駅は駅や線路が高架化されているため、駅の北側と南側の移動に踏切などを経由する必要がなく、スムーズに行き来できるということ。

南口側にある多彩な大型商業施設も利用しやすいんです。

グランツリー武蔵小杉 ららテラス武蔵小杉

武蔵小杉東急スクエア フーディアム武蔵小杉店
▲高感度なファッションブランドも、話題のコスメショップも、美味しさと子連れでの利用のしやすさで人気のカフェも、毎日のお買い物に便利なスーパーも……。すべて徒歩10分圏内で手に入ります。
(写真上左…現地から約660mの「グランツリー武蔵小杉」2016年7月撮影/写真上右…現地から約600mの「ららテラス武蔵小杉」2016年7月撮影/写真下左…現地から約380mの「武蔵小杉東急スクエア」2016年7月撮影/写真下右…現地から約600mの「フーディアム武蔵小杉店」2016年7月撮影)

 

「武蔵小杉」駅周辺のショッピング施設を見ていると、ベビーカーや抱っこ紐で小さいお子さんを連れてお買い物をしている人がとても多いと感じます。
皆さん活き活きと暮らしを楽しんでいる様子で、お子さんたちもとっても元気(しかもマナーがいい!)。

何かと制限が多くなりがちな子育て世代が、こんなにのびのびと暮らせる街はなかなかないのでは、と思いました。

 

今後、JR「武蔵小杉」駅の北口側、駅から徒歩5分という場所にタワーマンション「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト(全613戸)」の建設が予定されています。このマンションはツインタワープロジェクトとなっていて、1棟目である「タワーズイースト(全592戸)」は、今年3月に完売しています。この規模のマンションが1年かけずして(※6)完売したということは、それだけ多くの人に評価されたということですね。

自然も身近で、住宅街らしい落ち着いた環境も手に入る。そんな“どの視点から見ても、暮らしやすそう”という魅力に、多くの人が惹かれたのかもしれません。

 

「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」についてもっと知りたいと思ったら、ぜひ「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン レジデンシャルサロン」へ!
立地やランドスケープ、間取り、資金計画のことなどを“不動産のプロ”の立場からしっかりと説明してもらえますよ。

>>「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」公式HPはこちら!

※1:川崎市中原区「なかはら歴史と緑の散策マップ」より「1.歴史の道探訪 中原街道コース」参照
※2:「横浜銀行武蔵小杉駅前支店(現地から約340m)」・「いがらし珈琲店(現地から約700m)」など
※3:「新丸子商店街(現地から約850m)」など
※4:「川崎市都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想」より
※5:日本医科大学附属病院「新病院の建設について」より
※6:「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の販売期間は2016年6月~2016年3月
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

過去の記事

PAGE TOP