• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市中区
  • 三井不動産レジデンシャル

住宅ライターの「パークコート上前津プレミアプラス」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > パークコート上前津プレミアプラス > 建物堂々完成!現地動画レポート②  ―共用部編― ~あのインテリアショップがプロデュース~
2017年01月13日

建物堂々完成!現地動画レポート②  ―共用部編― ~あのインテリアショップがプロデュース~

前回は外観部分についてレポートしましたが、今回は、いよいよ物件の建物内部をご紹介します。

四季折々の木花が出迎えてくれるアプローチ

「パークコート上前津プレミアプラス」の1階敷地配置図は下のようになっています。
この矢印を辿るようにして、こだわりがいっぱい詰まった共用部をご紹介します。

shikihai(共用部)

まずは上の動画でエントランスゲート~アプローチを見てみましょう。
マンションに住まう人にとって、このマンションを選んでよかったという優越感を感じられるのがエントランス&アプローチではないでしょうか?
スタイリッシュな大きな庇と木目調のドアのエントランスゲートは、高級感と邸宅感がしっかりと感じられます。エントランスホールへと続く約18mのアプローチには、ツデコブシ、ヒトツバタゴ、ハナノキなど、中部エリアの郷土種が植えられ、季節によって違う表情を見せてくれます。都心にありながら、自宅で季節を感じることができるのは、とても贅沢なこと。オンとオフの気分の切り替えもできそうです。

思わず見上げてしまう、2層吹き抜けのエントランスホール

マンションの顔ともいえるエントランスホール。高い天井と広々としたスペースは、まるでホテルのような趣です。

(▼エントランスホールを動画でチェック)

2層吹き抜けになっているため、建物に足を踏み入れた時に上質感と開放感を感じることができます。
また、日中は南側の窓からたっぷりと日差しが入り、夜は照明の陰影によって素敵な雰囲気が演出されています。床や壁面には高級感があふれるタイルなどの仕上げとなっていて、これなら大切なゲストにも、自慢しながら自宅に迎え入れることができそうです。

インテリアは、「コンランショップ」がプロデュース

マンション選びの重要ポイントである共用スペースの充実度。共用設備やサービスはマンションライフの醍醐味ともいえるだけに、しっかりチェックしたいものです。
【パークコート上前津プレミアプラス】には、こだわりの共用部がいくつか存在します。
まずはラウンジから動画で見てみましょう。

ナチュラルかつモノトーンを基調としたラウンジは、昼は自然光、夜は照明によって違った表情を見せてくれます。待ち合わせや来訪者のおもてなしにちょうど良い、居心地の良さそうなスペースです。ふいの来客には慌てがちですが、こちらを利用すれば落ち着いてお迎えできそうです。

次にライブラリーを動画で見てみましょう。

たまには一人でゆっくり読書をしたい時などに活躍するのが「サードプレイス」的存在のライブラリー。ブルーやイエローなど、遊び心のある家具が配置されたスペースには、書店との連携により定期的に雑誌が入れ替わるほか、定期配本による図書が楽しめるようになっています。

◎ライブラリー

ライブラリーには、ミニデスクが3ブース設置されています。コンセントもそれぞれに設置されているのでPCを持ち込んで仕事や勉強をすることも。家族に呼ばれたらすぐに帰れる“距離感”も安心です。

エントランスホール、ラウンジ、ライブラリーを見てきましたが、これらに配置されているインテリアはすべて、世界中から厳選した家具やインテリアを扱う「THE CONRAN SHOP」がプロデュースしています。共用部とはいえ、ハイセンスでハイクオリティなインテリアは、住まう人たちの心も満たしてくれそうです。さらに、訪れた友人に自慢することもできそうです。

落ち着いた上質感で住人やゲストを優しくもてなす【パークコート上前津プレミアプラス】の共用スペースは、いつまでも愛着を持って長く利用できるものと感じました。

※掲載の写真・動画は2016年12月に撮影したものです。
※共用施設のご利用については、管理規約・使用細則に従っていただきます。

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

この記事を読んだ方へのオススメレポート

過去の記事

PAGE TOP