• 分譲マンション
  • 東京都府中市
  • 野村不動産

住宅ライターの「プラウド府中美好町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > プラウド府中美好町 > 2路線利用で、東京の“西側”を網羅。「分倍河原」駅の交通アクセスを検証
2017年11月09日

2路線利用で、東京の“西側”を網羅。「分倍河原」駅の交通アクセスを検証

「プラウド府中美好町」の最寄駅は、「分倍河原」駅。
これまでの記事でも、京王線の特急停車駅であることは度々レポートしてきましたが、今回注目するのは、京王線とJR南武線が2路線使えるという交通アクセス面について。

JR南武線は、「新宿」駅や「品川」駅といった、いわゆる“ビッグターミナル”を通っている訳ではないので、実は私も、首都圏の路線図などでじっくりとチェックする前は、その利便性についてしっかりと理解できていませんでした。
でも、調べてみると、京王線とJR南武線の2路線が使えるって、なかなか便利なことだったんです。

京王線とJR南武線、“方向が違う”2路線が使えるのがミソなんです

「分倍河原」駅を通っている京王線とJR南武線を、ちょっと範囲の広い路線図で見てみましょう。


▲京王線がターミナル駅の「新宿」駅と、「府中」駅、「分倍河原」駅を繋いでいるのはご存知の通り。
(上の路線図ではカットしてしまいましたが、京王線はさらに『八王子』駅や『高尾山口』駅へと続いています)
そしてJR武蔵野線は、「立川」駅から「分倍河原」駅、「武蔵小杉」駅などを通り、「川崎」駅に向かっています。

 

上の路線図でもお分かりのとおり、京王線に加えてJR南武線が使えることで、東京都区部の西部エリアから、多摩中部エリア、神奈川県川崎市エリアまでを幅広くカバーできるんですね。

通勤や通学、お出かけの際に「1回だけ乗り換える」ことを考えると、小田急線や東急田園都市線、東急東横線、JR湘南新宿ラインなど、東京都心部から神奈川方面に向かって走っている主要路線を使えることになります。

「1回乗り換えるだけ」で、西側のかなり広い範囲を網羅できるんですね。

2路線が使えるメリットを、日常生活に当てはめて考えてみると……

私もこんな風に、東西と南北を走る2路線を利用できるエリアに住んでいるのですが、やっぱり便利だな~と感じることが度々あります。

その理由は……

■ターミナル駅だけでなく、個性あるグルメな街やレジャー施設のある駅へも行きやすい!
■普段使っている電車が事故などでストップしてしまっても、違う電車で帰ってこられる
■習い事や塾など、子どもが一人で通える範囲が広い
■将来、子どもの進学先を選ぶ場合も「遠いから」「電車で行きづらいから」という理由で諦めさせなくてよさそう
■再就職を考えた時、通勤できる駅の選択肢が多く、職場を見つけやすかった

といったようなことがあるからです。


▲特に私が2路線使えるありがたさを実感したのが、出産・育児をきっかけに辞めた仕事を、子どもが成長したタイミングでまた始めようと思った時。
転職サイトなどで仕事先を探す際、自宅のある駅から直通で○分以内、という条件で絞り込む方は多いと思いますが、利用できる路線が2つあれば、単純に候補が倍になるんですよね。
“自宅から行きやすい場所”が多いって、いいことだな~と感じた瞬間でした。

 

また、子育て中で、何をするにも子どもと一緒に出かけなければならない時期などは、「何度も乗り換えなければいけない」というだけで、外出がためらわれたりするもの。
(あちらの路線こちらの路線と、エレベーターを使って移動するのって、結構骨が折れるんですよね~)

複数路線が利用できれば、子連れでも行動範囲が広げられそうですね。

京王線で「新宿」駅へ、JR南武線で「立川」駅や「武蔵小杉」駅へ

では、「分倍河原」駅からはどんな駅に「電車1本」で行くことができるのか、ちょっとおさらいしてみましょう。


▲まずは京王線を利用して、「新宿」駅へ。
「分倍河原」駅は京王線の特急停車駅で、「新宿」駅へは直通21分(通勤時26分)です。

新宿というと、JRや私鉄、地下鉄が通るターミナル駅でもあり、ビジネス街でもありますが、「伊勢丹新宿店」や「新宿タカシマヤ」、「ルミネ新宿」をはじめ、2016年4月にオープンしたばかりの「ニュウマン」などが集まるショッピングタウンでもあります。
マンションから「分倍河原」駅までの徒歩分数を含めても約30分で「新宿」駅に行けると、話題のスポットや商品にも気軽に触れられそうですね。

 


▲また、JR南武線を利用すると、「立川」駅へ直通6分(通勤時11分)。
こちらもデパートなどの商業施設が駅前に集まっているほか、駅から少し離れた場所に「IKEA立川」や「ららぽーと立川立飛」がオープンするなど、いつも話題を集めている街ですね。
都内の公園の中で最大の広さを誇る「国営昭和記念公園」も「立川」駅から歩いて行けます。
「府中」駅の周りにもたくさんの商業施設がありますが、たまには気分を変えて立川へお出かけしてみても楽しそう!

 


▲「武蔵小杉」駅へは、JR南武線で26分(通勤時32分)。
「グランツリー武蔵小杉」や「ららテラス 武蔵小杉」などがある武蔵小杉エリアは、商業施設がゆったりとした造りで道も広くて歩きやすく、他の街とはまた違った魅力があります。
おしゃれなベビー服やキッズカフェなどがたくさんあるのも嬉しい点。

 

デパートや商業施設なら、都心部にもたくさんありますが、JR南武線沿線には、立川や武蔵小杉のように子連れにも優しい“ファミリーコンシャス”な街があるのがいいなと思います。
ベビーカーでも気軽に入れるカフェがあったり、商業施設内に授乳室や子ども用の遊び場が設けられていたり、エレベーターもゆったりとして利用しやすかったりと、小さい子どもと一緒でもお買物やレジャーを楽しみやすいんですよね。

 

また、JR南武線から1回乗り換えることを考えると、「武蔵溝ノ口」駅(『溝の口』駅)で乗り換えて東急田園都市線に乗り、「二子玉川」駅へ。
「武蔵小杉」駅で東急東横線に乗り換えて、「自由が丘」駅へ。
「川崎」駅でJR東海道本線に乗り換えて「横浜」駅へ……と、東京西部や神奈川東部の主要駅へ、サクッと出かけることができちゃいます。

 

マンションの最寄駅のことを比較・検討する場合は、「特急や急行が停まるかどうか」「ターミナル駅からの分数はどれくらいか」に加えて「複数路線が使えるかどうか(路線が走っている方向も大切!)」ということも、チェックしておきたいポイントのひとつといえそうですね。

 

さて、次回の記事では、分倍河原の街をお散歩して、どんな街なのか探ってみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真は2017年9月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP