• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市北区
  • マリモ

住宅ライターの「ポレスター黒川」取材レポート

五十嵐 一恵

住宅ライター
五十嵐 一恵

そのうちTOP > ポレスター黒川 > 竣工間近!「ポレスター黒川」の“今”をレポート
2019年07月19日

竣工間近!「ポレスター黒川」の“今”をレポート

7月末に完成を控える【ポレスター黒川】。

地下鉄「黒川」駅まで徒歩8分(約600m)、名古屋高速「黒川IC入口」まで車で2分(約1,320m)という交通アクセスに加え、周辺にはスーパーなどのお買い物施設や飲食店などのスポットも充実していて、とても生活が便利になりそうなマンションです。

そんな【ポレスター黒川】では、8月24日(土)より現地案内会が開催されます!
そこで今回は一足早く、完成に向かって工事が進む現地の“今”を見に行ってきました。

ワンフロア3邸! 全邸角部屋! 13階建ての都市型マンション

まずは、マンションの外観をチェック。
現在はすでに、マンションを覆っていた養生シートや足場も外され、外観がよく見えるようになっていました。

 
▲マンション東側から見た外観(写真左)と西側から見た外観(写真右)。
黒やグレー、白のモノトーン調のタイルが使用され、モダンで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
建物西側の中心部にあしらわれた、2本のマリオン(飾り柱)も、建物の高さを空に向かってスッと印象的に、スマートに見せてくれていましたよ。


▲ちなみに現在は、エントランスや駐車場など1階部分の工事の真っ最中。
マンションの「顔」とも言えるエントランスは、御影石などの選ばれた素材が使用され、高級感漂うデザインになるとのこと。今後、様々な植栽も植えられるそうなので、完成するのが待ち遠しいです!

また、【ポレスター黒川】はワンフロアたった3邸のマンション。
しかも全邸角住戸で、バルコニーがそれぞれの住戸ごとに独立しているという特徴をもっています。


▲一般的なマンションの場合、バルコニーは隣の住戸と繋がっていて、仕切り板などで区切られているだけ…ということも多いのですが、【ポレスター黒川】のバルコニーはそれぞれが独立!
乳白タイプのガラス手すりになっている(※1)ので、外からの視線を程よく遮りながらも、お部屋の中にもしっかりと太陽の光が届きそうなのも嬉しいポイントです。

全邸角住戸・ワンフロア3邸なので、それぞれのお部屋の前を通る人も少なくなり、プライベート空間がしっかりと守られそう。
都市の利便性も享受しながら、落ち着いてゆっくりと暮らしたい、という人にはピッタリのマンションと言えそうです。

ホテルライクな生活を実現する“内廊下”。

さて、これまでにご紹介した外観の写真をご覧になって気づくことはありませんか?
そう、一般的なマンションによく見られる、外の“共用廊下”がないんです!


▲玄関を出たらすぐ外が見えて、人が歩いている様子が見えたりする、いわゆる“外廊下”のマンション。

“外廊下”のマンションの場合、共用廊下側のお部屋にも窓が作れるなどといったメリットもあるのですが、外からお部屋に入るところが見えるなど、防犯面での不安があったり、天気の悪い日は玄関ドアや廊下が汚れやすい…といったデメリットがあるのも事実。

一方で、【ポレスター黒川】では、“内廊下”を採用!


▲共用廊下が建物内にあり、外気に触れない内廊下。
カーペットフロアになっていて空調も効き、ホテルのような高級感が味わえるのに加え、天気の悪い日でも共用廊下に雨が降り込んだり、濡れる心配が少なくなります。

また、外からの人目も気になりづらく、侵入経路も制限されるためセキュリティ面でも安心。
玄関が外に面していない分、屋外の音がお部屋まで伝わりづらく、プライベート性が高められています。

ちなみに、過去10年の黒川駅徒歩圏内の物件で、全邸角部屋&内廊下を備えている分譲マンションはここだけとのこと!(※2)
実際の内廊下の様子は、次回、建物が完成したあとにレポートする予定ですから、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

平面駐車場完備、交通の便もGOODでカーライフも快適!

冒頭でもお伝えしたように、【ポレスター黒川】は名古屋高速「黒川IC」から車で2分(約1,320m)、国道41号沿いということもあって、通勤はもちろんレジャーにもとっても便利なカーアクセス。

マンションに暮らしながらカーライフも楽しみたい!という人にはもってこいですが、そこで気になるのが駐車場。
近年の都市部のマンションでは、駐車場は機械式というところも多いですが、【ポレスター黒川】では10台分平面駐車場が用意されます。


▲【ポレスター黒川】の敷地内平面駐車場は、マンション1階の西側に用意されます。
歩行者や自転車の出入りはマンション東のエントランス側からになるので、しっかりと歩車分離もされていて安全です。

機械式駐車場の場合、セキュリティ性の高さや車が汚れにくいといったメリットがある一方、前の人が操作をしていると順番待ちの必要があったり、機械を動かす分、入出庫に時間がかかったりすることも…。
また、入庫できる車のサイズに制限があったり、将来に渡ってメンテナンスや修繕費がかかることも考えられます。

その点、平面駐車場は順番待ちの必要がなくスムーズに車の出し入れができ、大型車を停めたい場合にも車高制限の心配がありません。
また、機械式駐車場のようなメンテナンス費用がかからないことは、管理費の削減にも繋がり嬉しいポイントです!


▲車とバイクが出入りする西側の道路は一方通行。周辺は住宅街なので静かな環境で、交通量も多すぎず安全です。車の出入りもスムーズにできそうですね。

なお、【ポレスター黒川】の敷地内駐車場は10台分ですが、マンション敷地外にも平面駐車場が設けられ、全36邸に対して100%駐車場が用意される予定とのこと!
詳しくは、販売スタッフさんまでお問い合わせくださいね。

 
いかがでしたか?
今回は、竣工直前の【ポレスター黒川】の“今”をご紹介しました。
【ポレスター黒川】では、8月24日(土)からの現地案内会開催に向け、7月19日(金)から予約受け付けが始まっています。
ぜひ皆さんも、ご自身の目で実際のマンションをチェックしてみてくださいね。

次回は、完成したマンションの様子を現地で内観まで取材してレポートします!
お楽しみに♪

※掲載の情報・写真は2019年6・7月取材時のものです。
※1:Aタイプ洋室(1)のバルコニーは2階:コンクリート手すりと侵入防止格子、3階:コンクリート手すりとなります。
Cタイプ2・3階はコンクリート手すりとなります。11~13階は透明ガラス手すりとなります。詳しくはプラン集と外観完成予想図をご確認ください。
※2:2008年1月以降販売された「黒川」駅徒歩圏の分譲マンションにおいて、「全邸角住戸」「内廊下」を双方備える物件はありません。(2018年3月23日時点。株式会社アイ・アンド・キュー アドバタイジング調べ)

五十嵐 一恵

住宅ライター
五十嵐 一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

過去の記事

PAGE TOP