そのうち スペシャルレポート

住宅ライターのスペシャルレポート 建物完成レポート プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス 建物完成レポート プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス

取材する人 住宅ライター 野村 綾乃

プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス > 竣工レポートVol.2 天井が高く広々!収納もたっぷり!棟内モデルルームで優雅な住空間を体感 

竣工レポートVol.2 天井が高く広々!収納もたっぷり!棟内モデルルームで優雅な住空間を体感 

【プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス】の建物竣工レポート。
閑静な邸宅街にふさわしい佇まいのご紹介に続いては、
実際の住空間を体感できる、棟内モデルルームをお見せしましょう。

 

 
▲現地で公開中のモデルルームは、『Agタイプ(101号室)/3LDK・80.96㎡』の1階角住戸です。

天井高2.5m。柱や梁の少ないお部屋はさらに広々と感じます!

モデルルームで念入りにチェックしたい空間・・・といったら何処を思い浮かべますか?
真っ先に足が向かうのが「リビング!」という方も多いのではないでしょうか。

家の中で一番長く過ごす場所ですし、家族が集まって団欒を楽しむ空間ですから
広さや明るさ、どんな雰囲気か?などしっかりチェックしたいものですよね。

冒頭の写真からも伝わってくるように、
【プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス】のリビングは
天井が高く広々としていて開放感があるのが大きな魅力!

「天井高2.5m」という、そもそもの高さもそうなのですが、
柱や梁が少ない住設計で“出っ張り”が少なくスッキリとしているので
数字上の広さよりも更に開放的に感じます。

また、「天井からカーテンが下りている」のがわかりますか?
背高サッシと大きな開口部を活かした演出も広さを印象づけるのでしょうね。
南東向きの日当たりの良さも相まって、居心地の良い開放感を高めています。


▲柱や梁の少ない住空間は、家具のレイアウトがしやすいこともメリットです。
帖数や天井高などは間取図でも分かりますが、梁の様子や光の入り具合、何よりも「自分がどう感じるか?」は実際にその場を体感しないと分からないもの。人によって感じ方も違うものですし、ぜひ広さや雰囲気をご自身の五感でお確かめくださいね!

 

そのリビングをもっともっと広く使いたい・・・のならば
となりの洋室を続き間にすれば、南東面いっぱいに広がるワイドリビングに!
空間を仕切る引き戸が、床にレールのない吊り戸スタイルなので、
戸を開け放てばフラットに繋がってリビングとの一体感を出しやすいのです。

もちろん、モデルルームのように独立した一部屋としても使えます。
住まう方の暮らし方や必要に応じて使い方を変えられるのも良いと思いませんか?


▲モデルルームでは「趣味の部屋」として提案されています。リビングのとなりで家族の気配を感じながら、自分時間を愉しめるお部屋がある暮らしも憧れますね。

販売中住戸すべて見学OK!3階角住戸からの爽快な眺望も体感を

入居も始まっている現地では、
モデルルームに限らず販売中住戸のすべてを見学できます。
その際にぜひ体感頂きたいのが、3階南東角住戸からの眺望です!


▲ご覧ください!この清々しい眺めを!!
『307号室(Gタイプ)/4LDK・105㎡』から阪急「逆瀬川」駅方向を見ると、美しい宝塚の街並みと、緑豊かな六甲山系を望む爽快な風景が大きく広がります。低層の邸宅街エリアなので、空が広く感じられますよ!写真では伝わりきらない程の爽快感をぜひ現地で実際にご覧ください。それが可能なのも竣工物件だからこそ!

 

山手の住まいから邸宅街を眼下にすると、
こんなにも優越感をくすぐる景色が広がるのですね!
改めて、ここが『宝梅一丁目』という千載一遇の地であることを実感します。

この最上階住戸を含めモデルルーム以外は、家具等を置いていない“素顔のお部屋”。
飾っていないからこそ、細かな部分まで隅々をチェックできるのも安心感がありますよね。

シューズインクロゼットや大容量の物入など、随所に収納が充実

お部屋の開放感や山手の爽快な眺めだけでなく、収納の充実ぶりにも驚きました!

モデルルームを例に主立ったものをご紹介しますと、
玄関に入ると、壁沿いに下足入がある上にシューズインクロゼットもあります。

 
▲これだけの容量があれば、靴に限らず玄関まわりの物をたくさん収納できて常にスッキリとした玄関を保てますね!窓があって明るいことや、美しいタイルで演出したニッチがあることも魅力。美しい迎賓空間を演出できそうです。

 

その他にも・・・

 

  
▲廊下収納・洗面室のリネン庫・リビング物入・・・と、使い勝手の良い場所に容量たっぷりの収納が設けてあります。入れるモノに合せて棚の位置を変えられるので効率よく仕舞えると思いますよ。ウォークインクロゼットを設置した洋室など居室収納も充実しています。

 

「マンション=収納少なめ」とイメージされる方もいらっしゃると思いますが、
必要な場所に十分な収納スペースが用意されている印象を受けました。
家族の成長とともにモノも増えるものですし、この収納力は頼もしいですよ!

 

======================================================

繰り返しになりますが、「イメージ」ではなく「リアル」な姿を確認できるのは
人生の大きな買い物となる住まい選びにおいて安心感や納得感が大きいものです。

時間やお天気によっても住まいの印象は変わりますし、陽光の入り方や周りの音、
入居済のマンションですから、どんな方が既に暮らしていらっしゃるのか・・・
などの雰囲気も現地でつかめるのではないでしょうか。

実際の住空間を、“あなたの五感”で確かめていただければ、と思います。

 

さて、次回は水まわりを中心とした
快適なマンションライフをサポートする『充実の設備・仕様』に注目します。
どうぞお楽しみに!

※掲載写真はすべて2018年9月撮影
  • Vol.1 ついに完成!気品漂う邸宅街『宝梅一丁目』にふさわしい、ステータスを感じる佇まい
  • Vol.2 天井が高く広々!収納もたっぷり!棟内モデルルームで優雅な住空間を体感
  • Vol.3 天然御影石ワークトップなど洗練された設備・仕様が充実
PAGE TOP