• 分譲マンション
  • 愛知県尾張旭市
  • 三交不動産

住宅ライターの「プレイズ旭前」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > プレイズ旭前 > 「Iタイプ」モデルルームで、可動間仕切りや収納など、暮らしの快適性をチェック!
2020年01月11日

「Iタイプ」モデルルームで、可動間仕切りや収納など、暮らしの快適性をチェック!

前回は、マンションギャラリーの様子をご紹介しましたが、今回はお待ちかねのモデルルームレポートです!

新築分譲マンションのモデルルームでは、プロのインテリアコーディネーターによるオシャレなインテリアについつい注目しがちですが、最新の設備や収納の機能性、お部屋の使い方など、しっかりとチェックしておきたいポイントが満載なんですよ。

ぜひこのレポートを読んで、モデルルーム見学の際の参考にしてくださいね。

可動間仕切りでフレキシブルに間取り変更ができる「Iタイプ」

モデルルームとして展示されているのは4LDKの「Iタイプ」。
ファミリーでもゆったりと暮らせそうな93.14㎡・東南角住戸のお部屋です。


▲「Iタイプ」基本プラン:4LDK+WIC+SIC+TR 専有面積93.14㎡(約28.17坪)※トランクルーム面積0.45㎡含む
テラスバルコニー面積:14.38㎡/サービスバルコニー面積:5.85㎡/アルコーブ面積:4.97㎡

なお、モデルルームは間取り変更とオプション仕様が追加され、「3LDK+2WIC+SIC+TR」という間取りになっています。

こちらが、モデルルームのリビング・ダイニング。


▲南面にワイドな開口部のあるリビングは開放感がたっぷり♪日当たりもよく、お部屋全体に明るい太陽の光を取り入れることができそうです。


▲キッチンからもリビング・ダイニング全体を見渡せるので、来客時やお子さんを遊ばせながらのキッチンワークもスマートにこなせそう。

コミュニケーションを妨げない開放的なリビングは、ホームパーティや家族の団欒にピッタリですが、
家族の成長やシーンに応じて「ちょっと個室が欲しいな…」という時に便利なのが”可動間仕切り”。
リビングスペースを仕切って、簡単にもう一部屋、個室を作ることができるんです。

 
▲“可動間仕切り”は壁面にすっきりと収納されているので圧迫感もありません。天井から吊り下げ式になっている間仕切り壁は力のない女性でも簡単に動かすことができ、床にレールなどもないのでお掃除も楽ちんですよ。

簡単にお部屋を仕切ることができれば、ゲストが宿泊する時や、家で仕事や調べ物をするときなど、空間をフレキシブルに便利に使えそう!


▲モデルルームでは、リビング・ダイニング横のお部屋は「ファミリーライブラリー」としてコーディネートされています。こんな素敵なスペースでお子さんの勉強を見守ったり、夫婦でゆっくりと旅行の計画を立てたりするのも良いですよね♪

バルコニーの広さや、収納の機能性にも注目!

続いて注目するのが「テラスバルコニー」。
マンションのバルコニーというと“洗濯物を干す場所”という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、【プレイズ旭前】のテラスバルコニーは、奥行きがなんと約2.2mも設けられているんです!


▲木目調の床は室内との一体感を生み、空間を広く見せる効果も。
スロップシンクも付いているので、ガーデニングを楽しむのも良いですね♪

さらに、【プレイズ旭前】のモデルルームで是非チェックしていただきたいのが収納スペース。
シューズインクローゼットやウォークインクローゼットといった大型収納はもちろん、細部にもより快適に・すっきりと暮らすためのこだわりが満載なんですよ。

 
▲玄関のシューズインクローゼットは靴だけでなく、スポーツ用品や非常持ち出し袋も置いておくことができる大容量空間。棚の高さは自由に変えることができるので、ブーツなどの高さのあるものもスッキリと収納することができます。

掃除道具や来客用スリッパなど、必要なときにサッと取り出すことができる廊下収納も充実!

 
▲棚やかご・フックなどが設けられていて、使い勝手もとっても良さそう。
細々としたものも、ひとまとめにしてスマートにしまっておくことができそうですね。

ランドリーグッズや小物でごちゃごちゃしがちな洗面室にも、適材適所のアイデアが満載!

 
▲洗濯機置き場の上の棚には洗剤を収納できるほか、一時的に洗濯物をかけられる、引き出し式のハンガーラックも設置。

  
▲さらに、洗面台の鏡裏収納にはティッシュやドライヤーの専用スペースが!
引き出しには仕切りもあり、メイク道具などの細かいものも綺麗に収納して、洗面台周りをスッキリと使うことができそうです。

お部屋の外には「トランクルーム」もあり、かさばるキャンプ用品やスキーグッズなどをしまっておくのも良さそう。
たくさんの収納を使い分けることで、スッキリと片付いたスマートな生活を送ることができそうですね。

モデルルームでは見て・触れて、暮らしやすさを3Dで体感!

いかがでしたか?
今回ご紹介したポイント以外にも、モデルルームで注目していただきたい点はたくさんあります。

 
▲写真左:キッチンには食器洗い乾燥機が標準装備されているほか、鍋や食器をたくさんしまうことができる収納にも注目!
写真右上:凹凸の少ないガラストップコンロはお手入れもしやすそうです。
写真右下:細かな点ですが、キッチン天板には少しだけ立ち上がりが設けられており、シンクでの水仕事中に水が流れてしまわないよう配慮されているんですよ。


▲バスルームの床は段差がなく、小さなお子さんやご年配の方も、つまづいたりする心配が少なく安全です。

モデルルーム見学の際は、お部屋の雰囲気だけでなく、細かな部分まで見て・触って、暮らしやすさをご自身で確かめてみてくださいね!

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

PAGE TOP