• 分譲マンション
  • 愛知県尾張旭市
  • 三交不動産

住宅ライターの「プレイズ旭前」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > プレイズ旭前 > 「プレイズ旭前」の邸宅感あふれる共用施設や便利なサービスで快適なマンションライフを実現!
2020年06月10日

「プレイズ旭前」の邸宅感あふれる共用施設や便利なサービスで快適なマンションライフを実現!

新築分譲マンションにはそのスケールメリットを生かして、様々な共用設備やサービスが採用されています。

ホテルライクな共用部や充実したソフトサービスなどは、何気ない日常をグッと底上げしてくれるはず。
以前のレポートでご紹介した「購入者さまの声」でも、こういった設備やサービスを評価のポイントとして挙げた方も多かったんですよ。

今回は「プレイズ旭前」の共用部の設備やサービスに注目して詳しくレポートしたいと思います。

ゆとりある敷地を活かしたグランドエントランスは、まるでホテルのよう♪

デザインだけでなく、暮らす人の快適性にも配慮してプランニングされた共用部は、一戸建てにはないマンションならではのポイントの1つ。

その中でもエントランスは、居住者やゲストを迎え入れる”マンションの顔”とも言える場所です。


▲「プレイズ旭前」のグランドエントランスは、ダイナミックなキャノピー(庇)が印象的なデザイン。
バランス良く植えられた植栽や間接照明によって、まるでリゾートホテルのような雰囲気が醸し出されていますね。
※上画像…グランドエントランス完成予想CG

「グランドエントランス」のスケール感は、マンションギャラリーで展示されている模型からも感じることが出来ます。

 
▲城山街道からもスマートに入ることができそうな、ゆったりとした車寄せ。大きく張り出したキャノピーは屋根の役割も果たしてくれるので、雨の日も濡れることなく、車の乗降や荷物の出し入れをすることができますよ。

 
また、住まう人の安全性に配慮して設計されたランドスケープも嬉しいポイント。


▲人・車・自転車の出入口を分けた”歩車分離動線”が採用されています。
【プレイズ旭前】には全102邸に対して112台分の駐車スペースが確保されていますが、車の出入り口が複数用意されているので、朝の忙しい時間などにも混み合うことが少なそうなのも良いですね。

そのほかにも、エントランスには集会室としても使えるラウンジが配されています。


▲ラウンジは、シックで上質感のある装い。親類や友人の突然の来訪時も、ちょっとくつろぐことができるこういったスペースがあると、慌てずスマートに招き入れることができそうですね。 ※上画像…ラウンジ完成予想CG

多様なライフスタイルに配慮した、様々なソフトサービスや設備

忙しい共働き家庭、小さなお子さんのいる子育てファミリー、ペットと一緒に暮らす方…と様々なライフスタイルの方が一緒に暮らすマンション。

「プレイズ旭前」にも、住まう方が快適に暮らすことができるように、様々なソフトサービスや設備が随所に採用されています。

中でも注目したいのは、「玄関前ゴミ回収サービス」と「24時間ゴミステーション」!


▲「玄関前ゴミ回収サービス」は、指定日時にお部屋の玄関前にゴミ袋を出しておけば、スタッフさんが回収してくれるというサービス。大きなゴミ袋をわざわざ自分でゴミ置場まで運ぶ必要がなく、とっても便利そうです!
※ゴミの種類には制限があります

さらに「プレイズ旭前」には「24時間ゴミステーション」も設置されるため、曜日や時間に関係なくゴミ出しをすることが可能に。

もし、うっかり指定日時にゴミ出しを忘れてしまっても、次の回収日までゴミを家の中に保管しておく…なんていう必要もなくなりますよ。 ※「ゴミステーション」については運用上のルール制限があります。
 
また、エントランス周辺には入居者の方々が共同で利用することができる「宅配ボックス」や「マルチ水栓スペース」といった設備も配されています。

 
▲写真左:近年利用者が増えている通販でのお買い物に便利な「宅配ボックス」。留守がちなご家庭でも再配達の心配がなく、時間を問わずに荷物の受け取りができます。
写真右:ペットと暮らすご家庭や、子育てファミリーに嬉しいのが、エントランス脇に設けられた「マルチ水栓スペース」。お散歩後のペットの足を洗ったり、公園で遊んだあとのお子さんのおもちゃを洗ったり…と便利に利用ができますよ。外からお部屋の中に砂などを持ち込んでしまうことが少なくなるので、綺麗なお部屋を保つことにも繋がりそうですね。

電気料金やネット利用料など”暮らしのランニングコスト”を抑えるサービスも。

「ホテルライクなグランドエントランス」や「24時間ゴミステーション」、「宅配ボックス」「マルチ水栓スペース」…といった”目に見える設備”以外にも、電気料金やネット利用などの “暮らしのランニングコスト”を節約できるサービスも整っています。


▲たとえば電気料金の面では、Next Powerの「マンション高圧一括受電サービス」が導入されています。このサービスによって電力会社等から高圧電力を一括購入し、マンション内で家庭用に変圧して各住戸に分配することで、電力会社(中部電力)より8%程度安く電力を利用することができるんですよ。

そのほか、現代の生活には欠かせないネット環境も月額748円で利用が可能。
パソコンのほか、スマートフォンやゲーム機などでも利用できるWiFi端末対応のホームゲート装置が全住戸に標準提供されていて、最大1Gbpsの超高速インターネットをすべての居室で利用することができる…というのも、嬉しいポイントではないでしょうか。

 
邸宅感あふれる上質なデザインだけでなく、住まう人の暮らしを考えて細かな部分まで配慮が行き届いた多彩な共用施設やサービス体制があらかじめ整っている「プレイズ旭前」。

住まい選びの際は、是非こういった点にも注目してみてくださいね。

※掲載の内容は2020年6月取材時のものです。
※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものでは無く、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。
菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

この物件の他の記事 PAGE TOP