• 分譲マンション
  • 静岡県静岡市葵区
  • 積水ハウス不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア音羽町」取材レポート

椋本 理恵

住宅ライター
椋本 理恵

そのうちTOP > マストスクエア音羽町 > 『音羽町』はどこにある?『音羽町』の“ポジション”をレポート
2019年10月03日

『音羽町』はどこにある?『音羽町』の“ポジション”をレポート

皆さん、はじめまして。住宅ライターの椋本理恵です。
本日から新築分譲マンション【マストスクエア音羽町】の様々な情報をお届けするブログレポートがスタートします。

実際に現地を歩きながら、マンションの周辺環境や生活情報など細かな部分まで、
住宅ライターの独自の目線でポイントをわかりやすくご紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

 

ところで、皆さんは【マストスクエア音羽町】が誕生する『静岡市葵区音羽町』がどんな街かご存知ですか?
第1回目となる今回は、『音羽町』の街についてご紹介したいと思います。
すでに建設が進んでいる【マストスクエア音羽町】現地の様子もレポートしますよ!

「静岡」駅から徒歩圏内! にぎわいと程よい距離を保った『音羽町』。

まず、『音羽町』の“ポジション”についてですが…
このサイトをご覧の方の中には「『音羽町』という町名は、初めて聞いた」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、こちらの地図を見てみましょう。


▲実はこの『音羽町』は、JR「静岡」駅から直線距離で1km圏内に位置する町。
【マストスクエア音羽町】から「静岡」駅までも、徒歩14分(約1,100m)で行けてしまう距離なのです!

「静岡」駅と言えば、JR東海道本線や東海道新幹線も停車し、静岡市および静岡県を代表する駅の1つとも言えます。
 
▲駅直結の商業施設『パルシェ』のほか、駅前には『松坂屋 静岡店』や『静岡マルイ』『静岡PARCO』などの百貨店やファッションビルも集積し、まさに“静岡市の中心”といった雰囲気。地下道や商店街もあります。

【マストスクエア音羽町】の最寄り駅は、静岡鉄道 静岡清水線の「音羽町」駅。

 
▲「音羽町」駅は、飲食店や各ショップのほか、シネマもある『新静岡セノバ』とも直結している「新静岡」駅から2つ目の駅です。

【マストスクエア音羽町】から「音羽町」駅までは徒歩3分(約240m)。
「音羽町」駅から「新静岡」駅までの電車の乗車時間はたった3分ほどですから、あっという間に“静岡市の中心部”まで行くことができるなんて嬉しいですよね。

もちろんこの距離なら、電車を使わなくても、徒歩や自転車で『静岡駅エリア』まで行くことも可能。
「静岡」駅周辺のショッピング施設もご近所感覚で気軽に利用できそうです。

※ちなみに、【マストスクエア音羽町】から「静岡」駅までの自転車実測レポートは、後日公開予定です。お楽しみに!

【マストスクエア音羽町】の周辺は緑も多い、静かな住宅地。

『音羽町』のポジションがわかってきたところで、今度は現地周辺にスポットをあててみましょう。

 
▲建設中の【マストスクエア音羽町】の周辺の様子はこちら。
さきほどの「静岡」駅周辺の百貨店やビルが建ち並ぶ街の様子とは変わり、戸建て住宅が中心の落ち着いた街並みが広がります。


▲【マストスクエア音羽町】から徒歩3分(約170m)の場所には、たくさんの緑に囲まれた『清水山公園』も。
公園内には滝や水車小屋などもあり、春には桜、秋には紅葉といった四季を感じることもできます。
お子さま向けの遊具もたくさんあり、人気のスポットのようですよ。


▲ちなみに、『清水山公園』に隣接する『駿府音羽山清水寺』は、室町時代に今川氏輝公の遺命により、義元公の指示のもと建立されたと伝えられる、歴史あるお寺。
谷津山を背負った地勢が京都の清水寺に似ていることからその名が命名されたと言われています。
なんと、この『音羽山清水寺』の山号が『音羽町』という町名の由来になった(※1)とも言われているんですよ。
(※こちらで毎年7月に開催される「駿府清水寺観音大祭」については、次回レポート予定です。お楽しみに!)

「静岡」駅から直線距離でほんの1kmほどの場所でありながら、たくさんの緑も感じられ、この穏やかさにホッと一息つくことができる『音羽町』の街。

「静岡」駅などの賑わいのあるエリアは、オフィスや商業ビルに囲まれ、華やかで楽しみも多い一方、
実際に住むなら、もう少し静かに、自然を感じて暮らしたい…という方には、
街の中心部の利便性や機能性を享受しながらも“街なかの賑わいからちょうど良い距離を保った”この『音羽町』の街の雰囲気がしっくりくるのでは…と思いました。

【マストスクエア音羽町】は、ただいま建設中!!

さきほどの写真にも写っていましたが、【マストスクエア音羽町】の建設工事はすでに始まっていて、2019年9月現在の様子はこちら!


▲【マストスクエア音羽町】は、地上6階建てのマンション。すでに5階まで立ち上がっていました!

【マストスクエア音羽町】は、竣工後、つまりマンションが完成した後に販売が開始されます。
そのため、実物を見学した上で購入を検討することができるんです。

一般的に、完成した物件を見学できることのメリットとしては、
●お部屋からの眺望やお隣の建物との距離感など、周辺の様子を自分の目で確認できる。
●お部屋の広さや使い勝手のほか、陽当たりや風通し、音の様子なども体感できる。
●マンションならではとも言える、共用施設やセキュリティなどの設備を実際に確認できる。
などが挙げられます。

完成前のマンションの場合、見学できるのはマンションギャラリーとモデルルームのみ、といった場合がほとんど。
実際のマンションを見学して、入居後のイメージを膨らませたままスムーズに生活をスタートできるのは、大きなメリットだと思います。

ちなみに、【マストスクエア音羽町】は年末頃に完成し、2020年1月頃からは実際のマンションが見学できるようになる予定とのこと。今から完成が待ち遠しいですね!

今後もこちらのサイトでは、現地の情報を随時発信していきますので、楽しみにしていてくださいね!

※1:飯塚伝太郎著、長倉智恵雄補筆『しずおか町名の由来』より
※掲載の写真・内容は2019年9月取材時のものです。
椋本 理恵

住宅ライター
椋本 理恵

インテリアコーディネーターとして、戸建て住宅やマンションのインテリア全般のコーディネートを経験。
趣味は、収納テクニックや流行りの雑貨など、住まいに関する情報収集。
2児の母・三世代同居中のため、身近な声を参考に、幅広い世代の方の目線に立ってレポートします!

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP