• 分譲マンション
  • 静岡県静岡市葵区
  • 積水ハウス不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア音羽町」取材レポート

椋本 理恵

住宅ライター
椋本 理恵

そのうちTOP > マストスクエア音羽町 > 実際のお部屋を体感!建物内モデルルームを見学してきました
2020年03月06日

実際のお部屋を体感!建物内モデルルームを見学してきました

【マストスクエア音羽町】では現在、完全予約制のモデルルーム案内会を開催中。

竣工したばかりの現地で、2邸のモデルルームが公開されています。
どちらも4階のお部屋で、違う間取りプランの“実際の住まい”を体感できますよ。

私も実際に見学してきたので、今回のレポートでは、モデルルームの様子をお見せしますね!

★先回のレポートもぜひご覧ください⇒完成済マンションの見学ポイント

※上写真はHタイプ・408号室モデルルーム

ゆとりたっぷり!南面ワイドなLDKなど、伸びやかに住まえる角住戸・Hタイプ

まずは、南面角住戸のモデルルーム、Hタイプの408号室から。
間取りはコチラです↓


▲Hタイプ/4LDK+納戸+シューズクローク 専有面積/104.29㎡
日当たり良好な南面いっぱいに、家族団欒の時間を楽しむことができるLDKが広がるお部屋です。
各洋室にも窓がある多面採光で明るさも風通しの良さも◎!バルコニーも3ヶ所に設けられ、ゆとりある一戸建て感覚のプランになっています。

 
▲約19.6帖の南面LDKは大きな窓から日差しが入って明るく爽快!天井も高くて実際の空間はさらに広く感じられます。しかも、洋室(4)は独立した洋室としてはもちろん、リビングの続き間にしてもOK。吊り式の引き戸で床にレールがなく、フローリングがフラットに繋がっているので、戸を開け放てば約24帖以上の団欒空間としても活用できますよ。(※写真右下)

 
▲LDKの南面バルコニーは、壁側からではなく中央から両開きにするセンターオープンサッシュなので、出入りもしやすいですし、視界が遮られず内外の繋がりを感じました。シート敷きのバルコニーは雰囲気も良いですし、奥行きもありましたよ。標準装備のスロップシンクも、ガーデニングやお掃除などに重宝しそうですね。


▲主寝室(洋室(1))も2面採光で明るく、気持ちよく目覚めることができそう♪東側のバルコニーに出ると、清水山の緑も近くに見えましたよ!クローゼットも2面あり、収納力もたっぷりです。

 
▲収納量と言えば、その多さを物語るのが玄関。壁面の下足入とカウンター収納に加えて、その間のドアを開けると…そこは“靴のお部屋”のような大容量のシューズクロークが!これだけのスペースがあれば、家族全員分の靴はもちろん、クロークや納戸として、旅行用の大きなスーツケースやゴルフバッグなども収納しておくことができそうですね。

※ここまでの写真は408号室

家事動線がスムーズで収納も充実!数字以上の広さを感じるEタイプ

続いては、同じく4階の中住戸・Eタイプの405号室です。


▲Eタイプ/3LDK+ウォークインクロゼット 専有面積/74.91㎡
適材適所に収納が設けてあり、間取図からもその充実ぶりが分かります。キッチンと洗面室が横並びにプランニングされていて、家事もテキパキと行えそうな機能的なプランです。

 
▲Eタイプのように縦長のLDKは、ソファなどの家具を壁につけてレイアウトしやすいのが特徴。
標準装備の『食器洗浄乾燥機』など、設備充実の使いやすいキッチンは、サイドに洗面室がレイアウトされているので家事動線もスムーズです。中のものが見渡せる物入がリビングに設けてあるのも助かりますね。
このように、住む人の暮らしやすさを想った「広さや動線や収納」を実現しているのも、実績あるハウスメーカーの“家づくり力”が活かされたマンションだからこそではないでしょうか。

 
▲こちらはリビング横の洋室(3)。モデルルームでは「子供部屋」として提案されています。
南面の窓に注目してみると、上は引き違い窓、下は開けることができないFIX窓になっているのです。明るさや風通しの良さを損なうことなく、安全&スマートに使えるのが良いな~と感心しちゃいました!
コンパクトなお部屋ながら家具配置の工夫もあって素敵な空間にコーディネートされていて、新生活の参考にもなりますね♪

 
▲良いな~と思ったのは玄関も!横入りのスタイルで玄関先から住戸内が見えないので、急な来客時も助かっちゃう(笑)。外のポーチも広くてゆったりとしていますし、共用廊下に面したお部屋の窓は開閉式のルーバーを採用して住む人のプライバシーに配慮されていますよ。

※ここまでの写真は405号室

実際の建物&住戸を体感できる、それは住まい選びの大きなメリット!

他にも、セキュリティのことや設備面などたくさんご紹介したいのですが…今回はここまで!
続きはぜひ現地で、ご自身の目で確かめてみてくださいね。

完成済マンションの【マストスクエア音羽町】は、モデルルームだけでなく全住戸の体感が可能。

羨望集める最上階の角住戸プランや、1階の専用庭付きプランなどなど・・・全14タイプ・20バリエーションで見ごたえたっぷり!同じ専有面積でも、横長のワイドLDKもあれば縦長レイアウトの住まいもあるので、ライフスタイルや好みに合わせて選びやすいことも魅力的です。

インテリアの参考にもなるモデルルームを“美しくお化粧したお部屋”とするならば、家具の入っていない他の住戸は“素顔のお部屋”とでも言いましょうか?そのままの姿をくまなくチェックできますので、ぜひ気になるプラン&階数の住まいを体感くださいね!

 

改めて・・・になりますが、
やはり「実物を体感できる」のは、大事な住まい選びにおいて喜ばしいこと。

暮らす人によって住まいの理想は様々ですし、その方の感性や体格によっても住空間の感じ方は異なるものです。
私は、【マストスクエア音羽町】を「暮らしやすさをとても大切にしたマンション」と感じましたが、みなさんはどう思われるでしょうか?

先回のレポートでも書いたように、五感+第六感で“未来の住まい”をチェックできるので、『自分にとってこの住まいはどうか?』を見極めることができます。
リアルな建物&住戸を体感して、安心感のある・納得の住まい選びをしてくださいね。

椋本 理恵

住宅ライター
椋本 理恵

インテリアコーディネーターとして、戸建て住宅やマンションのインテリア全般のコーディネートを経験。
趣味は、収納テクニックや流行りの雑貨など、住まいに関する情報収集。
2児の母・三世代同居中のため、身近な声を参考に、幅広い世代の方の目線に立ってレポートします!

PAGE TOP