• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • 積和不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア沼津」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > マストスクエア沼津 > ついに竣工!外観も、共用部も、お部屋の中も実物でチェック!全戸内覧可能で気になる眺望も体感できます♪
2018年08月06日

ついに竣工!外観も、共用部も、お部屋の中も実物でチェック!全戸内覧可能で気になる眺望も体感できます♪

【マストスクエア沼津】がついに竣工!
7月30日(月)からは全てのお部屋が内覧可能になるということで、一足お先に建物内の様子を見学させて頂きました!
実際の建物を見学可能だからこそ体感できる眺望などを、今回はちょっとだけ皆さんにもご紹介しますね。

街中でありながら、自然や四季も感じられる環境を実感

以前のレポートでもご紹介したように、【マストスクエア沼津】は「沼津」駅から徒歩8分、周辺にはスーパーなどの商業施設や保育園、小学校、公園といった生活に必要な施設が揃っているとても便利な環境。

そうすると、マンションからの眺望は街中ならではの、背の高い建物が建ち並ぶゴチャゴチャした景色になってしまうのかな?と思われがちですが…7階の701号室のバルコニーからの眺望がコチラ!


▲住宅街の中に、グリーンの茂みを発見!このグリーンの正体は「高沢公園」。
公園の特徴でもあるSLの姿もチラリと見ることができますよ。

「高沢公園」には7,000㎡の敷地に約40本の桜の木が植えられています。
今の季節は、青空に映える青々とした木々の姿ですが、春になれば鮮やかなピンク色に変わり、満開に咲いた桜の姿がこのバルコニーからも望めるはず♪
街中でありながら、お家の中から緑や四季が感じられるのは嬉しいポイントですよね。

目の前にも高い建物がなく、南向きなので暖かい陽の光がしっかりとお部屋の中にも差し込み、明るく清々しい気持ちで過ごすことができそうです。

お家にいながら、沼津の自然を満喫!

「富士山」「駿河湾」「千本松原」…など、沼津は豊かな自然にも恵まれていますよね。

先ほどの702号室から1階上がった801号室のバルコニーからは「東海道随一の景勝地」として観光地としても有名な「千本松原」や「駿河湾」も遠くに見ることができました!


▲写真では少し分かりづらいですが、実際に見ると、バルコニーから「千本松原」の松の様子を肉眼でも見ることができますよ。

また、Aタイプのお部屋の寝室や、北側の共用廊下からは「富士山」も臨むことができるんです!


▲Aタイプの寝室の北側のバルコニーからの眺望。

夏の昼間は曇っていることが多く、取材日も残念ながら富士山の山頂を臨むことはできませんでしたが、夏の朝方や冬の晴れた日などはキレイな富士山を臨むことができるそうです。
朝起きて、お出かけ前に富士山がキレイに見えていたら、なんだかとってもいい気分で1日を過ごすことができそうですよね♪

1階住戸の専用庭とテラスの広さも実物で体感できます!

前回のレポートでもご紹介した、1階ならではの特徴の「専用庭&テラス」。
以前は工事中で見ることができませんでしたが、こちらも実物でしっかりと見学することができるようになりました!

 
▲写真左:リビングからフラットに続くテラスと専用庭は合わせて約4.2mの奥行きがあります。
写真のようにガーデンテーブルやチェアを置いて、洗濯物を干して、子ども用のビニールプールを出しても余裕の広さがありそうです。
写真右:庭の外には、約1.8mの壁とフェンス、さらに植栽が植えられているので、外からはお庭の中の様子が覗きにくくなっています。お庭で遊んでいるときも、通行人などの視線を気にすることなく過ごすことができそうだと感じましたよ。

 
それから、完成した物件だからこそ見学できるのが共用部。
まだ家具が設置される前でしたが、ラウンジも見せて頂きました。
 
▲落ち着いた雰囲気のラウンジ。窓の外に見えるのは、沼津の海をイメージしたガラスのオブジェです。
これから、右の完成イメージのように素敵な家具が配置され、入居者の皆さんの憩いの場になっていくんでしょうね♪

竣工した【マストスクエア沼津】の今の様子をお届けしましたが、いかがでしたか?
「一見は百聞に如かず」とも言いますが、実際のマンションを見ると雰囲気・眺望・明るさ・広さ…など様々なことを肌で感じることができます!

冒頭にもお知らせしましたが、7月30日(月)からはいよいよ全てのお部屋が実物で見学できるようになっています。
ぜひ皆さんも現地へお出かけして、自分にピッタリのお部屋を見つけてみてくださいね。

さて、昨年6月からお送りしてきました、この「マストスクエア沼津」の取材レポートも今回で最終回となります。
このレポートが、皆さんの住まい選びの一助になっていましたら嬉しいです♪
これまで読んで頂き、有難うございました!

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP