• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • 積和不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア沼津」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > マストスクエア沼津 > 分譲マンションに暮らすメリットを「3つのポイント」で考えてみました。
2017年11月29日

分譲マンションに暮らすメリットを「3つのポイント」で考えてみました。

住宅購入を考える際、まず考えるのが、「マンションが良いのか?」それとも「一戸建てが良いのか?」という選択ではないでしょうか?
現在、賃貸住宅にお住まいの方は、「このまま毎月家賃を払い続けるのはもったいない…」と思いながらも、いざ住宅購入となるとなかなか決心がつかない、ということもあると思います。

この答え、結論を言うとずばり!どっちもありなのです。

分譲マンション、一戸建て、賃貸住宅…それぞれに良いところはありますし、ご自身のライフスタイルや将来設計も踏まえて、それぞれのメリットのどこに価値を見出すかを大切に、住まい選びを楽しんで頂ければと思います。

今回は、これまでに私自身が分譲マンションを取材してきた経験から、
「分譲マンションに暮らすことのメリット」について考えてみたいと思います。

どんな時でも安心できる、セキュリティと防災対策

まず、一戸建てなどと比較してマンションが優れている点として挙げられるのが「セキュリティ面」。
物騒な事件も多い今日この頃ですから、一人暮らしの方や小さなお子さんがいるご家庭でなくても、防犯や防災には細心の注意を払いたいものですよね。

特に新築分譲マンションでは、先進のセキュリティ対策が導入されていることが多く、
例えば、「マストスクエア沼津」でも「セコムと連携した24時間セキュリティシステム」や「ダブルチェックのオートロックシステム」などが導入されています。


▲敷地外周はフェンスなどで囲い、防犯カメラも随所に設置。各住戸の窓には防犯マグネットセンサーも付けられています。セコムによる24時間監視体制で、侵入者や火災などの異常発生の際はすぐに適切な対応を行ってくれますから外出の際も安心ですね。


▲風除室(エントランス)と住戸玄関前の2箇所で来訪者を確認できるオートロックシステム。
この複数段階のセキュリティができるのは、マンションだからこそではないでしょうか。
住戸内インターホンには録画機能も付いていて、留守中の来訪者も確認することができますよ。

その他にも、大切なマイカーを守るために、駐車場の出入口にはリモコン式のシャッターゲートを設置。
防災備品を保管する倉庫が共用部に設けられていたり、普段は憩いの場のベンチとして使用して、いざという時は炊き出しができる「かまどベンチ」など、万が一の災害に備えてもバッチリ対策されています。

もちろん、ホームセキュリティや防災対策は一戸建て住宅でも導入することができますが、
かなりの初期投資やランニングコストがかかったり、定期的な防災備品のチェックなど
何かとお金も手間もかかってしまいそう…。
その点、最初からすべてが備わっている分譲マンションの方がメリットが大きいと思うのです。

「快適な暮らし」だけじゃない、「資産」としてのマンション

次に住宅を「資産」としての観点から見てみたいと思います。

将来的に、転勤やライフスタイルの変化に伴う住み替えなどの事情で、購入した住宅をもしも「売りたい、貸したい」と思った時。やはり、できるだけ高値で売れたり、賃貸に出せたほうが嬉しいですよね。
そんな時に考えたいのが「資産価値」です。

一般的に、一戸建ては築20年を超えると、建物の価値はゼロになってしまう可能性が高いと言われています。

これは、税法上の耐用年数が木造住宅の一戸建てが22年、鉄筋コンクリートのマンションは47年と定められていることが理由の一つとして挙げられます。
築20年といえば、まだまだキレイに快適に住まえる年数ですが、資産価値の視点で建物を評価した時にゼロになってしまうかもしれないなんて、ちょっと寂しいですよね…。

「資産価値」は建物だけで決まるわけではありません。
もう一つ注目して見て欲しいのが「立地環境」です。

家を買ったり・借りたりするとき、「便利なところに住みたい!」と考える人が多いのは当然のことですよね。
そのため、駅や生活施設が住宅の周辺にちゃんと揃っているか?という立地条件を、購入時にきちんとチェックしてほしいのです。

 
▲「マストスクエア沼津」の徒歩10分圏内には、駅・学校・スーパー・病院などがちゃんと揃っています。
(写真左:沼津駅(物件から徒歩8分(約600m)、写真右:イトーヨーカドー(イシバシプラザ)(物件から徒歩2分(約100m))

「建物の価値」と「立地環境」。
「資産価値の維持」 といった観点から考えた時も、分譲マンションを購入することのメリットは大きいと言えそうです。

将来を見据えた暮らしに安心をくれる「管理面」

分譲マンションを購入すると、お部屋の購入代金を支払って終わり!ではなく、「管理費」とか「修繕積立金」のようなお金が毎月かかってきます。

一戸建てなら、そのようなお金はかからないのに…とついつい思ってしまいますが、
例えば20年・30年と歳を重ねていったとき、今のように力仕事をするのは大変になってきますよね。

そんなときも、この「管理費」によって、エントランスなどの共用部のお掃除や植裁をキレイに保つためのメンテンスなども管理人さんを含めた専門の業者さんが日常的に行ってくれます。
また、外壁の修繕などの大規模修繕も「修繕積立金」によって、主に10~15年に一度しっかりとメンテナンスが行われます。

一戸建てに暮らす場合、玄関やお庭のお手入れは自分でやらなければなりませんし、
築年数が経って屋根を修繕したり外壁を塗り直したくても「突然そんなにまとまったお金はない!」なんてことも考えられます。

歳をとってからも永く、キレイに、快適に暮らすことを考えると、
管理面でも分譲マンションっていいな~と思うところがあるのです。

いかがでしたか?
今回は、3つのポイントに絞って分譲マンションのメリットを見てきましたが、
「マンションは”管理”を買う」という言葉があるように、セキュリティや掃除、修繕など行き届いた管理が備わっているのが最大の魅力だと感じました。

もちろん、住まい選びの際に何を重視するかは人それぞれですから、
今回の記事も参考に、ご自身の考えに合う住まいを是非見つけてくださいね。
 


▲着々と「マストスクエア沼津」の建築工事は進んでいます!
現在は5階の立上り躯体工事中、1~3階は内装工事まで進んでいるとのことですよ!(※2017年11月末現在)

さて次回は、永く安心して住まうことができる「マストスクエア沼津」の魅力を、
さらに細かいところまでしっかりと掘り下げたいと思います。お楽しみに。

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描きおこしたもので実際とは多少異なります。なお、外観の細部・設備機器・配管類・周辺建物等は一部省略又は簡略化しております。
※敷地概念図は、計画段階の図面を基に描きおこしたもので、実際とは異なります。
※掲載のイメージ写真・概念図は実際とは異なります。
五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP