• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • 積和不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア沼津」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > マストスクエア沼津 > 全12タイプの間取りから、子育て世代にオススメの
3LDK「Dタイプ」の特徴を紹介します!
2017年09月29日

全12タイプの間取りから、子育て世代にオススメの
3LDK「Dタイプ」の特徴を紹介します!

基本プランだけでも、2LDK~4LDKの全12タイプの間取りが用意されている【マストスクエア沼津】。
間取りプランが豊富だと、それぞれのライフスタイルに合わせて自分にピッタリの住戸を選ぶことができるという利点があります。

12の間取りプランはそれぞれが特徴をもっているのですが、今回はその中から子育て中のファミリーにオススメしたい、収納スペースもたっぷりの3LDK「Dタイプ」をご紹介したいと思います。

2つのウォークインクロゼットや廊下の物入れなど、充実の収納スペース


以前のレポートでもご紹介したマンションギャラリーの模型で、「Dタイプ」の位置を確認してみました。
南向きで陽当たりも良く、明るく・暖かな暮らしが期待できそうです。1階は、専用庭とテラス付きの「Dgプラン」になっていますよ。

それでは、「Dタイプ」(基本プラン)の間取り図をチェックしてみましょう。

▲住居専有面積は80.11㎡。約17.8帖のリビング・ダイニング・キッチンと3つの洋室からなる3LDKに
2つのウォークインクロゼットがついたプランです。

この「Dタイプ」の特徴の1つとして挙げられるのが、収納の充実度。
上の間取り図でピンクに色を付けた部分が収納スペースなのですが、注目したいのは、洋室(1)と洋室(2)の2ヶ所にウォークインクロゼットが設けられている点。それだけでなく、廊下にも可動棚が付いた物入があります。

これだけの収納スペースがあれば、日常的に使う掃除道具から、ついつい買いだめしがちなティッシュや缶詰、たまにしか使わない旅行用の大きなキャリーバッグまで、きちんとしまっておくことができるのでお部屋をキレイに見せることができそうです。
またわざわざ別にタンスや収納棚を買って置く、なんていう必要もなくなり、その分お部屋を広く使えることにも繋がりそうですね。

 

ところで皆さんは、お部屋の広さを検討する際、何を基準に判断されているでしょうか?
「住居専有面積」を見て、「今の住戸と比べてこれくらいかな?」など、なんとなく判断している方も多いのではないでしょうか?

ここで覚えておいて損がないのが、 国土交通省が発表している「住生活基本計画」。
これによると、マンションに暮らす場合の『誘導居住面積水準』(豊かな住生活の実現を前提として、多様なライフスタイルを想定した場合に必要と考えられる住宅の面積に関する水準)は、シングルの場合で「40㎡」、2人以上の世帯で「20㎡×世帯人数+15㎡」で算出できるとされています。

3人家族の場合は、「20㎡×3人+15㎡=75㎡」ですから、
80.11㎡のDタイプでは、シングルはもちろんファミリーでも充分快適に暮らすことができる広さがある、と言うことができますね。

間取りの使い方はあなた次第!
お子さんの成長に合わせて使い方を変えるのも◎


▲先ほどの間取り図に、「ご夫婦+お子さん1人」の3人家族を想定して家具を配置してみました。
こういうお部屋の使い方や、家具の配置を考えるのもお部屋選びの楽しみの1つですよね♪

1番大きな約7.0帖の洋室(1)には、ダブルベッドを置いても、デスクやテレビ、ドレッサーなどを置くことができる充分なスペースがあります。ということで、ここは夫婦の寝室に。

洋室(3)は引き戸を全て開けることで、リビング・ダイニングと一体感のある空間にすることができます。
お子さんがまだ小さいうちは、この場所を「遊び場スペース」にしておくと、キッチンからも目が届くので安心感がありますね。
小学生ぐらいになったら、上の図のようにデスクを置いて、最近話題のリビング学習のスペースにするのもオススメです。
もしお子さんがオモチャなどで散らかしていても、来客時などは引き戸を閉めることでサッとリビング・ダイニングと洋室(3)を区切られたスペースにすることができるのも嬉しいポイントですよね。

洋室(2)は、自分のお部屋が欲しい年齢になったお子さんの部屋にするのはいかがでしょうか。
ウォークインクロゼットがあるので、ファッションに興味が出てきた年頃のお子さんも喜んでくれそうですし、
自分だけの大きな収納スペースがあることで、無意識のうちに片付けの意識も育まれるかもしれません。

 

このように、必要に応じてリビング・ダイニングと一体にしたり、個室にしたりすることができる間取りと、
豊富な収納をもつ「Dタイプ」は、お子さんの成長に合わせてライフスタイルが変わることが想定されるファミリーにもピッタリのプランだと思います。

自分の理想の生活を思い描いて、間取りを選ぼう

さて今回は、ファミリーでの生活を想定して「Dタイプ」の間取りをご紹介しました。
【マストスクエア沼津】には、冒頭でもご紹介したように、全12タイプのプランが用意されています。
シングルの方にオススメの2LDKから、もっと広く、家族が増えても安心な4LDKまで充実していますので
自分の思い描く生活にピッタリのプランをセレクトしたいですね。 

また、それぞれのプランには基本プランの他に「間取りセレクト」で選ぶことができるメニュープランも用意されています。
たとえば、今回ご紹介した「Dタイプ」でも、メニュープランとして洋室3を和室にしたものや、2つのウォークインクロゼットに加えてさらに大きなファミリークロゼットがあるプランなども用意されているんですよ。

さらに、各タイプの1階住戸は奥行き約2.0mのテラスと奥行き約2.2mの専用庭が付いたプランになっています。(※K・Lタイプを除く)
約1.8mの壁とフェンスでプライバシー性にも配慮されセキュリティ面も安心ですし、また天井高が約2.7m確保されていることも嬉しいところ。(※1階住戸のリビング・ダイニングのみ)
暖かな光を感じながら、戸建て感覚でガーデニングなどを楽しむ暮らしを実現することができそうです。
※詳しくはコチラ→CLICK!

各タイプの戸数には限りがありますし、メニュープランには申込期限もありますので
早めに資料請求やマンションギャラリーを訪れて、ご自分の理想を叶えてくれそうなお部屋を見つけてくださいね。

次回は、【マストスクエア沼津】の設計担当者さんにインタビューを行い、その模様をお届けする予定です。
物件に対する思い入れや設計の際にこだわったポイントなどをしっかりと伺ってきます!お楽しみに。

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

PAGE TOP