• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • 積和不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア沼津」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > マストスクエア沼津 > 現場所長インタビュー 東レ建設が「マストスクエア沼津」にかける想い
2017年07月07日

現場所長インタビュー 東レ建設が「マストスクエア沼津」にかける想い

2018年6月中旬の完成を目指し、現在建設真っただ中の積和不動産中部株式会社が贈る「マストスクエア沼津」。この設計・施工を請け負っているのが東レ建設株式会社です。
この建設現場で指揮を執る田中所長に、今回は工事の進捗や「マストスクエア沼津」の魅力、物件にかける意気込みをお聞きしました。

Q1. 現在の工事の進捗状況を教えてください。

「現在は地下の躯体工事をしています。躯体とは構造部分のことで、建物の「骨」になる部分ですから、とても重要な工程です。
工事は今年の3月から始まっていますが、マンションの完成からするとまだまだ始まったばかりで、全体を10だとすると、まだ1段階ぐらいです。
工事は順調に進んでいて、7月末からは地上部分を1階から順番に立ち上げていく予定ですよ。」(田中所長談)

 
▲現在はまだ、工事の仮囲いの外から見ると中の工事の様子を伺い知ることはできませんが…(写真左)
今回は特別に中へ入らせて頂いて、地下躯体工事中の建設現場を見学させて頂きました。マンションの地下部分が掘られ、躯体工事が着実に進んでいます!(写真右)

Q2.現場所長として、工事を進める上で配慮されていることは何ですか?

「一緒にマンションを施工していく職方さんやスタッフへの配慮は私の仕事の中で大きなウエイトを占めますね。現場には多くのスタッフが出入りし、ピーク時には100人を超えるスタッフが同時に仕事をすることもあります。どれだけ優秀な現場監督が100人集まっても良い建物はできません。それぞれの職種のプロが仕事しやすいように、スケジュール管理をすることは心がけていますね。

そして何よりも、「安全作業」を徹底しています。安全への配慮で100点満点を取ることはなかなか難しいですが、現場をきれいに保つとか、通路をきちんと確保するとか、そういった当たり前のことをきちんとすることが重要と考えています。


▲安全作業を徹底するために現場に掲出されたボード。ここからも、安全への意識の高さが伺えますね。

また、近隣への配慮も大切にしています。例えば、工事の上で大きな音が出てしまう作業はどうしてもあるのですが、なるべく回数を少なくするとか、音の出る工事をする時間帯などにも気を使っています。これから地元で長く愛され、地域の仲間になるマンションになって欲しいとの想いで管理をしています。

「マストスクエア沼津」は全99邸の大規模マンションです。部屋タイプも12と多く、色んな間取りがあってお客様に選んで頂けるのは面白いと思いますし、施工する立場から見てもやりがいの大きい物件だと感じています。」(田中所長談)。

期待度の高い「マストスクエア沼津」にかける想い

田中所長は東レ建設株式会社に入社されて14年目。これまでマンション建設をメインに、関西やここ沼津、三島エリアで数多くのマンションを手掛けられました。

「「マストスクエア沼津」は、大きさ・グレードともに、近隣ではトップクラスの物件になります。ですから自然に気合も入りますよね(笑)。「沼津」からすぐ隣の駅の「三島」には東レの工場があり、弊社にとっても沼津は重要なエリアです。社内的にも期待度の高いプロジェクトなんですよ。お客様に自信を持って引渡しができる物件にしなければならないと思っています。

積和不動産中部さんのご担当者の方とも週1回のペースで会議を行い、工事進捗の報告やオーダーなどを確認しているのですが、このプロジェクトにかける想いは、積和不動産中部さんの方からもひしひしと伝わってきます。それに対してしっかりと応えたい。そして、この物件を購入される方が心地よく住むことができるように、入居される方々の目線を意識して日々工事を行っています。」(田中所長談)


▲ボーリングデータを見せながら丁寧に説明をしてくれる田中所長。
「自分たちの行ったことに対してきちんと説明することができる工事」を大切にしているとお話されていました。
ちなみに、「マストスクエア沼津」では、17m以上の深さにある支持層に杭を定着させているそうですよ。(予想以上に地盤が固くて杭打ちは大変だったのだとか…。)

「竣工まであと約1年。長丁場ではありますが、一つひとつのことを丁寧に仕上げ、多くの方に自信を持っておすすめできる物件を造ります! まもなく建設現地のすぐ隣にモデルルームもオープンしますのでぜひ足を運んでいただきたいですね。」(田中所長談)

まだ始まったばかりの「マストスクエア沼津」。今後もこちらのレポートでは、徐々に物件が出来上がっていく様子を現地からお届けできればと思っています!
田中所長、インタビューへのご協力、有難うございました!



さて、次回はまもなくオープン予定の「マンションギャラリー」の様子をレポートする予定です。
マンションを検討するときには必ず訪れ、営業スタッフからマンションに対する説明を受けたり、資金計算、ローンの相談などなど…様々なことを行うことになるマンションギャラリー。
一体どんなところなのか?どんなものを見ることができるのか?しっかりチェックしてきたいと思います!

※掲載の内容、および写真は2017年6月現在のものです
五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

過去の記事

PAGE TOP