• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市千種区
  • 積和不動産中部

住宅ライターの「マストスクエア池下」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > マストスクエア池下 > 間取りやカラーなどを自分好みにセレクト!今なら選べる住戸あり
2017年06月12日

間取りやカラーなどを自分好みにセレクト!今なら選べる住戸あり

池下駅から西へ約320m、広小路通り沿いに建設中の
積和不動産中部の新築分譲マンション【マストスクエア池下】。

建設中の今なら、
間取り変更ができたり、建具などのカラーを選ぶことができたりと、
早期だからこそのメリットがたくさんあるんですよ。

今回は積和不動産中部株式会社を訪れ、
模型やカラーサンプルを見せていただきました。

またAタイプとDタイプに採用された
『クチーナ』のシステムキッチンもご紹介します。

自分らしく快適な暮らしが実現!各タイプ、メニュープラン変更可能


▲地上17階、全64戸の【マストスクエア池下】。マリオンが印象的な洗練された佇まいですね。

 

【マストスクエア池下】は、
1フロアにA、B、C、Dの4つのタイプのお部屋が1邸ずつ配置されています。

基本プランは
・Aタイプ(住居専有面積85.03㎡)が3LDK
・Bタイプ(住居専有面積55.86㎡)が1LDK
・Cタイプ(住居専有面積70.43㎡)が2LDK
・Dタイプ(住居専有面積101.07㎡)が3LDK

この基本プランに加え、
Aタイプが3つ、Bタイプが1つ、Cタイプは4つ(一部有償メニュープラン含む)、
Dタイプには4つのメニュープランが用意され、
“無償で”間取りなどを変更することが可能です。
※Cタイプには一部有償メニューあり

ではDタイプの基本プランとメニュープランのひとつを見比べてみましょう。


▲〈左〉可動間仕切りでLDKと繋げることが可能なな洋室を有する、3LDKの「基本プラン」、〈右〉DENスペースとLDKで約25.0帖の広さを実現する「menu4」。
黄色いところが変更部分。間取りだけでなく収納なども異なります。


▲変更部分を入れ替えられる間取り模型も用意されているので、よりイメージしやすいですね。

 

Dタイプには、和室を盛り込んだ3LDKや、
独立した3つの洋室を持つ3LDK、
2つのウォークインクローゼットとDENスペースを持つ2LDK+DENのメニュープランもあります。

自分のライフスタイルに合わせてセレクトできるのが嬉しいですね。

カラーセレクトは4種類!建具や床の色合いでグッと雰囲気が変わります

マンション購入の際には、インテリアにもこだわりたいという人も多いですよね。
【マストスクエア池下】では、建具やフローリング、キッチンカウンターなどの色を
4種類のセットの中から選ぶことが可能です。


▲左からカームグレー、コンフォートナチュラル、フレーバーブラウン、ビターシックの4種類のカラーから無償でセレクト可能。
ナチュラルテイストが好き、モダンな雰囲気にしたい、シックで大人っぽくしたいなど、自分の好みのインテリアに合わせて色を選ぶことができるのは大きなメリットです。

 

今なら他にも、無償でキッチンの高さセレクトもできます。
炊事は毎日のことだからこそ、キッチンの高さを選べるのは、
特にミセスにとっては嬉しいことですね。

そして有償ではありますが、
ダウンライトやランドリーハンガー、コンセント追加など、オプションも多数。

間取り、カラー、オプション。
今なら、納得のいく自分だけのオンリーワン邸宅が実現できますね。

※メニュープラン及びカラーセレクト、キッチンの高さセレクト、
各種オプションには申し込み期限があります。
詳しくはスタッフに確認してください!

AタイプとDタイプには、憧れの『クチーナ』のシステムキッチンを採用!

上質で洗練された主婦の憧れのキッチンメーカー『クチーナ』。

今回【マストスクエア池下】のAタイプとDタイプには、
このクチーナのシステムキッチンが採用されています。
名古屋のマンションでは、今までほとんど導入されていないというクチーナ。

今回は名古屋大須のショールームを訪ね、
同シリーズのキッチンなどを見せていただきました。
 
▲右/同じシリーズのキッチンですが、マストスクエア池下では型状及び仕様が変わります。

 

一目見て「美しい!」と感じたキッチン。皆さんも写真からお気づきですか?
実は、木目の柄が繋がっているのです。

これも自社工場で、熟練の職人さんが手間暇かけているからこそなせる業。
その他、細部にわたるまでこだわりが詰まっています。


▲左/わかりますか?赤く囲んだ部分、扉などの角の部分のごくわずかな隙間を「小口(こぐち)」といいます。今回のキッチンは小口が目立たないように加工されています。長く使うものだからこそ、こういった細かい部分への配慮が心地よさにつながりますね。

中/キャビネットの中など、通常は白やグレーが多いですが、今回は木目を採用。普段は見えない部分ですが、このこだわりに高級感を感じます。

右/スタイリッシュな水栓は、ドイツのハンスグローエと日本の浄水器メーカー・メイスイがコラボしたもの。ヘッドの部分も伸びて使い勝手もGOOD!実はこの水栓、全タイプのお部屋に採用されているんですって!

キッチン天板には「シーザーストーン」というグレードの高いものを採用。
見た目や質感も高級感があり、もちろん使用感も抜群なんだとか。

細部にまでこだわったクチーナのキッチン。
今回の【マストスクエア池下】で採用された仕様は、その中でもグレードの高いもの。
永く住まうからこそ細かなところにも徹底的にこだわる。
見た目はもちろん、使い勝手もよい、本当に憧れのキッチンでした!

※写真はクチーナのショールームにて撮影しています。実際のものとは異なることがありますので、予めご了承ください。

我が家で過ごす時間を、より快適で自分らしくするためにも、
間取りや収納、カラーなどは納得のいくものを選びたいですよね。

今なら選べる住戸もありますが、現在着々と建設が進んでいます。
メニュープランやカラーのセレクト、オプションなどは
低層階より締め切られていきますので、ご検討中の皆さまはぜひお早めに!

写真は2017年5月、6月に撮影したものです。
なおマストスクエア池下とクチーナショールームの内容は一部異なります。ご了承ください。
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

PAGE TOP