• 分譲マンション
  • 兵庫県尼崎市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 塚口」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 塚口 > 遂に建物完成!共用部の見どころを写真でご紹介します!
2019年02月23日

遂に建物完成!共用部の見どころを写真でご紹介します!

先日久々に【ザ・パークハウス 塚口】の現地を訪れてみると、敷地内の植栽も植樹が完了し、工事柵が撤去されて“完成した建物”を実際に確認することができました!当レポートの取材をはじめて1年。当初はまだ基礎工事中で何も建物の姿カタチは無い状態だったため、こうした完成後の立派な姿を確認すると筆者としても感無量です(笑)

そこで今回のレポートでは、晴れて完成を迎えた【ザ・パークハウス 塚口】の共用部について写真でご紹介します!
※以下すべてザ・パークハウス 塚口現地の様子・・・・・・2019年2月中旬撮影。

恵那石をダイナミックに配置したエントランスは圧巻の迫力!

 
▲まずは外観のご紹介から。1枚目は道路側に面した『東棟』、2枚目は南向きの『南棟』ですが、何より筆者が感激したのは、阪急『塚口』駅のロータリーからまっすぐ道路を歩いてくると最初に目に映る次の外観アングル・・・


▲これです!!!北東角から撮影した外観アングル!これまで周辺には緑のボリュームが少なかったのですが、エントランス周辺にたっぷりの植栽ゾーンが設けられているため、周辺の雰囲気がガラッと変わりました。こうして視界の中に緑が映ると街並みの風景に潤いが感じられますよね!

 
▲『東棟』と道路の間には、緑に包まれた『シーズンズアベニュー』が設けられており、歩道部分はカラー舗装によって車道との境界線がしっかり分離されています(小さなお子さんとお散歩するときもこれなら安心!)。これから春を迎えて『シーズンズアベニュー』の木々たちが一斉に芽吹きはじめる様子も楽しみです。

 
▲エントランスで来訪者を出迎えてくれるのは、シンボルツリーの『クスノキ』と、巨大な恵那石に刻まれた館銘盤。筆者も長年マンション取材を続けていますが、総戸数122戸という規模感のマンションでここまで贅沢に天然巨石を配置したエントランスは見たことがありません。まさに【ザ・パークハウス 塚口】の“顔”に相応しい圧巻の迫力でした!

エントランスホールには、管理組合からのお知らせや天気予報、
FiNC監修のエクササイズ情報等が表示されます!

 
▲恵那石のゲートを通り抜け、オートロックを解除して館内へと進むと・・・


▲おおおおお!かっこいい!壁面にアイアンワークのアートが施された『エントランスホール』が広がります。

 
▲このエントランスホールにはソファが設置される予定で、ガラスウォール越しに植栽を眺める優雅なラウンジ空間に。また、壁面に設置された『デジタルサイネージ』には、管理組合からのお知らせや、天気予報のほか、以前当レポート内でもご紹介した『FiNC』監修のエクササイズやウォーキングコースなど、様々な情報が表示されます。

敷地内には子育てファミリーにうれしい『サイクルポート』も!

 
▲一方こちらは、ダストスペースや駐車場スペースなどが設けられた敷地北側の表情。

 
▲フラットな地形の『塚口』では自転車が“生活の脚”として大活躍!そのため、月額300円で利用できる駐輪場と、月額800円で利用できる大型の『サイクルポート』が敷地内に用意されています。このサイクルポートには、家族分の自転車や三輪車・補助輪付き自転車などもゆったり置くことができますから、子育てファミリーには嬉しい設備ですね!
※サイクルポートは先着順で申し込み受付中です。


▲通常であれば、建物の外に配置されることが多いペットの足洗い場は、駐車場からの入口に面した建物内部に。これなら冬の寒い日でも、暖かい館内でお散歩グッズなどの片付けができます。


▲そして、こちらは敷地内北西角に別棟として設置されている『集会室』。


▲室内も外のテラス部分も、開放感のあるゆったりとしたスペースになっているので、ここで管理組合の会合を開いたり、お隣の『つかぐち病院』と連携した健康イベントなどを開催したりと、多目的に使うことができそうです。


▲ちなみに、【ザ・パークハウス 塚口】の完成に先駆けて、2019年2月上旬に『医療法人 社団兼誠会 つかぐち病院』がオープン!処方箋薬局も隣接しているため、この“大型総合病院がすぐお隣にある住環境”は、子育てファミリーからシルバーのご夫婦まで、幅広い世代にとって心強さにつながりそうですね!

============================

いかがでしたか?今回は、遂に完成した【ザ・パークハウス 塚口】の様子を写真でご紹介しました。エントランス周辺の迫力あるデザインや緑のボリューム感は“想像以上の完成度”。ぜひ皆さんも現地を訪れて“完成した建物”をじっくり体感してみてくださいね!

さて、次回レポートでは現在建物内で公開中の3タイプのモデルルームをご紹介します。どうぞお楽しみに。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP