• 分譲マンション
  • 兵庫県尼崎市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 塚口」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 塚口 > 注目の住戸プラン、東棟・南東角住戸《Bタイプ》の暮らしやすさをチェック!
2019年01月31日

注目の住戸プラン、東棟・南東角住戸《Bタイプ》の暮らしやすさをチェック!

建物完成がいよいよ2月上旬に近づいた【ザ・パークハウス 塚口】。2棟構成・全122戸の大規模マンションであることから、全35タイプの豊富な間取りバリエーションが用意されている点は、購入検討者の方にとって“住まい選びの楽しさ”が感じられるポイントです(間取り選びは、住まい選びの醍醐味でもありますよね・笑)。

ただ、バリエーションが豊富であればあるほど、「どれにしようかな~?」と迷ってしまうのも事実ですから、今日は筆者オススメの住戸プラン《Bタイプ》をクローズアップして、暮らしやすさのポイントをチェックしてみましょう!
※建設間近のザ・パークハウス 塚口の東棟外観・・・・・・2018年12月撮影。

眼下に『シーズンズアベニュー』の豊かな緑を眺める東棟・東南角住戸

 
▲まずはランドプランイメージイラストと照らし合わせながら《Bタイプ》の住戸位置を確認してみましょう。【ザ・パークハウス 塚口】は東棟と南棟のL字型2棟構成になっていますが、中でも《Bタイプ》は東棟の南東角住戸。ちょうど敷地東側は『塚口』駅へと続く交通量の少ない静かな道路となっているため、道路対面の開放感と明るさを実感できそうです。また、眼下を眺めると植栽に彩られた遊歩道『シーズンズアベニュー』の豊かな緑が広がり、視覚的な潤いを感じます。
※ランドプランイメージイラスト(クリックすると拡大画像で確認できます)と東棟外観・・・・・・2019年1月撮影。
イラスト内にプロットされた各合番の内容については物件ホームページでご確認ください。



▲こちらが《Bタイプ》の間取り。専有面積68.53㎡の3LDKプランですが、バルコニー側がアウトフレームになっているため、コーナーの柱の出っ張りがなく、面積の数字よりも“より広く感じるリビング・ダイニング”を実感できそうです。では、間取図内の合番に沿ってチェックポイントを解説しましょう。

①人気の縦長リビングプラン+LD一体感のある和室付き

《Bタイプ》間取図で最も目を惹くのは、ワイドな『横長リビング』設計。リビングのカタチというのは大きく分けると、縦に長い『縦長リビング』と横に長い『横長リビング』の2つのタイプがあるのですが、このプランのような『横長リビング』の場合は、家族団欒のスペースとなるLD空間に明るい陽光がたっぷりと届けられるので、“居心地の良いリビング空間”として人気の高いプランとなっています。

また、近年は“子どもたちが畳に触れる機会が少なくなった”と言われますが、《Bタイプ》ではリビングサイドに約4.5畳の和室を用意。襖を開放することによって“リビングとの一体感を演出できる空間広々効果”があるほか、小さなお子さんをゴロンと寝かしつけるときにも便利です。

キッチンに立ってランチの片づけをしながら、和室でお昼寝しているお子さんの様子を随時確認することもできますし、何より“足の裏で畳の感触を楽しめる生活”は、お子さんたちの情操を育む上でも、新しい刺激につながるかもしれませんね!


▲モデルルーム《Pタイプ》では、和室ではなく書斎コーナーとしてコーディネートされた洋室がリビングサイドに設置されています。引き戸(襖)を閉じたり開いたりすることで、空間のアレンジが可能です。
※掲載の写真は、モデルルーム(Pタイプ・メニュープラン)を撮影(2018年4月)したもので、造作家具・仕上材・照明・装飾用小物等オプション(有償)も含まれます。家具・調度品等は販売価格に含まれません。

②キッチン・浴室窓は“角住戸”ならではの嬉しい特権!

「キッチンやお風呂などの水まわりは、なるべく空気の入れ替えをしたい」と希望されている方も多いと思いますが、《Bタイプ》では『キッチン』と『浴室』に通風・採光効果を高める“窓”が設置されています。

キッチンで揚げ物や焼き物をした後は、部屋の中に油のニオイがこもりがちですが、キッチン窓があれば換気扇にプラスして“空気の強制入れ替え”もスピーディに完了!また浴室窓は、湿気の多い季節でも通気性を高めてくれるため、カビの発生を軽減できる効果も期待できます。

こうした水まわりの窓付きプランというのは、マンションの場合“角住戸ならではの特権”とされていますから、この点も《Bタイプ》の暮らしやすさ=住まいの価値につながりそうです。

③やっぱり廊下物入れは必需品!いつもスッキリ片付いた住空間をキープ

収納スペースの使いやすさは、そのまま暮らしやすさに直結すると言われますが、《Bタイプ》の場合はミセス支持率の高い便利な『廊下物入れ』が2つ設置されています。

『廊下物入れ』は、タテ型掃除機やモップ、クリーナー類などの掃除道具をしまっておくのにも便利。特にこの《Bタイプ》では、全居室の中央部分に『廊下物入れ』があるため、リビングからも洋室からも洗面からも距離が近く、“サッと取り出し、サッとお掃除して、サッと片付ける”という快適家事動線が叶えられます。

たまった新聞紙などの保管にも便利ですから、「とりあえず、散らかりそうなアイテムは『廊下物入れ』へしまう」というルールを家族の中で決めれば、いつもスッキリ片付いた住空間をキープすることができそうですね!

この《Bタイプ》の支払いシミレーションは月々8万円台から(※)

なお、ご紹介した《Bタイプ》の分譲価格は3498万円(税込/2019年1月現在)から。気になる月々の住宅ローンシミュレーションを行ってみると・・・

==============================
Bタイプ/309号室/分譲価格3498万円の場合
==============================
■頭金・・・・・・108万円
■月々支払額・・・・・・8万8374円
■ボーナス時加算額・・・・・・0円
※金利0.525%(三菱UFJ銀行提携ローン優遇金利)、変動金利、元利金等、返済期間35年の場合
==============================


となりますから、「これなら今の家賃とそれほど支払額を変えずに念願のマンションを購入できそう!」とホッとされた方も多いのではないでしょうか(笑)?ちなみに、住宅ローンの返済方法については、頭金をもっと増やす・ボーナス加算を増やして月々の支払いを減らす・固定金利を選ぶなど、様々なシミュレーションがありますから、間取りプランの検討と一緒に、住宅ローンの返済プランについても販売担当者の方に相談してみてくださいね!

※住宅ローンの利用には審査が必要となり、一定要件に該当する方の場合の試算です。また、掲載の提携ローンの金利・借入条件は2019年1月29日適用のものであり、今後変更が生じる場合があります。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP