• 分譲マンション
  • 兵庫県尼崎市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 塚口」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 塚口 > ザ・パークハウス 塚口、遂に「外観お披露目」となりました!
2018年12月17日

ザ・パークハウス 塚口、遂に「外観お披露目」となりました!

先日、約1ヶ月ぶりに現地を訪れてみると、これまで工事の養生幕に覆われていた【ザ・パークハウス 塚口】の外観が遂に「お披露目」となっていました!こうして足場が外れ外観がお披露目される瞬間というのは、マンションづくりに携わったスタッフの方にとっても大きな節目となり、最も達成感を実感する瞬間・・・約1年前、まだ更地の状態から取材を続けてきた筆者としても、実に感慨深いものがあります。

そこで今回は遂に「お披露目」となった【ザ・パークハウス 塚口】の外観の様子を写真でご紹介します!
※以下すべて、ザ・パークハウス 塚口現地の様子・・・・・・2018年12月中旬。

2019年2月上旬完成予定、3月下旬からいよいよ入居スタート!


▲最寄り駅の阪急『塚口』駅からまっすぐ南へ向かって歩くと、真っ先に目に飛び込んでくるのがこの北東面の表情。

『エントランスガーデン』の真上に位置する北面は重厚感漂うグレー系のタイル貼り。東面は透明感のあるガラス手摺りが外観デザインに彩を添えています。よく見ると、ガラス部分に空や雲の様子が映りこんでとってもキレイ!

 
▲一方こちらは北西面の様子。現地西側にある『医療法人社団 兼誠会 つかぐち病院』は【ザ・パークハウス 塚口】より一足早く完成し、2019年2月に開業予定となっています。こちらも外観は近代的でスタイリッシュなデザイン。150床規模の大型病院が“徒歩数十歩”の近さにあると思うとなんとも心強く、小さなお子さんがいらっしゃるファミリーから高齢者の方まで、幅広い世代が安心して暮らせそうですね。

 
▲そして、敷地の北西角には『集会室』が(2枚目の写真)。“開かれた集会室”をテーマに、今後はつかぐち病院と連携して健康セミナー等のイベントがこのスペースで開催される予定になっています。※詳しくは担当者インタビュー/物件開発秘話をご覧ください。


▲南面へまわってみると、眩しいほどの太陽の光を受けて輝いていた【ザ・パークハウス 塚口】。敷地はキレイに真南を向いているので、撮影当日は日当たり良好!一日中ポカポカとした温もりを感じることができそうです。


▲ちなみに、まだ現時点では外構工事に取りかかっていないため敷地まわりは何も無い状態になっていますが、これから2019年2月上旬の完成に向けて、このパースのような“植栽整備”が進められていくことになります。

緑の木漏れ日を感じる『シーズンズアベニュー』をはじめ、敷地外周には四季折々の木々や草花が植えられる予定になっていますから、この12月中旬時点の「外観お披露目」の状態からさらにどんな雰囲気に仕上がっていくのか?これから完成までの約2ヶ月は、道行く人たちにとっても“街並みの変化”が楽しめる時期となりそうです。

============================

なお、現地すぐそばで公開されている【ザ・パークハウス 塚口】のレジデンスギャラリーは、12月25日(火)で年内営業終了予定となっています(年明けは1月5日より営業)。「今年のうちに住まい探しをはじめたかったのに、やり残してしまった・・・」という方も、まだまだ間に合います(笑)ぜひお披露目となった外観の見学を兼ねて、レジデンスギャラリーを訪れてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP