• 分譲マンション
  • 兵庫県伊丹市
  • 名鉄不動産・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「メイツブラン伊丹」取材レポート

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

そのうちTOP > メイツブラン伊丹 > 伊丹市で桜といえばココ!「瑞ケ池公園」
2017年04月21日

伊丹市で桜といえばココ!「瑞ケ池公園」

自然豊かな環境は住みやすさのポイントの1つではないでしょうか?
【メイツブラン伊丹】のある伊丹市の中心部には、大きな公園があります。
その中の1つ、「瑞ケ池公園」をレポートします。

以下全て
瑞ケ池公園・・・約1530m(徒歩約20分)
緑ヶ丘公園・・・約1330m(徒歩約17分)

約600本もの桜のあるお花見スポット!

地図で見てもその大きさが分かりますよね。
公園の広さは19.3ha、池の周囲は1.6㎞のランニングコースになっています。
このランニングコースや公園の周囲に植えられているのが10種類600本の桜の木なんです。

平日だったのにもかかわらず大勢の方がお花見や写真の撮影を楽しんでいましたよ。

 
▲近隣の方だけでなく遠方からもこの桜を見に訪れる方がたくさんいます。お散歩に来ている幼稚園の子どもたち(写真左)も見かけました。

この子どもたちの遊んでいる場所に植えられているのが「日米友好の桜」です。

 
▲まだまだ大木にはなっていませんが友好の花が満開でした。

この桜、平成15年にアメリカから贈られた桜なんです。

世界的な桜の名所、アメリカ ワシントンD.Cのポトマック河畔の桜は
約100年前に日本が贈ったもので、なんと伊丹市産の台木から育った桜なのだとか。
そんな歴史から90年たったということで
アメリカの国立公園管理局から記念に贈られたんですって。

 
▲平成24年には日米友好の桜100周年を記念して植樹式が行われました。まだまだ苗木です。

公園の中には公園や、健康遊具もあります。

 
▲たくさんの家族連れがお花見を楽しみながら遊具にチャレンジしていましたよ。

 
▲ついつい上ばかり見てしまいますが、目線を下に移せば花壇も整備されています。

 
▲桜のトンネルは地域の皆さんのお散歩コースにもなっています。毎年ここでお花見を楽しんでいる皆さんもいらっしゃいました。

憩いの場だけじゃない!重要な役割とは?

「瑞ケ池公園」には大きな池があります。

▲公園のほとんどが池であることがわかります。

実はこの池、貯水池なんです。

 
▲貯水池としての役割があるので、公園内の木々には農薬や駆除剤などを撒かないんですって。

伊丹市内の水道水の大部分は千僧浄水場から送られています。
この千僧浄水場に送るための水を蓄えているのが瑞ケ池貯水池なんですよ。
他にも、以前ご紹介した『昆陽池公園』にある昆陽池貯水池の水も
千僧浄水場に送られ、伊丹市民の生活を支えていますよ。


▲池には桟橋もあり伊丹海洋クラブの皆さんが練習を行うこともあるんですって。

『瑞ケ池公園』のスグ隣にも桜の綺麗な公園があります!

『瑞ケ池公園』と隣接しているのが『緑ヶ丘公園』です。
伊丹市内で最も古い公園で梅林も有名なのですが、
やはりこの季節は桜ですよね。
植えられている本数は少ないのですが、立派なしだれ桜などを楽しめます。


▲濃いピンクのしだれ桜など種類も豊富です。

また、公園内には「下池」という池があります。

池には伊丹市の友好都市、中国 佛山市から贈られた「賞月亭」が佇んでいます。
火曜日と木曜日の午前10時か~15時まで公開しています。
それ以外の時間は閉鎖されていますから時間を合わせて出かけてみては?


▲中国へ旅行に来た気分になりました。(笑)

四季折々の草花を楽しむことができる自然豊かな公園で
心も育つ環境だと感じました。
お休みの日にはお弁当を持って公園でピクニックもおススメですよ。

撮影日…全て2017年4月

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

内装工事から電気工事まで家づくりに関わるあれこれを経験してきた、元ガテン系。
現在は住まい作り手と購入する人をつなぐ存在として、ライター業のほか、住宅関連の番組制作などでも活躍中。
数十年の住宅との関わりをもとにレポートします!

PAGE TOP