• 分譲戸建て
  • 兵庫県 神戸市 垂水区
  • パナホーム株式会社

住宅ライターの「ガーデンシティ舞多聞」取材レポート

鈴木あきこ

住宅ライター
鈴木あきこ

そのうちTOP > ガーデンシティ舞多聞 > ほぼ「注文住宅」!?パナホームの建売住宅はここが違う!②【設備仕様やこだわりのポイント】
2017年08月30日

ほぼ「注文住宅」!?パナホームの建売住宅はここが違う!②【設備仕様やこだわりのポイント】

前回のレポートでは、パナホーム「ガーデンシティ舞多聞」がどうして「注文住宅」のような「建売住宅」なのか?をご紹介いたしました。今回は「設備仕様」やこだわりのポイントにスポットをあててみたいと思います。

では、早速レポートしていきたいと思います。

モデルハウスをチェック!住宅ライターがこだわりを感じた「ここがポイント!」をご紹介 (耐震・構造編)

まずは、耐震・構造についてです。ここでは大きく3要素をご紹介したいと思います。

<耐震構造>

パナホームの家は「軽量鉄骨造」です。
日本は地震の多い国なので、鉄骨造のように一度の大きい地震に強いだけでなく、大きな地震が起こった後に繰り返し発生する余震でも倒壊しないような強固な構造は、家族の命を守る上で安心ですね!
阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震でも全壊・半壊0という実績もあります。

<外壁>

一戸建で一番メンテナンスのかかる外壁はタイル貼りになっています。その仕組みは、塗装された外壁の上にタイルが貼られている二重構造。中の外壁をタイルが守っていることになります。タイルはお茶碗などと同じ焼き物なので、紫外線で色の劣化が少なく、光触媒技術の効果によって太陽の光と雨を利用する「セルフクリーニング効果」があるため、外壁に汚れがついてもお掃除などのメンテナンスが無く、美しい外観を保てることは嬉しいですね。

 

タイル表面に「水の膜」をつくることで、タイル表面に直接汚れが付かず、雨が降るだけで汚れが落ちる仕組みです。

<換気システム>
 

パナホームの特徴として空気質に力を入れているそうです。
それが、エコナビ搭載換気システムHEPA+(プラス)です。
床下空間に外気を取り込み、ホコリや花粉をHEPAフィルターを通して除去してお部屋に綺麗な空気を送ります。この換気システムではPM2.5よりもっと小さいPM0.5まで99.97%除去(※1)することができるシステムです。
このHEPAフィルターは病院やクリーンルーム、空気清浄機などに使われていますがパナホームが住宅業界では初めて(※2)住まいに搭載しているそうです。

空気の影響を受けやすいお子様の為に考えられた換気システムとなっていますね。
※1.HEPAフィルターの性能値。換気システム全体の数値を示すものではありません。また、0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません。
※2.2014年9月当社調べ。粒径0.3~2.5μmの粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の換気システムとして、工業化住宅業界初。

モデルハウスをチェック!住宅ライターがこだわりを感じた「ここがポイント!」をご紹介 (LD・キッチン編)

 

まずご紹介したいのが、LDの間接照明、ダウンライトです。木目調の印象が落ち着いたデザインが高級感を演出しています。テレビボード後ろの壁まで木目調なのでインパクトがあります。

 

キッチンでは、カップボード奥の壁のタイル貼りデザインが印象的で雰囲気を感じさせます。その隣にはミセスコーナーがあり、家事作業がとてもはかどりそうです。

キッチンまわりでのポイントとして、壁面のニッチ収納、キッチン床暖房、リモコン操作盤の設置場所に注目したいと思います。

 

壁面のニッチ収納の背面はマグネットが取り付けられる仕様になっています。お子様のプリントが貼れたり、家族とのコミュニケーションツールとして便利です。冬場は嬉しい床暖房がキッチンスペースにも敷かれています。そのため、足元が冷えるキッチンでも冬でも暖かく、お料理ができます。また、各種リモコンが設置されているスペースは、一段低くなっていて壁から飛び出ないので、スマートにみえます。

モデルハウスをチェック!住宅ライターが気になった「ここがポイント!」をご紹介(その他編)

「太陽光発電システム」と「エネファーム」のW発電システムは、毎日必要な電気代が安くなる点は、家計にとってもとても嬉しいですね!
特に、昼間に発電している電気は、まず家庭で使用し、余った分は売電してくれるので、夫婦共働きで昼間に人がいないご家庭では、よりメリットが大きくなりますね。

 

 

洗面化粧台にもポイントがありました。まずは、忙しい朝でも二人並んで身支度ができるワイドカウンターです。ボウルと続きになっている天板で二人同時に使えることは嬉しいですね。収納は洗面化粧台のサイドに収納棚があり、たくさん小物を収納できるスペースがあります。また、ひときわ目を引いたのが鏡下にあるモザイクタイルです。デザインタイルがよいアクセントになってますね。

 

 

 

さて、2回に渡って「ほぼ「注文住宅」!? パナホームの建売住宅はここが違う!」をお伝えしてきました。
昔の建売住宅のようにシンプルな間取や安い設備仕様ではなく、注文住宅で建てたかのように「雰囲気あるデザイン性」と併せて、「広さ」「収納量」「設備仕様」こだわった住宅でしたね。
注文住宅で培ったプランや間取り、デザイン、設備仕様のノウハウが、今回の「パナホーム ガーデンシティ舞多聞」に組み込まれてできていることが少しでも伝わりましたでしょうか? 

今回ご紹介出来たのはほんの一部です。みなさんも是非、9棟もある現地モデルルームで、まだまだお伝えしきれていないパナホームならではの魅力を実感してみてくださいね。

次回は、現地から学園都市駅までの道のりの様子をレポートしたいと思います。

鈴木あきこ

住宅ライター
鈴木あきこ

マンションデベロッパーでの企画、ハウスメーカーのリフォーム営業や不動産会社での販売促進や広告での経験を活かして住宅ライターとして活動しています。

PAGE TOP