• 分譲マンション
  • 大阪府大東市
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「メイツ四条畷駅前」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > メイツ四条畷駅前 > 『四条畷』駅から現地まで、徒歩1分(足らず)の道のりを歩いてみました!
2019年04月13日

『四条畷』駅から現地まで、徒歩1分(足らず)の道のりを歩いてみました!

皆さん、はじめまして。住宅ライターの福岡由美です。本日から【メイツ四条畷駅前】の物件の特徴や住環境について解説するブログレポートがスタートします。住宅ライターならではの目線で様々なチェックポイントをご紹介していきますので、ぜひ皆さんの住まい選びの参考にしてみてくださいね!

さて、最初のレポートとなる今回は、【メイツ四条畷駅前】の最寄り駅であるJR学研都市線『四条畷』駅の様子と、駅から現地までの道のりを写真で詳しくご紹介します。
※JR学研都市線『四条畷』駅東口の風景・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2019年4月撮影。

駅近ではなく“駅前”!『四条畷』駅東口に誕生する全82邸のマンション


▲まずはこちらの現地周辺マップをご覧ください。【メイツ四条畷駅前】の現地はJR学研都市線の快速停車駅『四条畷』駅の東口。まさに物件名の通り“四条畷の駅前”に誕生します!

 
▲『四条畷』駅の構内にはコンビニやJRの窓口(出張や旅行のときの切符手配に便利ですね!)、銀行のキャッシュコーナーなどがあり「広すぎず、適度な規模感で、使いやすい機能がちゃんと揃った駅」という印象を受けました。
※JR学研都市線『四条畷』駅構内の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2019年4月撮影。

 
▲駅の出口は『東出口』と『西出口』の2つに分かれていますが、【メイツ四条畷駅前】へ向かう時は『東出口』へ。橋上駅舎ながらエレベーターが設置されているので、ベビーカーでの移動のときも上り下りのストレスは感じません。また、駅前ロータリーにはタクシーがズラリと並んでいますから、急な体調不良でマイカーを運転できないときに病院へ向かう際にも「駅前にタクシーが待機している」と思うと心強いですね!
※JR学研都市線『四条畷』駅の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2019年4月撮影。

では、実際にストップウォッチで計測してみましょう!


▲ここからは駅から現地までの“実際の徒歩分数”をスマートフォンのストップウォッチ機能で計測してみます。
※JR学研都市線『四条畷』駅前の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2019年4月撮影。


▲・・・と言いながら、実は駅前ロータリーに降り立つと、もうすぐ目の前に【メイツ四条畷駅前】の現地が見えています。この写真は駅前の全景がわかるように少し引いた距離から撮影していますが、駅前に立った時点で「我が家に到着!」という安堵感が感じられるはず。では、実際に現地へ向かって歩いてみましょう。
※JR学研都市線『四条畷』駅前の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2019年4月撮影。

  
▲駅前ロータリーに面した『セブンイレブン(24時間営業)』の前を通りすぎると・・・


▲もう現地に到着!駅からの所要時間はわずか“21秒”でした。ちなみに、筆者は住宅ライター歴20年。こうした『駅からの道のりレポート』は全国各地の物件で100物件以上実施してきましたが、“21秒”という所要時間は最短記録です!「駅前」というより、もはや「駅直結のような快適さ」を実感できるポジションにビックリ。
※現地の様子・・・・・・2019年4月撮影。

もうひとつ、筆者が驚いたのは「駅前」立地ながら「落ち着いた住環境」が広がっているところ。

  
▲現地は北側(1枚目の写真)と西側(2枚目の写真)の2方向が車通りの少ない静かな道路に面した開放的な敷地。いわゆる「駅前」というと、飲食店街や遊興施設が連なる賑やかな街を想像する方も多いと思いますが、【メイツ四条畷駅前】の駅前立地は決してそうではありません。

 
▲『四条畷』駅東口の駅前周辺に広がるのは緑豊かな『四條畷学園』のスクールゾーンと低層の住宅街。さらに、現地から少し東に向かって歩くと、目の前に『生駒山地』の雄大な山並みが広がり、潤いある自然の風景が感じられます。
※現地周辺の街並み・・・・・・現地より徒歩5分(約400m)/2019年4月撮影。

「駅前」なのに「静か」で「豊かな自然」が広がっている・・・こうした条件が揃った住まいというのは(筆者の取材経験からしても)なかなか数少なく、この立地・環境こそが【メイツ四条畷駅前】の最大の魅力だと感じました。

『京橋』13分、『大阪』19分、『北新地』21分、『新大阪』24分
快速も停車するJR学園都市線の途中始発駅『四条畷』駅のポテンシャル


▲ちなみに『四条畷』駅はJR学研都市線の主要駅のひとつに位置づけられている快速停車駅。『京橋』まで直通13分、『大阪(梅田)』までは19分でアクセスできるほか、2019年3月にJRおおさか東線『新大阪』~『放出』間が開通したことにより、『新大阪』まで24分と新幹線利用もスムーズに行えるようになりました。

 


▲また、『四条畷』駅は当駅折り返し・当駅始発の列車がある“途中始発駅”となっているため、平日の朝6時台~9時台には合計16本(上図の赤丸印が当駅始発)の京橋方面行き始発列車が運行しています。これなら「座って通勤」が可能となるため、通勤時に消耗する体力を温存することで、日々の仕事をパワフルにこなすことができるかもしれませんね(笑)※土日・祝日も昼間の時間帯は1時間4本(12時台は1時間3本)の始発列車が運行します。
※JR学研都市線『四条畷』駅の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2019年4月撮影。

いかがでしたか?駅徒歩1分(足らず)。“駅前ポジション”の恵まれた立地特性がおわかりいただけたでしょうか?

なお、現在『四条畷』駅の東口では、駅前広場の整備・バスロータリーの新設を含む駅の改良工事計画が進行中なのだとか(2022年完成目標)。駅前風景の変化や駅機能の高まりによって、『四条畷』駅前生活の“暮らしの価値”が今後さらに向上していくことが期待できそうです。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この記事を読んだ方へのオススメレポート

過去の記事

カテゴリー

PAGE TOP