• 分譲マンション
  • 大阪府大東市
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「メイツ四条畷駅前」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > メイツ四条畷駅前 > ゴールデンウィークのお出かけにぴったり!ご近所レジャースポット『深北緑地』にはバーベキュー広場もあります!
2019年04月27日

ゴールデンウィークのお出かけにぴったり!ご近所レジャースポット『深北緑地』にはバーベキュー広場もあります!

世の中はいよいよ最大10連休のゴールデンウィークに突入!皆さんは今年の大型連休をどんな風に過ごす予定ですか?特に子育てファミリーの場合は「せっかくのゴールデンウィークだもの。楽しい思い出を作ってあげなくちゃ!」とあれこれプランを練っているパパ・ママも多いのではないかと思いますが、【メイツ四条畷駅前】での新生活がスタートしたら、ゴールデンウィークは「お友達と一緒にバーベキュー」の計画を立てる機会が増えるかもしれません。

実は【メイツ四条畷駅前】から徒歩12分の場所にある『深北緑地』は“バーベキューができる公園”として人気のレジャースポット。ちょうどこの季節は新緑が眩しい芝生の上で無料でバーベキューを楽しむことができるのです!早速筆者も快晴の日曜日に『深北緑地』の様子を取材してきました。
※以下すべて深北緑地・・・・・・現地より徒歩12分(約950m)/2019年4月上旬撮影。

桜の名所としてもお馴染みの『深北緑地』まで歩いて行けるのが嬉しい!

 


▲筆者が取材を行った日曜日はちょうどお花見のピーク!『深北緑地』内には約300本のソメイヨシノが植えられているそうですが、一斉に満開を迎えた桜の下でお弁当を広げ、お花見を楽しむファミリーの姿が多く見られました。

 
▲大東市と寝屋川市にまたがる『深北緑地』は約41.0ヘクタールの面積を持つ多目的遊水地。隅々まで散策しようとすると「丸っと1日かかるのでは?」というほどの広い公園ですが、『お花見ゾーン(桜の園)』と『バーベキュー広場(芝生広場)』は隣接していて【メイツ四条畷駅前】からアクセスしやすい公園北側エリアに位置しています。
※画像をクリックすると拡大画像を確認できます。

 
▲では『お花見ゾーン』を離れ、水景を眺めつつ『バーベキュー広場』へ向かってみましょう。


▲おおおおおおお!すごい人、人、人。そして、あちこちからモクモクと煙が上がりジューシーなお肉の香りが漂ってきます(笑)。この大きな空と芝生の青さ、そして、広場の中の賑わい。これは気分が盛り上がりますね!


▲バーベキュー広場のお隣には事前予約可能な『有料バーベキューエリア』もあるのですが、今年3月にオープンしたばかりということもあってまだ存在を知らない方が多いのか、どうやらこちらは空いている様子です。

『有料バーベキューエリア』の区画利用料は、3歳以上500円、小学生以上1000円、中学生以上1500円(いずれも税抜/テーブル・コンロ・木炭等のバーベキューグッズも利用料に含む)。

お肉や野菜、取り皿、おしぼりなどのセットを配達してくれるサービス(1500円~2500円まで/4人前から利用可)もあるそうですから、バーベキュー初心者の方や、事前の準備が面倒だという方は、この有料区画を利用して“手ぶらバーベキュー”を体験してみるのも良いかもしれませんね!
深北緑地有料バーベキューエリアに関する詳しい情報はこちらから。

■深北緑地バーベキュー広場
住所/大阪府大東市深野北4-284 深北緑地内
利用時間/9:00~17:00 火気の使用は16:30まで(荒天時は営業中止の場合あり)
BBQエリアに関するお問い合わせ・有料区画の予約/06-7890-7474(10:00~18:00)
※有料区画の予約は利用日1ヶ月前の10:00から前日の正午12:00までに電話で先着順受付。


 
▲ちなみに、お花見シーズンやバーベキューシーズンになると公園内の駐車場はほぼ満車状態になるため、マイカーを使わずに「歩いてお花見」「歩いてバーベキュー」に出かけられるのは、ご近所在住ならではの嬉しい特権です。

お花見、バーベキュー以外にも、テニス、野球、
スケートボード、マウンテンバイクなど楽しみ方がいっぱい!

 
▲小さなお子さんは、バーベキューの途中で飽きてしまうことがあるかもしれませんが、そんなときはバーベキュー広場のお隣に広がる芝生広場でかけっこやボール遊びを楽しむこともできます。




▲『お花見ゾーン』のすぐそばには、大人もつい子どもと一緒に遊びたくなるカラフルな遊具施設が充実。


▲加えて公共施設には珍しくスケートボードの練習ができる『波の広場』があるのも『深北緑地』のスゴイところ!

今回ご紹介した施設の他にも、ドッグラン、テニスコート、マウンテンバイク練習場(自由広場)、野球場など多彩な施設が揃っていますから、“カラダを動かす時間”が身近な存在に。こんな風にアクティブに過ごせる環境で暮らしていれば、“家族の健康づくり”が生活習慣として自然に身につくようになるかもしれませんね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP