• 分譲マンション
  • 大阪府大東市
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「メイツ四条畷駅前」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > メイツ四条畷駅前 > 第一期即日完売!契約者の皆さんの多くが評価していたのは【立地】でした!
2019年11月13日

第一期即日完売!契約者の皆さんの多くが評価していたのは【立地】でした!

“第一期即日完売”が話題となった【メイツ四条畷駅前】。第一期の契約者の皆さんに『契約の決め手となったポイント』についてお聞きしたところ、その多くが「立地」という回答だったそうです。そこで今回のレポートでは、販売担当者である長谷工アーベストの上坂元さんに、“契約者の皆さんは立地のどんな点を特に評価されていたのか?”について、より詳しく解説していただきました。
※長谷工アーベスト関西支社の上坂元さん(マンションギャラリーにて)・・・・・・・2019年11月撮影。

①始発も運行する“快速停車駅の駅前立地”だから

上坂元(以下敬称略)「学研都市線というと郊外路線としてイメージされる方が多いかもしれませんが、ここ『四条畷』は快速停車駅ですから『京橋』まではわずか13分でアクセスできます。単なる“駅徒歩1分の駅前立地”ではなく、“快速停車駅の駅前立地”という点が、多くの契約者の皆様からご評価いただいたポイントです。

緑豊かな郊外型の環境なのに、都心にも近い。さらに『四条畷』の場合は平日の朝6時台~9時台に16本の始発電車がありますから、ラッシュ時にも“座って通勤”が可能です。やはり“どの駅を選ぶか?”次第でその後の暮らし方が大きく変わりますから、ここ『四条畷』の穴場的とも言える利便性に魅力を感じて、ご契約された方が多いようです」


▲『京橋』まで快速直通13分。『大阪』19分、『新大阪』24分と、ビッグターミナルへのアクセスも快適。この『四条畷』の利便性は“意外にまだ広く知られていない穴場的な魅力”との意見もあったそう。

②単なる駅近ではない“駅徒歩1分”の資産性に魅力を感じたから

上坂元「2つめの決め手に挙げられるのが“駅徒歩1分”という立地の強みについてです。我々販売担当者も“駅近物件”にはよく出会いますが、“駅徒歩1分の駅前物件”を担当する機会はとても少ないですね。

以前、『そのうち』の記事の中でもリセールバリューについて触れていただいたことがありますが、マンション業界では“駅に近い物件ほど資産価値を維持しやすい”という定説があり、さらに、駅徒歩3分以内の物件なら“新築分譲時から値上がりする可能性もある”というデータがあります。

特に【メイツ四条畷駅前】の場合は、このエリアで19年ぶりの新築分譲マンションであり、“四条畷駅徒歩1分”の立地は史上初の物件(MRC調べ)でもありますから、数少ない複数の条件が重なったことで、その“住まいの価値”が契約者の皆様の評価へとつながったようです」


▲大阪府内における駅徒歩1分のマンションの供給戸数は2019年6月時点でなんと0棟!“競合物件の少なさ”はマンションの資産性にも直結するため、この点を評価した契約者が多かったという解説にも納得できます。
※2019年6月時点の大阪府内の分譲マンション供給棟数(MRC調べ)

 

上坂元「また【メイツ四条畷駅前】では、長年このエリアにお住まいの方や、親御さん・お子さんが暮らしていてもともと地縁のある方など、“地元地域の買い換え・買い増し”が多いことも特徴的です。

●実家がこの物件の近くにあるので親の近くで生活するなら何かと安心。
●娘世帯が近くで暮らしているので、孫の世話をすることができる。
など“近居の魅力”を感じて選んでくださったご契約者様もとても多いですね。

さらに、“駅徒歩1分”という立地の利便性に関しても、
●駅に近い場所で暮らしていれば、通勤の時短につながるので共働きしやすい。
●自宅から一歩外に出ればすぐに何でも揃うので、子育てをするときにも心強い。
●高齢になってクルマを手放すことになっても、不便を感じることなく生活できそう。
といったご意見をいただきました。

おそらく【メイツ四条畷駅前】のような好条件が揃った“駅前物件”であれば、お子さんのために残す資産として考えても、また、将来賃貸物件として運用する際にも“物件の強さ”が生きてくると思いますから、総合的な『資産性としての魅力』も皆様からの評価につながっています」


▲ディンクス、ファミリー、シニアまで多様な世代の方から支持を集めているのは、やはり“駅徒歩1分の駅前立地”という魅力があるからこそ。「そこに住みたい」と考える人が継続的にあり続ければ、結果的に「売りやすく、貸しやすい物件」ということになりますから、それが住まい価値の維持につながっていくのでしょうね!
※JR『四条畷』駅東口・・・・・・現地より徒歩1分(約60m)/2019年4月撮影。

③商業施設に近く、いろいろなお店を目的別に選べるから

上坂元「3つめの決め手は“買い物のしやすさ”ですね。日常使いにしやすいご近所スーパーが徒歩圏内に何店舗も揃っているのは“生活施設が集約された駅前立地ならではの便利さ”だと思いますし、こだわりの商品を購入したいときは地元の『四條畷商店会』へ。さらに、ちょっと足を延ばせば大型ショッピングセンターの『イオンモール四條畷』もありますから、“目的別・用途別にいろんな買い物スポットを選べるのが楽しい”というご意見をいただきました。

我々販売担当者からも、
①普段着で出かけられるご近所スーパー
②野菜もお肉もこだわりのアイテムが揃う賑やかな商店会
③家族みんなで出かけても楽しい大型複合商業施設イオンモール
これだけ近所に揃っていれば、“まさに普段使いから休日まで”とても暮らしやすいですよね?とお話しすると、皆様納得してくださいます。

買い物の選択肢が広がるということは、商品のクオリティの吟味や家計の調整もスムーズに行えることになりますし、何より、今後の生活を長く快適に継続していく上での“暮らしの豊かさ”にもつながります。この点は、やはり年齢・世代を問わず評価を集めたポイントです」


▲イオンモール四條畷までは自転車で11分。四条畷駅前からイオンモール行きのバスも出ています。
※イオンモール四條畷・・・・・・・現地より2600m/2019年5月撮影。

 
▲ご近所スーパーのフレスコまでは徒歩3分、駅の西口にあるダイエーはセリアなどの人気ショップも充実。
※フレスコ四条畷店・・・・・・・現地より徒歩3分(約240m)/2019年5月撮影。
※ダイエー四条畷店イオンフードスタイル・・・・・・現地より徒歩8分(約620m)/2019年5月撮影。

 
▲地元ならではのこだわり食材が手に入る四條畷商店会には約100店舗の専門店がずらり。
※四條畷商店会・・・・・・現地より徒歩4分(約290m)/2019年5月撮影。

==============================

上坂元さん、解説ありがとうございました!よく「マンションは“立地が命”」と言われるのですが、“立地”に関する内容だけでこれだけの評価を集めることができる物件であれば、きっと多くの方にとって「価値ある住まい」となるはず。今回ご紹介した契約者の皆さんの意見を参考にしながら、住まい選びの一歩を踏み出してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP