• 分譲マンション
  • 大阪府大東市
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「メイツ四条畷駅前」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > メイツ四条畷駅前 > これから街が大きく変わる!JR『四条畷』駅周辺で進行中のまちづくり事業に注目!
2019年07月31日

これから街が大きく変わる!JR『四条畷』駅周辺で進行中のまちづくり事業に注目!

先日、【メイツ四条畷駅前】の現地へ取材に訪れたところ、JR『四条畷』駅前でこんな掲示を発見しました。
※メイツ四条畷駅前 建設中の現地の様子・・・・・・2019年7月撮影。

 
▲『四条畷駅周辺整備事業用地』?????
※JR『四条畷』駅東口の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約60m)/2019年7月撮影。

そうなのです!実は現在JR『四条畷』駅周辺では、2022年の完了を目指して『四条畷駅周辺整備事業』が進行中。整備完了後は駅前の機能性がさらに充実し、周辺道路が拡幅されて駅周辺のアクセス性・交通安全性が高められる予定になっているのです。そこで今回のレポートでは、現在の街の様子を写真でご紹介しながら「これから『四条畷』駅周辺がどのように変わっていくか?」についてクローズアップします。

人々が集い賑わう駅前交流拠点づくりを目指す『四条畷駅周辺整備事業』


▲ちなみに、こちらが現在のJR『四条畷』駅東口の様子。【メイツ四条畷駅前】から徒歩1分足らずの最寄り駅です。
※以下すべて『四条畷』駅東口・・・・・・現地より徒歩1分(約60m)/2019年7月。

 
▲駅前のスペースは広々としていて、自転車や歩行者の方たちが自由に行き交っています。筆者個人的には、この“ゆったり&のんびりした風景”を好ましく感じましたが、車道と歩道を分離したらもっと街並みが整然とするかも?


▲また、駅前のバス乗り場は現在停留所があるのみですから、ここも整備されたらもっと便利になるかも?

こうしたいくつかの『課題』を改善すべく進められているのが『四条畷駅周辺整備事業』。現在の計画では、タクシープールやバス乗り場をロータリーに集約し、駅を利用する人たちが心地良く滞留できる緑豊かな『駅前広場』が整備される予定になっているのだそうです(※1)。

こうして駅前の風景が変われば、当然ながら駅前ポジションに位置する【メイツ四条畷駅前】での生活風景も豊かに変わることになりますから、「住まいと暮らしの価値を高めるまちづくり」という点でも期待が持てそうですね!

 


▲そしてもうひとつ注目されているのが、『都市計画道路 四条畷駅前東線』の整備について。


▲『四条畷』駅東口から旧170号へ抜ける道路は、ほとんど車通りのない生活道なのですが、今後は道路が拡幅され『都市計画道路 四条畷駅前東線』として整備される予定になっています。その整備地は、なんと【メイツ四条畷駅前】の北側(上の写真の赤い部分)。隣接する道路の幅員が広くなれば、マイカーの出し入れもスムーズに行うことができますし、エントランスまわりに開放感が生まれて、マンションの美観も向上しそうです。

なお、『四条畷駅前東線』から旧170号を渡って接続する都市計画道路『北条12号線』は、幅員が12mまで拡幅され、道の両側には歩道が整備される予定とのことですから、現地前の道路も同様の広さになるかもしれません(四条畷駅前東線の幅員は未発表のためこれはあくまでも筆者の予測です)。

親水空間のある公園やカフェも登場予定!『北条まちづくりプロジェクト』


▲さらにもうひとつ、いま『四条畷』駅東口エリアで進められているのが『北条まちづくりプロジェクト』(※2)。北条地区は旧170号の東側に位置する地域で、もともと市営住宅などが建ち並んでいたエリアですが、その一帯の開発を民間のまちづくり会社が担い、全国でも珍しい『PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)手法』を用いた官民連携のまちづくりが進められています。

 
▲すでに工事柵に囲まれ更地になっていた『北条まちづくりプロジェクト』の一角の様子。今後は市営住宅の建て替えのほか、親水空間を設けた公園、カフェ、アウトドアショップなども開発エリアに出店予定になっているのだとか!
※北条まちづくりプロジェクト現地の様子・・・・・・現地より徒歩4分(約300m)/2019年7月撮影。

『北条まちづくりプロジェクト』の街開きは2020年春の予定とのことですから、【メイツ四条畷駅前】が竣工し、入居がスタートする頃(2020年12月下旬予定)には、この場所に広がる新しい街並みを楽しむことができそうですね。

==============================

いかがでしたか?「街が変わる」ということは「多くの人たちの注目を集める」ということ。そして、「多くの人たちの注目を集める」ということは“こんな街で暮らしてみたい”という「住まいニーズを高めること」にもつながります。

つまり、これから街の変化によって多くの注目を集めそうな街、JR『四条畷』駅前に住まいを持つということは、“この街の新たな価値を先取りする”という意味でも意義ある選択と言えそうです。

※1・2:本レポートに記載した内容は、2019年7月現在大東市ホームページに掲載されている『四条畷駅周辺整備』『四条畷駅周辺地区道路特定事業計画』『北条まちづくりプロジェクト』等から引用したもので、事業計画の変更等により一部内容が異なる場合があります。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP