• 分譲マンション
  • 大阪府高槻市
  • 日本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド高槻シリーズ
 駅北マンションプロジェクト」
取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > レ・ジェイド高槻シリーズ
 駅北マンションプロジェクト
 > 地元で愛されるお花見スポット『芥川桜堤公園』へ行ってきました!
2018年04月09日

地元で愛されるお花見スポット『芥川桜堤公園』へ行ってきました!

今年の桜は記録的な早さで満開になりましたね。
あっという間の桜シーズンでしたが、お天気に恵まれた日が多かったので、
皆さんもお花見を楽しまれたのではないでしょうか?

遠方の桜の名所へ足を伸ばすのも楽しいですが、
自宅の近くに穴場スポットがあるのも嬉しいもの。
【レ・ジェイド高槻シリーズ 駅北マンションプロジェクト】の周辺には
地元の人に愛されているお花見スポットがいくつかあるんです!

その中から今回は『芥川桜堤公園』をレポートします。
私も満開の桜を楽しんできましたよ~♪

堤防に沿って連なる桜が美しい『芥川桜堤公園』

高槻市を流れて淀川へ注ぐ一級河川・芥川。
『芥川桜堤公園』は、その河川敷に整備された公園です。

 
▲どうですか?この河川敷ならではのヌケ感!広々していて清々しいっ!!

 

桜は、川の堤防沿いに植えられているので
その名の通り“桜堤”になっていて凄くキレイ!!!


▲土手に植えられた桜が横へ枝を伸ばしているから花が触れられるほど近いのです。間近でお花見できるのが贅沢ですね♪

 
▲木陰はお弁当を広げる親子連れなどでいっぱい!

 
▲階段状に整備された堤防に腰掛けてお花見する人も。これなら椅子も不要かも?(笑)

 
▲堤防の上は「ゆめ桜通り」という歩道になっています。桜並木を通り抜けるのも気持ちイイ♪

川遊び&遊具で、お子さんも大満足♪

ところで、子育て世代がお花見をする時は、桜がキレイであること以外に
“遊べる要素”が充実していることも大切なポイントになるのではないでしょうか?

ここなら、遊びたい盛りのお子さんも嬉しくなっちゃうハズ!
川遊びができちゃうのです!!

 


▲取材日は暑いくらいの陽気だったので、靴を脱いで川へ入る子ども達をたくさん見かけました。公園のシンボルになっている、大きな桜の絵のタイルを滑り台にして遊ぶ姿も。

 

“河川敷の公園”はよくありますが、川遊びができるところは少ない気がします。
ここまで整備されているのは嬉しいなぁ~と。
(とはいえ、流れが速かったり増水している場合もあるので十分ご注意くださいね)

また、コンパクトながら遊具もあります。
小さなお子さんも安心して遊べると思いますよ!

 
▲滑り台やブランコなどの遊具が揃っています。広い砂場もありましたよ!

ゴールデンウィークには「こいのぼりフェスタ1000」も!

桜のシーズンは花見客で大賑わいの芥川桜堤公園ですが、
ゴールデンウィークにもたくさんの人が集まるイベントがあるのです。

それが、今年で27回目を迎える「こいのぼりフェスタ1000」。※4月29日開催
川の流れをまたいで、約1000匹の鯉のぼりが空に泳ぐという
見ごたえたっぷりのイベントなのだとか!

 
▲鯉のぼりは、市民が寄贈したものや幼稚園児が手作りしたものなんですって。お花見~鯉のぼり期間には仮設トイレも増設されるそうなので安心して利用できそう。

 

今年の鯉のぼりは4月23日~5月5日の間、掲げられるとのこと。
こちらもぜひ訪れてみたいですね♪

ちなみに・・・
公園へ向かう途中にこんなお花見スポットもあります。

 
▲『JT医薬総合研究所』の敷地内で行われている、桜の通り抜け!『JT生命誌研究館』という施設もあって誰でも無料で入館できるのだとか。

 

 

このように、近隣にステキなお花見スポットが充実している
【レ・ジェイド高槻シリーズ 駅北マンションプロジェクト】。

四季の彩りや移り変わりを身近に感じながら、
潤いあるマンションライフを楽しめそうですよ!

※掲載写真はすべて2018年3月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP