• 分譲マンション
  • 大阪府高槻市
  • 日本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド高槻シリーズ
 駅北マンションプロジェクト」
取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > レ・ジェイド高槻シリーズ
 駅北マンションプロジェクト
 > JR「高槻」駅北側の魅力を検証①~再開発によって誕生した新しい街並み~
2017年11月28日

JR「高槻」駅北側の魅力を検証①~再開発によって誕生した新しい街並み~

みなさん、はじめまして!
住宅ライターの野村綾乃です。

本日から、日本エスコンの【レ・ジェイド高槻シリーズ 駅北マンションプロジェクト】を
第三者目線でご紹介するレポートサイトがスタートします。

実際に足を運ばないとわからない部分も含めて、
様々な角度から取材しますので、どうぞお付き合いくださいね!

 

この【レ・ジェイド高槻シリーズ 駅北マンションプロジェクト】は、
現在、同時に開発が進められている【グラン レ・ジェイド高槻天神】と
【レ・ジェイド高槻 古曽部町】の2物件を併せたプロジェクト名です。

京都市と大阪市のちょうど中間に位置し、
ベッドタウンとして人気の高い高槻市の中でも、
JR「高槻」駅から徒歩圏内再開発でキレイ生まれ変わった駅北側
という好立地を誇る同プロジェクトの、まずは、立地の魅力をレポートしてきたいと思います。

===============================

その1では、近年の再開発によって新たに誕生した、
JR「高槻」駅北側の新しい街並みをご紹介!
すっかり生まれ変わったというウワサのエリアを検証します。

新しいまち『ミューズたかつき』

平成18年ごろから、官民一体となって進められた
「JR高槻駅北東地区都市開発事業」。
高槻市の新たな玄関口となるべく、道路や公園などの公共施設の整備や、
商業施設、文教施設、居住棟などを集積した市街地の整備が行われ、
平成24年に誕生したのが「ミューズたかつき」という新しいエリアです。


▲4棟のマンション(もっとも高いのが地上42階建て)のほか、文教、商業、業務、交流などの機能を持った“智慧の都市”を目指して創られた施設が立ち並んでいます。

 

このエリアを実際に体感してみて思ったのは、
“キレイに整備されていて歩きやすい!”ということ!
JR「高槻」駅からすべての建物が2階の高さのデッキでつながっていて、
車を気にせず歩いていけるのです。


▲赤の点線で囲われているゾーンが「ミューズたかつき」地区で、デッキは濃い黄色の部分。建物が立ち並んでいる間をするりと通り抜けていけちゃう感じなのです!

 

とくに【レ・ジェイド高槻 古曽部町】は、この街を通り抜けた先に位置するので、
通勤・通学や毎日のお出かけが快適だな~と好印象を持ちました。

百貨店や病院、大学まで集結!

では、具体的にこのエリアには何があるのでしょうか?
ざっと見ていきましょう。

まず、JR「高槻」駅のすぐ前に構えているのは『西武高槻店』。

 
▲『オーロラモール』という商業施設になっていて、『関西スーパー』や『ユニクロ』『無印良品』『アカチャンホンポ』『紀伊國屋書店』などの専門店も入っています。駅前へ来れば何でも揃っちゃいそう♪

 

商業施設としては、他にも、銀行や100円ショップ、
ケーキ店やベーカリー、レストランやコンビニなどがデッキの両側に並んでいます。

 
▲「高槻ミューズコート」というエリアにあります。デッキに面しているので、サッとお買い物できますね!

 

さらに、地元の医療を40年にわたって支え続けている
『高槻病院』と『愛仁会リハビリテーション病院』が。

再開発に合わせて建て替えられたそうで、とってもキレイ!
小児科や産科も充実しているそうで、
子育て世帯にも頼もしい存在になりそうな市民病院ではないでしょうか。

 
▲『高槻病院』はまだ工事中で、来年春ごろに完成予定とのこと。完成後は、デッキで駅から直通になっている『リハビリテーション病院』と、上空通路で繋がりますよ!

 

そして、エリアの東端にあるのが『関西大学ミューズキャンパス』。

一般の私たちは立ち入りにくいのかな?と思いきや、
“社会貢献型都市キャンパス”を目指して開設されたそうで、
『高槻市立中央図書館ミューズこども分室』という児童図書館があったり、
学食の『レストランミューズ』が利用できたりするんですって♪
災害時の緊急避難場所にもなるとのことで、地域に開けたキャンパスだな~と。


▲初等・中等・高等部と、社会安全学部・大学院社会安全研究科があって、小学生から大学院生まで(!)が通学しているのだとか。

道路の整備も進んでいます!

さまざまな施設を備えた新しいまち「ミューズたかつき」ですが、
キレイなのは建物だけではありません。

周辺を走る一般道路も、とても美しく整備されていました。
中でも、エリアの北側を走る道は、両側に自転車専用ゾーンを完備。
歩道も幅広く、ゆったりとした印象です。

 
▲右に見える『西武高槻店』の駐車場へもスムーズに入庫できるよう工夫された道路設計になっていましたよ。

 

この道路は、さらに西方面へも整備が進められていました。
駅周辺の混雑もさらに緩和されて、ますます便利になりそうですね!


▲現在は東行きだけの一方通行なのが、まもなく両側通行になるんですって。
ちなみに、この道路は旧西国街道で、江戸時代には参勤交代にも利用されていたという歴史ある道。高槻はこのような歴史遺産も多い土地柄なのですが・・・そのあたりは、その2でレポートしますね♪

実際に街を歩いてみると、
コンパクトな範囲にアレコレ揃っていて便利だな~♪という印象を持ちました。

この便利な街を“普段使い”できちゃうのは
【レ・ジェイド高槻シリーズ 駅北マンションプロジェクト】の大きな魅力ですね!

※掲載写真はすべて2017年11月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

この記事を読んだ方へのオススメレポート

過去の記事

PAGE TOP