• 分譲マンション
  • 大阪府堺市北区
  • ⽇本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ」取材レポート

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

そのうちTOP > レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ > あとわずか?買い時は今?購入のタイミングについて考えてみました!
2019年02月26日

あとわずか?買い時は今?購入のタイミングについて考えてみました!

早くも最終期分譲を迎えている【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】。
マンションギャラリーを訪問された方は、その活況ぶりを目の当たりにされたのではないでしょうか?

公式ホームページに「おかげさまでご契約180戸突破!」の見出しが躍っていることからも分かるように、
選べるお部屋もわずかとなってきています。

それだけではありません。
当物件が気になっている皆さんには、少し決断を急いでいただく方がよいのでは…?という状況なのです。

今回は、なぜ“買うなら今”なのか?その理由を整理してみたいと思います。

確実に消費税8%で購入できるのは3月31日まで

今年(2019年)の10月に、消費税が8%から10%に引き上げられることは、皆さんご存知だと思います。
この消費税、住宅を購入する際はどうなるのでしょうか?


▲消費税は、商品の引渡し時点での税率で決定するのが基本。ですが、契約から引渡しまでに時間がかかることの多い住宅については、経過措置が設けられているのです。(画像は 国土交通省 住まい給付金サイトより引用)

 

上の表から分かる通り、

☆2019年9月30日までに引渡しを完了する
☆2019年3月31日までに契約を完了する

このどちらかに当てはまれば、8%の税率が適用されるわけです。

【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】の場合、竣工予定が2019年9月下旬、入居予定が2019年10月下旬。

9月末日までに確実に引渡しを完了できるかどうかというと…これは微妙なところになってきます。
となると、確実に8%で手に入れるには、2019年3月31日までに契約を完了しなければならないということなのです。

3月末日まで、あと1か月ほど。これはのんびりしていられませんね!

意外と大きい?!消費税の差額

「でも、増税分ってそんな負担になるの?」とお考えのアナタ!
これが結構大きな額になってくるんですよ!

マンション購入の場合、消費税は建物部分の価格に対してかかってきます。

たとえば建物価格が2,500万円だとすると、課税される消費税は…

☆8%のとき  200万円
☆10%のとき  250万円

その差額はなんと“50万円”。欲しかったあの家具や家電がじゅうぶん買えてしまうくらいの金額なのです。
新生活をスタートするには何かと物入りですから、迷っている方は早めに決断されることをおススメします!

 

この増税にあたっては、「住宅ローン控除の期間延長」や「住まい給付金の拡充」などの措置も取られることになっています。
住宅ローンの利用の有無や、年収によって異なってきますので、この機会に一度ご家族でじっくり話し合って、購入のタイミングを見極めるとよいのではないでしょうか。


▲一生に一度の大きな買い物。悔いの残らないようしっかり検討してくださいね!(画像はイメージ)

成約戸数は、なんと大阪府下No.1!

ところで、【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】は、
大阪府下の分譲マンション(主タイプ1R/1Kを除く)のなかで、
2018年8・9・10・11月の成約戸数がナンバーワン(2018年12月MRC調べ)なんだそう。さすがですね!

以前のレポートで、ご契約者に好評のポイントをご紹介しましたが…

☆アクセス性に優れた立地
→都心部へ乗り換えなしで行けるOsaka Metro御堂筋線沿線「新金岡」駅が最寄り。
駅から現地までは徒歩4分の近さ!


▲大阪の中心部を南北に結ぶ御堂筋線は、乗り換えもしやすいのがうれしいですね。

 

☆自然豊かな住環境
→「新金岡公園」の真正面という恵まれた立地。
「金岡公園」や「大泉緑地」のような広大な公園も身近!


▲目の前の「新金岡公園」は、“ウチの庭”感覚で使えそうなくらいの身近さです。(写真は2018年9月撮影)

 

☆生活利便施設が充実
→日常生活に必須のお買い物施設や郵便局、銀行などが徒歩圏内に。
大小の医療機関も充実!


▲コチラは地域の医療を支える「大阪労災病院」。このような大病院から、かかりつけ医にできそうなクリニックまで、さまざまなタイプの医療機関が周辺に点在しています。(写真は2018年11月撮影)

 

…と、住まい選びで重視したいチェックポイントの充実ぶりは、やはり見逃せません。

 

かなりのハイペースで成約数を重ねている【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】。
総戸数204戸の大規模マンションであるにもかかわらず、すでに契約数が180戸を突破していることは、冒頭でも述べた通りです。


▲これだけの好条件はめったにお目にかかれないと筆者も個人的に感じている当物件。“絶対にココがいい!”と早くに決断された方が多いのかもしれません。

選べるお部屋もわずかとなっているこの状況、迷っているヒマはないのでは…?と思いますよ!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

いかがでしたでしょうか?

税制の面から見ても、売れ行きの面から見ても、早めのアクションが必要になりそうなのがお判りいただけましたか?

ラスト1邸になっている間取りも少なくないそうなので、もし気になる住戸があるようでしたら、急いでチェックしてみてくださいね。

新しい住まいをお探しの皆さんと、良きご縁がありますように♪

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

関西在住のフリーライター。現在育児中。自身のマンション購入経験や、子育てママ目線・主婦目線も大切にしてレポート!「自分がココに住む!」つもりで取材し、リアルな情報をお届けします。

PAGE TOP