• 分譲マンション
  • 大阪府堺市北区
  • ⽇本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ」取材レポート

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

そのうちTOP > レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ > 木洩れ日が差し込むリビングを楽しもう!街路樹のすぐそばで、季節の移ろいを感じる暮らし
2019年01月28日

木洩れ日が差し込むリビングを楽しもう!街路樹のすぐそばで、季節の移ろいを感じる暮らし

前面に公園が広がる恵まれたロケーションが特長の【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】。

公園と現地との間には、歩行者&自転車専用の緑道があり、
その両側には背の高い街路樹が植えられています。

つまり、低層階の住戸からは、この緑を間近に眺められるということ。

眼前に自然が広がっている生活とは、一体どのような感じなのでしょうか?
今回は、その暮らしをシミュレーションしてみたいと思います。

四季の移り変わりを感じられる街路樹

現地南側に走っている緑道については、これまでのレポートでも何度か紹介してきました。
(以前のレポートはコチラ→    )
東の「大泉緑地」と西の「金岡公園」を結ぶこの歩行者&自転車専用道は、
両側に街路樹が立ち並ぶ自然豊かな道です。


▲コチラは2018年6月初旬に撮影した現地横の様子。初夏の新緑が眩しいですね。


▲2018年11月中旬、上の写真とほぼ同じ場所を撮影したのがコチラ。色づいた葉が舞い散る、晩秋の景色です。

 
▲別角度から撮った写真を並べてみました(左が6月、右が11月)。季節の移ろいを感じますね。

 

低層階からは、この街路樹を窓のすぐ向こうに眺められるワケですから、
四季の移り変わりを身近に感じられる生活になりそう!

野鳥のさえずりや虫の声など、
街路樹が近いからこそ楽しめる“季節の音”もあるかもしれません。
大阪の大動脈・御堂筋線から徒歩4分の距離にあるとは思えない豊かな自然を
存分に味わえるのではないかな~と思います。

木洩れ日が差し込む穏やかなリビング空間

では、低層階の窓からの眺めが実際にどんな感じになるのか見てみましょう。


▲現地3階相当からの眺望写真(2018年6月撮影)をCG合成したバルコニーのイメージ画像がコチラ。美しい緑が真正面に見えますね。(注・バルコニーの立ち上がり形状は、階数、タイプにより異なります。また家具・調度品等は販売価格に含まれません)


▲コチラは1階の専用庭のイメージ画像。まるで公園の木の下で寛いでいるかのような雰囲気です。(注・家具・調度品・芝生等は販売価格に含まれません)

 

階層によって雰囲気は異なりますが、
緑の潤いに満ちた暮らしが楽しめそうなのがお分かりいただけると思います。

 

また、街路樹がすぐ前にあることで、
リビングに差し込む光が木洩れ日になるというのもポイントです。

以前お届けしたインタビューの中で、当物件のプランニングプロデューサーの方が
「木洩れ日がキラキラと差し込む空間で暮らせるなんて贅沢」とおっしゃっていましたが、
まさにその通り!と筆者も感じます。

日常生活がスタートすれば、ゆったり窓の外を眺めていられる時間はそう多くないでしょう。
でも、部屋に差し込んでくる光は、無意識のうちにも感じるものではないかな、と。

たとえば、せわしなく掃除をしているときでも、
部屋の中で木洩れ日がキラキラ光っているというだけで、
少し穏やかな気持ちになれそうな気がするのです。

眼前に街路樹がある環境は、
そういう意味でもリビング空間に潤いをもたらしてくれるのではないかな~と思うのですが、
いかがでしょうか。

視線をさえぎる効果も!

また、この街路樹は、外からマンションを見たときに目隠しの役割も果たしてくれそうです。

公園側から見ると、真正面にマンションが建つことになるワケですが、
そうなると気になりそうなのが、人の視線です。


▲たとえばこのベンチに座ったとき、見るつもりはなくても真正面のマンションに目が行ってしまう…ということはありそう。(2018年6月撮影)


▲立体模型で見ると、1~4階あたりの高さまで街路樹が伸びています。

 

公園との距離が近く、とくに視線が気になりそうな低層階は
街路樹がカバーしてくれるのではないかな~思います。

また、一戸建てのお庭の植栽では、目隠しとしてだけでなく、
日差しや強風の対策として、背の高い木を植えることがあるのだといいます。
もしかすると街路樹は、そういう役割も担ってくれるかもしれませんね。

 

※※※※※※※※※※※※

いかがでしたでしょうか?

公園のすぐそばで暮らせるという稀有なロケーションを誇る【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】。

全204戸ある中でも、公園に面した低層階の住戸は、
より自然を身近に感じる暮らしが送れるのではないかなと感じました。

気になる方は、一度現地を訪れて、
実際に緑道を散策しながらイメージを膨らませてみてくださいね!

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

関西在住のフリーライター。現在育児中。自身のマンション購入経験や、子育てママ目線・主婦目線も大切にしてレポート!「自分がココに住む!」つもりで取材し、リアルな情報をお届けします。

PAGE TOP