• 分譲マンション
  • 大阪府堺市北区
  • ⽇本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ」取材レポート

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

そのうちTOP > レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ > お好みはどちらの住空間?2つのモデルルームの見どころをチェックします
2018年10月22日

お好みはどちらの住空間?2つのモデルルームの見どころをチェックします

以前のレポートで、
【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】のマンションギャラリーをご紹介しましたが、
今回は、その2階にあるモデルルームをチェック!

コチラのマンションギャリーには、住空間すべてを体感できるフルモデルルームと、
LDKを中心とした部分が見学できるハーフモデルルームがあります。

雰囲気の異なる2部屋の見どころをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

重厚&ラグジュアリーな雰囲気が堪能できる住空間

まずはフルモデルルームのほうをチェックします。間取りはコチラ↓


▲SM2タイプ(専有面積/86.05㎡ バルコニー面積/33.91㎡)4LDK+WICの〈基本プラン〉から、リビング・ダイニングに隣接している和室と洋室をなくした、2LDK+WICのモデルルームプラン。

 

インテリアのデザインテーマは「贅沢な時間」なんだそう。
上質感のある優雅な雰囲気が漂っています。


▲LD約22.3帖+キッチン約3.5帖、合計約25.8帖の広々空間を生かして、家族全員で座れそうなビッグサイズのL字型ソファをお部屋のコーナーに配置。シックな色調のコーディネートが落ち着いた雰囲気で、団欒のひとときをゆったりと過ごせそうです。

 
▲テレビボードで仕切られた向こう側には、書斎スペースが。家族の存在を感じつつもプライベート性を確保できる半個室の空間が提案されています。


▲ダイニングとキッチンも、角住戸のならではの窓のある明るさを活かしつつ、ラグジュアリーで落ち着いた空間に。

 
▲左/ガスコンロは、ハイパーガラストップ。サッと拭くだけで汚れが落ちやすくお手入れが簡単なのが助かりますね。
右/選べるパネルのカラーにはダークブラウンを採用。高級感のある木目調で、ラグジュアリーな雰囲気に仕上がっています。ちなみにビルトインの食器洗浄乾燥機は標準装備。食後の洗い物をお任せできるので、家事にゆとりができそうです

シンプル&ナチュラルなインテリアで居心地良く演出

一方、ハーフモデルルームの間取りはこんな感じ↓

▲SDタイプ(専有面積/73.47㎡ バルコニー面積/12.16㎡)3LDK+N+2WICの〈基本プラン〉から、和室をファミリーライブラリーにアレンジした、2LDK+ファミリーライブラリー+N+WICのモデルルームプランです。

 

コチラのお部屋は、先ほどとは一転、ナチュラルで飾らない居心地の良さが魅力。
“特別でない毎日をいきいきと暮らす”北欧のスタイルをテーマにしているんですって!


▲リーフ柄の壁紙をアクセントにした、明るく伸びやかな雰囲気のリビング。窓は開放感のあるセンターオープンサッシ仕様です。大きく開ければ、バルコニーをリビングの延長の空間としても利用できるので、今話題のアウトドアリビングも楽しめそう!

 
▲リビングの隣には、窓付きの壁で仕切られたファミリーライブラリーが設けられています。半個室でありながら、リビングから中の様子をうかがうことができるので、お子様の遊び場にしたり、宿題をするスペースにしたりとさまざまに活用できそうな空間です。


▲白を基調に、ナチュラルなアースカラーでまとめられたダイニングキッチン。爽やかで清潔感のある空間がステキ♪

 
▲左/生ゴミを細かく砕いてバイオの力で分解し、下水へ流してしまうディスポーザーも標準装備。ニオイや衛生面が気になる生ゴミに悩まされることがなくなるのはありがたいポイント。契約者の方々にも人気を集めているそうですよ。
右/コチラのシャワー水栓は、浄水器が内蔵されているタイプ。手元で切り替えるだけでクリーンな浄水が使えるので、大きなお鍋にお湯を沸かすときなども便利ですね。

ライフスタイルに合わせて選べる、機能的な収納も要チェック

さて、2つのモデルルームのメイン空間を見てきましたが、
フルモデルルームのほうでは、他のお部屋もしっかり確認しておきたいところ。
とくに収納システムは要チェック!なのです。

 
▲コチラは主寝室(約7.0帖)。プライベートの時間を寛いで過ごせそうなこのお部屋では、〈基本プラン〉よりも広く作った大きなウォークインクローゼットが提案されています。
ご夫婦のお洋服を機能的に整理しながら、たっぷり収納できそう!引き戸なので開けっぱなしにしていてもお部屋の空間が狭くなりませんし、すりガラス使いで見た目の圧迫感が少ないところもイイな~と。

 

▲もうひとつの洋室(約6.6帖)は、船をテーマにしたコーディネートで、男の子向けの子供部屋に。
コチラの収納は、5タイプ(うち3タイプは無償)からセレクトできるシステムが採用されています。(申込期限あり。詳しくはマンションギャラリーでお尋ねください)。

 

収納スペースは、スッキリ快適に暮らしていくうえで欠かせないもの。
家族構成によって荷物の量や種類が違いますし、
ライフスタイルによって使い方も異なってきますから、
新しい生活をスタートさせる前に
収納スペースの形を選べるのはとってもありがたいですね!

 

※※※※※※※※※※※※

いかがでしたでしょうか?

ここでご紹介したのは、
【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】の魅力のごく一部。

お伝えできていない部分がまだまだありますので、
マンションギャラリーへ足を運んで、ご自分の目で確かめてみてくださいね!

※掲載写真はすべて2018年9月撮影
渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

関西在住のフリーライター。現在育児中。自身のマンション購入経験や、子育てママ目線・主婦目線も大切にしてレポート!「自分がココに住む!」つもりで取材し、リアルな情報をお届けします。

PAGE TOP