• 分譲マンション
  • 大阪府堺市北区
  • ⽇本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ」取材レポート

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

そのうちTOP > レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ > 公園の中を通って安全に登校できる!「新金岡小学校」への道のりをチェック
2018年07月13日

公園の中を通って安全に登校できる!「新金岡小学校」への道のりをチェック

都心へのアクセスに優れた、Osaka Metro御堂筋線「新金岡」駅から
徒歩4分(実際には3分ちょっと)という好立地の【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】。

“通勤には便利そうだけれど、子育てをするにはどうなのかな?”と
気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

子育て中のファミリーが新しい住まいを選ぶとき、
“学校生活がどんな感じになるのか”は必ずチェックしておきたいポイント。

そこで今回は、公立指定校までの道のりを検証してみました!

「新金岡公園」内を通り抜ける通学ルート

公立指定小学校は、昭和41年創立の「堺市立新金岡小学校」。
まずは場所を確認してみましょう↓


▲【レ・ジェイド新金岡 パークフィールズ】の正面にあるのが「新金岡公園」。小学校はその西に隣接しています。公園と接する東側に門(地図の★)があり、登下校時はこちらを利用できるそう。

 

地図からおわかりいただけるかと思いますが、
小学校への通学路は、なんと、すべて公園の中を通っているのです!

通学路の安全性というのは、
地域の方がボランティアで見守ったり、交通量の少ない道を遠回りしたりと、
努力の上に確保されるケースも多いと思います。

でもコチラでは、公園の中しか通らないから、とっても安心!

・車はぜったいに通らない
・広々した公園で見通しが良く、人の目も多い

という、“通学路の理想”をカタチにしたようなルートなのです。

伸びやかな公園を通る登下校で、学校生活をより楽しく

では、実際に歩いてみましょう。
今回は、公園を斜めに横切る最短ルート(上地図の青矢印)を進みます。


▲マンションの南側を走る緑道(以前にご紹介した通り、車は通らない道です)を渡った正面が「新金岡公園」。

 
▲足を踏み入れると、一面の緑!ランドセルで走り回る子どもたちの姿が目に浮かぶような、気持ちの良い空間が広がります。シロツメクサもいっぱい咲いていました。


▲公園からマンション側を見るとこんな感じ。上階からであれば、子どもたちが通学する姿をベランダから見守れそうな見通しの良さです。

 
▲遊具のそばを進んでいくと、校門はもうすぐソコ!

 

公園を斜めに横切ったので、
広告上の徒歩分数である4分もかからず、あっという間に到着できました。
この近さも魅力だな~と。
(とはいえ、きっと子供たちは、
“お友達と遊んでしまってなかなか帰ってこない”なんてことになりそうですが・笑)

小・中学校の9年間は、通学ラクラク!

このように、とても通いやすい「新金岡小学校」は、
全校生徒数420名、各学年2~3クラス編成のこじんまりした学校だそうです。

地域の方々との交流も盛んで、
先日は地元の福祉委員会主催で「たなばたまつり」が行われたとか。
学校はお休みの日だったにもかかわらず、多くの児童が集まり、
願い事を書いた短冊を笹に飾ったり、バルーンアートやしおり作りに挑戦したりと
地域の方々との触れ合いを楽しんだんですって。

ちなみに、学校のホームページでは、日々の様子が毎日更新されています。
“今日はどんなふうに過ごしたのかな?”と確認できるのはありがたいな、と。
給食の写真が毎日アップされているのも参考になります♪


▲正門側から見たところ。こちらへも車道を横断することなく到着できますよ。

 

また、公立指定中学校である「金岡北中学校」へも、車道を通らずスムーズに通学できます。
小学校の北側に隣接して建っていて、徒歩2分の距離とさらに近いんですよ。

 
▲左/昭和22年に創立した「金岡北中学校」。“夢を抱き自らを磨き心輝く生徒”の育成を掲げているそう。
右/マンション南側の緑道に面した通用門から登校できます。朝は「あいさつ運動」が行われていて賑やかなんだとか。

 

小学校6年+中学校3年の合わせて9年間は、
子どもたちにとっても快適な毎日になりそうですね。

いかがでしたでしょうか?

広々とした緑豊かな公園の中を通り抜けるというステキな通学路。
子どもたちの小学校時代の思い出に、
楽しく美しい光景として刻まれるのではないでしょうか。

通わせる親にとっても、
これほど安心感のあるルートはめったにないと思いますよ!

現地を訪問された際には、実際に歩いて確認してみてくださいね。

※掲載写真はすべて2018年6月撮影
渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

関西在住のフリーライター。現在育児中。自身のマンション購入経験や、子育てママ目線・主婦目線も大切にしてレポート!「自分がココに住む!」つもりで取材し、リアルな情報をお届けします。

PAGE TOP