• 分譲マンション
  • 滋賀県大津市
  • 日本エスコン

住宅ライターの「"レ・ジェイド"大津シリーズ」取材レポート

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

そのうちTOP > "レ・ジェイド"大津シリーズ > 「京阪山科」駅へ直通12分!「びわ湖浜大津」駅の利便性を検証します
2018年08月31日

「京阪山科」駅へ直通12分!「びわ湖浜大津」駅の利便性を検証します

みなさん、はじめまして。住宅ライターの渡辺ヨウコです。
本日から、大津市内で開発が進められている
日本エスコンの新築マンションプロジェクト
【“レ・ジェイド”大津シリーズ】をご紹介するレポートサイトがスタートします。

物件そのものの魅力だけでなく、
実際に現地へ足を運ばないと見えてこない情報も取材して
発信していきますので、どうぞお付き合いください。

※※※※※

さて、初回となる今回は、
【レ・ジェイド浜大津】から徒歩4分の距離にある、
「びわ湖浜大津」駅について。
都心部へのアクセスのしやすさなど、その利便性を調べてみました。

琵琶湖の玄関口・「びわ湖浜大津」駅

「びわ湖浜大津」駅は、“びわ湖大津観光の玄関口である”という理由で
本年(2018年)3月に「浜大津」駅から改称されたばかり。


▲コチラが「びわ湖浜大津」駅。

 
▲改札を出て琵琶湖側へ進むと、大津港を臨むことができます。ヨットなどが停泊しているマリーナの眺めはリゾート感たっぷり♪さすが“びわ湖の玄関口”らしい、気持ちよい光景ですね!

 

同駅からは、京津(けいしん)線と石山坂本線の2路線を利用することができます。

▲京津線は「御陵」~「びわ湖浜大津」駅を結ぶ路線(緑のライン)、石山坂本線は「石山寺」~「坂本比叡山口」駅を結ぶ路線(ピンクのライン)です。2線あわせて「大津線」と呼ばれ、大津市民の足として活躍しています。

「京阪山科」駅まで、乗り換えなしの12分!

ところで、大津市内からJR「京都」方面を目指す場合、
“JRを利用する”という方が多いのではないでしょうか。

確かに、JRのほうが速度が速く、
JR「膳所」駅から「京都」駅の所要時間はおよそ11分なので、
そうする方が多いであろうことは頷けるのですが・・・
では、京阪を利用した場合はどのような感じなのでしょう?
シミュレーションしてみました。

 

「びわ湖浜大津」駅からJR「京都」駅へ向かうには、
まず、京津線に乗って5駅先の「京阪山科」駅を目指すことになります。


▲「びわ湖浜大津」駅周辺は、道路上に線路が敷かれているんですよ。この路面電車区間を過ぎると、大きなカーブがあったり、急勾配があったりと、ちょっとした登山電車のような雰囲気になります。

変化に富んだユニークな道のりが続く路線なので
のんびり走っているような印象がありますが、
「京阪山科」駅には最短12分で到着!
意外と速くて近いな~という印象です。

 

運行本数について見てみると、
通勤・通学の時間帯である7時台、8時台にはそれぞれ5本ずつの列車が。


▲およそ9分~15分に1本は発車している状況。「びわ湖浜大津」駅発の列車になるので、少し早めにスタンバイしておけば、ゆったり座って通勤できそうなのも嬉しいポイントですね。

 

さて、「京阪山科」駅に到着したら、JR線へ乗り換えますが、
JR「山科」駅はすぐ目の前で、移動はラクラク!

 


▲駅と駅の間には屋根が。雨の日でも傘を出す必要がなさそうなのはイイですね。

JR「山科」駅からJR「京都」駅への所要時間は5分
「山科」駅は7時台に18本、8時台に17本もの列車が停車するので、
ほとんど待つことなく来た電車にサッと乗れるという感じです。

 

朝の時間帯で、具体的にシミュレーションしてみると・・・

「びわ湖浜大津」駅発7時37分に乗車
 →「京阪山科」駅に7時50分着→JRに乗り換え
  →JR「山科」駅発7時55分発に乗車
   →8時ジャストに「京都」駅着!

所要時間は、乗り換えや列車待ちの時間も入れて23分
思いのほかスムーズで、便利だな~と感じました。

 
▲京都市の玄関口であり、観光客で終日賑わうJR「京都」駅。【レ・ジェイド浜大津】からは、とっても身近に利用できそうですね。

京阪京津線は、京都市営地下鉄東西線に乗り入れています

ところで先ほど、京阪京津線は
「『御陵』~『びわ湖浜大津』駅を結ぶ路線」であるとお伝えしました。
でもコレ、「御陵」駅までしか行けない、という意味ではないのです。

じつは京津線、京都市営地下鉄東西線に乗り入れているのです!
つまり、「びわ湖浜大津」駅からは
乗り換えなしで京都市内の中心部へ行ける、ということ!


▲赤の破線が京都市営地下鉄東西線、青線が京阪線。


▲夜間の一部列車を除き、京都市営地下鉄東西線と直通運転をしています。ほとんどの列車が地図の黄色ラインの区間を走っており、「太秦天神川」駅まで乗り換えせずに行けるんですよ~

 

また、上の地図で分かるように、「三条京阪」駅では京阪本線へ、
「烏丸御池」駅では地下鉄烏丸線へ乗り換えができるので、
市内の主要駅へのアクセスも軽快なのです。

これは、京都市内へ通勤・通学をしている方にとって、
かなり便利なのではないかな~と思います。

 

※※※※※※※※※※

いかがでしたでしょうか?

じつは京都へのアクセスにも便利に利用できる「びわ湖浜大津」駅。
【レ・ジェイド浜大津】からは徒歩4分(約300m)と非常に近く、
JR「京都」駅まで30分以内で行けるのは魅力的です。
また、京都市の中心部へ乗り換えなしでいけるのも嬉しいポイントだな、と。

JR線とうまく使い分けて利用すれば、
日々の暮らしをよりいっそう快適に支えてくれるのではないでしょうか。

※掲載写真はすべて2018年8月撮影
渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

関西在住のフリーライター。現在育児中。自身のマンション購入経験や、子育てママ目線・主婦目線も大切にしてレポート!「自分がココに住む!」つもりで取材し、リアルな情報をお届けします。

関連サイト

過去の記事

PAGE TOP