• 分譲マンション
  • 大阪府高槻市
  • 日本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド高槻宮野町」取材レポート

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

そのうちTOP > レ・ジェイド高槻宮野町 > 医療環境が整った街・高槻市。物件の徒歩圏内にも医療機関が点在!
2019年01月23日

医療環境が整った街・高槻市。物件の徒歩圏内にも医療機関が点在!

前回に続いて今回も、
【レ・ジェイド高槻宮野町】の生活環境をチェックしたいと思います。

今回は周辺の医療機関について。

ケガや病気は予測不可能なもの。
イザというとき慌てないために、“どこにどんな病院があるか”把握できていると安心です。
また、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、
予防接種や定期検診などで、頻繁に訪れることになる場所でもあります。

新しい住まいを検討する上で、ぜひ参考にしてみてくださいね!

徒歩3分の「第一東和会病院」は救急にも対応

【レ・ジェイド高槻宮野町】から北へ徒歩3分。
171号線沿いに立つ大きな病院が「第一東和会病院」です。

さまざまな科目を網羅しているだけでなく、24時間の救急にも対応。
最新機器の導入にも積極的で、このエリアに住む方にとっては非常に頼もしい存在になっているのだとか。

施設内には、2016年に開設された「検診センター」もあり、
特定健診や市民がん検診、人間ドックや脳ドックなどを受けることが可能。
“健診に行きたいけれど、なかなか時間が取れなくて・・・”という方でも、こんな身近な施設なら通いやすいですね。

 
▲小児科のほか、耳鼻いんこう科や眼科、皮膚科などが揃っているので、お子さんが不調の際も“ココへ行けば安心!”といえそうです。

 

第一東和会病院
診療科目:内科/循環器内科/消化器内科/血液内科/糖尿病・内分泌内科/
ペインクリニック内科/外科/消化器外科/整形外科/脳神経外科/
乳腺外科/形成外科/小児科/婦人科/女性泌尿器科/泌尿器科/
眼科/耳鼻いんこう科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/
特殊外来(呼吸器内科、神経内科、肝胆膵内科、リウマチ膠原病内科、
腫瘍内科、皮膚科、物忘れ外来、脳血管専門外来、胆石外来、
ヘルニア外来、肛門外来、禁煙外来)
受付時間:診療科によって異なる(日、祝、年末年始は休診)

かかりつけ医にできるクリニックも身近に!

周辺には、もっと気軽に受診できそうなクリニックも充実しています。

たとえば、内科の「かとうクリニック」。徒歩1分の至近距離にあります。
この近さなら、“ちょっと風邪気味…”という時などでもサッと受診しにいけそうですね。


▲地域のかかりつけ医を目指しているという親しみやすいクリニックです。

かとうクリニック
受付時間:午前9:00~12:30、午後16:30~19:00(火・木・土曜午後、日、祝は休診)

 

「長谷川産婦人科」へは、現地から徒歩4分。
コチラでは、更年期障害や不妊症の相談ができるほか、
がん検診や妊婦健診も行っているとのこと。


▲お子さんの予防接種も受け付けているんですって!我が家から近くて連れて行きやすいのは助かりますね。

長谷川産婦人科
受付時間:午前9:00~13:00、午後16:30~19:30(土曜午後、木、日、祝は休診)

高槻市は医療が充実したエリア

さてここまで、物件周辺の徒歩圏内に医療施設が充実していることを見てきましたが、
じつは、【レ・ジェイド高槻宮野町】のある高槻市自体が、医療環境が整った自治体でもあります。

高槻市内で働く医師の人員数は、人口10万人あたり399.63人
全国平均が233.85人なので、約1.7倍にもなることが分かります。(データは「日本医師会」地域医療情報システムによる)

大学病院などの専門医療を担う病院も充実しており、
自宅から遠くないエリア内で、手厚い医療が受けられる印象です。

 
▲阪急「高槻市」駅前にある「大阪医科大学附属病院」。昭和5年に開院した歴史ある病院で、診療科目も多岐にわたります。
当時、医学生の講堂として建てられた校舎は、有名な建築家・ヴォーリズの設計によるもので、現在は国登録有形文化財に指定されており、駅前のシンボル的存在になっていますよ。

大阪医科大学附属病院
診療科目:内科/精神科/神経内科/呼吸器内科/消化器内科/循環器内科/
小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/
心臓血管外科/皮膚科/泌尿器科/産科/婦人科/眼科/
耳鼻いんこう科/放射線科/麻酔科/リウマチ科/
リハビリテーション科/救急科/歯科口腔外科/歯科/病理診断科
受付時間:午前8:30~11:00(第2・4土曜、日、祝、6/1、年末年始は休診)、

 

また、先に紹介した「第一東和会病院」をはじめ、救急に対応している病院も多く、
救急搬送者の市内救急収容率はなんと98%(2016年実績)なんですって!

さらに市内には、病院が開いていない夜間や休日に応急診療をしてくれる
「高槻島本夜間休日応急診療所」があるのも安心だな~と。
小児科にも対応しているので、お子さんが急に発熱した場合などでも慌てずに済みそうですね。

 

※※※※※※※※※※※※

いかがでしたでしょうか?

【レ・ジェイド高槻宮野町】の周辺には、
ホームドクターにできそうなクリニックから、入院施設の整った大きな病院まで、
さまざまな医療施設が充実していることがわかりました。

全国的に小児科や産婦人科の減少が叫ばれている昨今ですが、
その点の心配が少なさそうなのも、子育て中のファミリーには嬉しいポイントではないでしょうか。
救急時の体制も整備されたエリアで、24時間安心して暮らせそうだなぁと感じました!

渡辺 ヨウコ

住宅ライター
渡辺 ヨウコ

関西在住のフリーライター。現在育児中。自身のマンション購入経験や、子育てママ目線・主婦目線も大切にしてレポート!「自分がココに住む!」つもりで取材し、リアルな情報をお届けします。

PAGE TOP