• 分譲マンション
  • 神奈川県横浜市
  • 日本エスコン

住宅ライターの「レ・ジェイド美しが丘」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > レ・ジェイド美しが丘 > 「あざみ野」駅からの徒歩ルートをレポート。フラットな道を歩いて、5分台でマンションに到着します
2019年06月28日

「あざみ野」駅からの徒歩ルートをレポート。フラットな道を歩いて、5分台でマンションに到着します

今回レポートするのは、マンション最寄駅の東急田園都市線・横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅から、「レ・ジェイド美しが丘」建設地への徒歩ルートです。

「あざみ野」駅から徒歩6分ということで、充分“駅近”といえるマンションだと思いますが、道の歩きやすさや安全性、マンションに着くまでに何があるかなどはぜひチェックしておきたいところ。

また、横浜の住宅地というと、坂が多いというイメージをお持ちの方も少なくないはず。こちらのマンションの場合はどうなのか、実際の所要時間も含めて、検証してみたいと思います。

こちらの記事をまとめると……

■「あざみ野」駅から、信号待ちの時間も含めた実測で、5分11秒でマンション建設地に到着
■急な坂のないフラットな道のりは、横浜の住宅地では評価ポイント。歩道が整っていて歩きやすく、人通りもある
■東急ストアも入る「etomo(エトモ)」やコンビニ、ドラッグストアなど、帰り道には買い物スポットもあり

2路線利用の「あざみ野」駅から、フラットな道を歩いて6分の道のり

まずは地図で「レ・ジェイド美しが丘」までの道を見てみましょう。
「あざみ野」駅からマンション建設地までは、下の地図で赤い点線の道のり。駅の西口から、信号を2か所渡ります。
公式サイトでは「フラットアプローチ」と記載されています。


▲マンション建設地は、東急田園都市線・横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅の西口から徒歩6分です。

「東急ストア」も入る駅直結の商業施設「etomo(エトモ)」があり、活気ある駅前

「あざみ野」駅は、東急田園都市線の急行停車駅。加えて横浜市営地下鉄ブルーラインの始発駅でもあり、2路線が利用できます。

そのため利用者も多く、東急田園都市線「二子玉川」駅~「中央林間」駅の間では、「溝の口」駅に次いで乗降人員が多い駅なのだとか。(※1)
平日の日中に訪れても、たくさんの人が駅構内を行き来している、活気のある駅です。


▲「あざみ野」駅。
2路線が乗り入れていますが駅構造はシンプルで、東急田園都市線はホームが2階、改札が1階部分にあります。
電車を降りてから駅の出口を出るまでの移動経路が短くて済むのは良いですね。

 

「あざみ野」駅には、駅直結の商業施設「etomo(エトモ)あざみ野」があり、「東急ストア」や、お惣菜などが買えるお店などが入っています。帰り道の買い物スポットとして、重宝しそう。

 
▲駅の西口を出たところから時間計測をスタート!

急な坂などのないフラットな道。途中、コンビニやドラッグストアもありました

「あざみ野」駅の西口を出たら、右へ。バスターミナルの屋根の下を歩いて行きます。


▲駅前の広い歩道を歩きます。
細かいですが、駅の庇(ひさし)とバスターミナルの屋根が繋がっており、屋根が歩道の端まで広くとられているのが良いなと思いました。
こうなっていると、バスに乗り降りする人だけではなく、歩道を通る人も雨に濡れないんですね。個人的にいろいろな街を歩いた経験からの主観ですが、他の私鉄に比べて、東急はこういうところに気が利いているな~と思います(笑)

 

バスターミナルの横を通り過ぎたら、「あざみ野駅北側」で歩道を渡ります。

 
▲駅前のロータリーを出て、歩道を進みます。街路樹の緑もあり、気持ちがいいな~と思いつつ歩きました。

 

こちらの歩道を進んでいくと、道路の右手にコンビニとクリーニング店、ドラッグストアを発見。
駅にあるスーパーに加えて、個人的にこの3つは駅とマンションとの間にあってほしい生活施設なので、高得点!

 
▲道沿いに、コンビニ「セブンイレブン 横浜あざみ野1丁目店(現地より約290m・徒歩4分)」と、クリーニング店の「ホワイト急便 あざみ野店(現地より約260m・徒歩4分)」があります。クリーニング店は定休日なしで、営業時間は9:00~20:00。

 


▲さらに進むと、ドラッグストアの「ヘルスケアセイジョー あざみ野店(約190m・徒歩3分)」も。こちらの営業時間は9:00~21:00です。
左手の先に、マンション建設用のクレーンも見えました。

 

「あざみ野駅入口」交差点まで来たら、道路を横断します。

先ほどの「セブンイレブン」があった辺りからこちらの交差点に向かって、道は緩やか~な下り坂になっているのですが、意識せずに歩けるくらい。ほぼフラットだといえそうです。


▲「あざみの駅入口」交差点。今回はこちらで30秒ほど信号待ちをしました。横断歩道を渡ったら左へ。

 

先ほどの交差点を曲がると、マンションはすぐ近く。マンション前の道も歩道が整っています。

 
▲こちらの道路は、緑地帯を挟んで片側2車線ずつの県道で、交通量や人の目はまずまずあります。
駅に近い場所には商業ビルが建ち並んでいましたが、ここまで来るとマンションも目立ち始めます。「あざみ野駅入口」交差点から90mほど歩くと、マンション建設地です。

駅の出口から5分11秒でマンションエントランス予定地に到着!

マンションのエントランス予定地付近でストップウォッチのタイムを見てみると……

 
▲マンションのエントランス前。東急バスの「牛込」バス停が目の前にあります。
計測結果は、信号待ちも含めて5分11秒でした。

 

試しに、帰り(マンションから駅へ)も時間を計測してみましたが、信号待ち時間の差もあり5分28秒という結果に。いずれも6分以内で歩けたので、“駅近立地”であることを実感できました。

 

「あざみ野」自体は横浜の住宅地らしく、場所によっては起伏や急な坂もある街なのですが、駅から「レ・ジェイド美しが丘」建設地の間は、全体にほぼフラットな道のようでした。

それに加えて、途中にはコンビニなどの商業施設があり、車通りや人通りが適度にあったのも良いと思いました。
駅前は賑やかですが、マンションに近づくにつれて住宅中心の落ち着いた雰囲気になります。また、途中にパチンコ店やカラオケ店などもなく、気持ち良く歩けそうな道だと感じました。

※1:東急電鉄「2018年度乗降人員 田園都市線(2018年度)」より
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP