• 分譲マンション
  • 名古屋市南区
  • 大京

住宅ライターの「ライオンズ新瑞橋グランゲート」取材レポート

森野 史江

住宅ライター
森野 史江

そのうちTOP > ライオンズ新瑞橋グランゲート > 【第18回】予約制の『棟内モデルルーム』見学で、ゆとりに満ちた暮らし空間をチェックしました!
2017年02月25日

【第18回】予約制の『棟内モデルルーム』見学で、ゆとりに満ちた暮らし空間をチェックしました!

【ライオンズ新瑞橋グランゲート】では、現在、「建物完成内覧会」を開催中。
さらに現在、予約制で『棟内モデルルーム』も公開されています。
モデルルーム住戸は、間取り図で確認する以上の開放感があり、
晴れた日の抜けるような眺望にも驚かされました!

さっそく『共用部分』とともに、新しい『モデルルーム』の見どころをご紹介します。
※以下、ライオンズ新瑞橋グランゲート現地・・・・・2017年1月28日撮影。
※現地9階のB-Gタイプより南東方向を望む。※眺望等は階数・各住戸により異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。

『棟内モデルルーム』は、ホームパーティーが楽しくなりそうな4LDK

さっそく『棟内モデルルーム』を見学させていただきました!


▲住戸タイプは、B-Gタイプ。92.06㎡の4LDKです。
可動式間仕切りや襖で部屋を仕切ることのできる4LDKのプランは、
個室にしたり、広々としたLDにしたりと、ライフスタイルの変化に合わせて使いこなせるのが特長です。
※図面と現況が異なる場合は、現況を優先します。


 
▲モデルルームで真っ先に感動したのが、LDのガラス越しに広がるリゾートホテルのようなバルコニー。
木目調のノンスリップシート(標準仕様!)があしらわれていて、
窓を開け放てば、LDKとバルコニーのつながりを感じられ、開放感たっぷり。
外にテーブルセットを置いてブランチを楽しむのも素敵です。
※以下すべて【ライオンズ新瑞橋グランゲート】B-Gタイプモデルルーム。一部オプション仕様(有償)が含まれている他、家具・備品等に関しては配置例を示したもので販売価格には含まれません。
※現地9階のモデルルームより南東方向を望む。※眺望等は階数・各住戸により異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。


▲バルコニーの天井にはツル性の植物を育てるのに役立つ「グリーンカーテン用フック」があるので、
夏の涼対策、そしてゴーヤやパッションフルーツを育てて収穫の楽しみを味わうのもいいですね!


▲モデルルームでは、約15.1畳のリビング・ダイニングと約5.6畳の洋室を仕切る「可動式間仕切り」を
フルオープンにし、20畳以上の大空間として提案されています。
子どもが小さなうち、また独立した後は、夫婦2人でこんな風にのびのび使うのもいいですね!

 
▲イタリア製の6人掛けダイニングテーブルを置いてもこのゆとり。友人を招いて楽しく過ごせそうです。
洋室の可動式間仕切りは、このように壁にぴったりと納まるので見た目もすっきり。

 
▲料理シーンを華やかに引き立ててくれる、艶やかな御影石天板をあしらったキッチンが標準仕様に。
背面にはデッドスペースを有効活用した、ライオンズマンションオリジナル収納の「アレンジシェルフ」があり、食品ストックや食器をスマートに収納できるのも気が利いていますよね。
※天然素材については、個々に色調、質感等が異なります。

 
▲LDKと一体化して使うこともできる、落ち着いた和室。押し入れは布団がすっぽり収まるサイズです。
キッチンの横に和室があるので、料理をしながら、お昼寝をするお子様に目が届きやすいのがポイント。
遠方から訪れる親のゲストルームとしても使える和室は、実は子育て世代にとって重宝する空間です。

見た目すっきり、扉を開けると大容量の収納スペースが随所に

さて、LDK以外もチェックしてみましょう。
注目すべきは、その収納力!
B-Gタイプはシューズインクローク、ウォークインクロゼット、マルチストッカーという
たっぷり収納を3か所に備えているのです。


▲B-Gタイプは、人気の「横入り玄関」のプラン。ドアを開けると正面が壁になるので、
生活空間が丸見えにならず、家族のプライバシーが保てます。

 
▲玄関は家の顔にふさわしく、折り上げ天井が格調の高さを感じさせます。
シューズボックスのない玄関は、こんなにもすっきりした印象になるんですね!
住戸内から見て、正面にある扉は「シューズインクローク」。家族分の靴やロングブーツもしっかり納まります。
天井には、臭いの軽減に役立つ「ナノイー発生器」を標準装備しているのもポイント。
※ナノイー発生器はパナソニック株式会社の商標です。

 
▲こちらは、主寝室として演出された約7.0畳の洋室(1)。ベッドを2台置いてもゆとりを感じられました。
「ウォークインクロゼット」はポールが2段になり、シャツやジャケット類を上段・下段に分けて収納可能。
「お洋服を買うのはここに入る分まで!」と決めれば、衝動買いも防げそうです(笑)。

 
▲【ライオンズ新瑞橋グランゲート】の洗面室には、
洗濯機上を活用したオリジナル収納「ランドリーキューブ」を採用。
通常の吊戸棚よりも奥行きが深くなっていて、洗剤・柔軟剤・漂白剤を多数ストックできます。
角形のピンチハンガーが2つ納まるスペースがあるのも、主婦目線が活かされていますよね。

さらに洗濯機置き場には、天井高まである「リネン庫」がありました。
奥行きが浅めで、タオルやシャンプーなどのバスアイテムがさっと取り出せます。
ちょっぴりこだわったふわふわのタオルを置いておけば、ホテルステイの気分が味わえそう!

 
▲トイレの収納も、開けてぜひチェックしてください。
オリジナル収納「トレッタキャビ」(写真左)は、トイレットペーパー12ロールを袋ごと収納できる上、
便座に腰かけながらトイレットペーパーが取り出せるポケット付きです!

もうひとつ、見落としがちなのが「マルチストッカー」(写真右)の存在。
こちらには新聞古紙に掃除道具、暖房器具などの季節用品、ゴルフバッグまでパパッとしまえるので、
片付けがちょっぴり苦手な方のお助けスペースに。
急な来客時にも役立ってくれそうですね。

永く利用できる、シンプルで実用的な共用施設に注目!


▲【ライオンズ新瑞橋グランゲート】をグランドエントランスから見上げてみました。
立体的で質感豊かなデザイン、そして共用廊下側にもガラス手すりが贅沢にあしらわれていて、
気品あふれる雰囲気です。

それでは、前回の記事でご紹介できなかった、2つの共用施設をご紹介しましょう。
 
▲アイランドキッチンとテラスを備えた『パーティールーム』は、光が差し込む明るいスペース。
友人宅のLDKのようなアットホームなしつらえになっていて、ホッと落ち着きます。
料理を持ち寄って子どものお誕生会や友達とのランチ会を開いたり、プチレッスンの場にもぴったり。
利用料は2時間500円(予約制)。気楽に、実用的に使えるスペースです。
※共用部分の使用条件・使用料等は管理規約によります。


▲ラウンジの横にある『プライベート・ラボ』の部屋をのぞいてみました。
L字型のカウンターを備えた扉のないブースが3つあり、Wi-Fiも利用可能。
ノートパソコンや資料を広げて静かに作業ができるので、
仕事や資格の勉強など、家族から少し離れて集中したい時に重宝します(予約制)。
※共用部分の使用条件・使用料等は管理規約によります。


▲共用廊下からはこの眺め! 
名古屋駅のビル群まで望むことができ、きらめく夜景が心を癒してくれそう。
南西方向には、雪化粧をした山並みも眺められ、気分爽快です。
※現地9階の廊下より北西方向を望む。※眺望等は階数により異なり、周辺環境・眺望は将来変わる場合があります。

================================================

いかがでしたか? 

【ライオンズ新瑞橋グランゲート】の共用部分と、各住戸には
暮らしを豊かにする上質仕様がさりげなく盛り込まれていることが分かります。
「10年、20年後、そして次の世代にも住み継げる邸宅を」というプロジェクトの想いを
改めて体感することができました。

【ライオンズ新瑞橋グランゲート】は2月24日から入居が開始し、いよいよ新生活がスタートします。
棟内モデルルームや建物内の見学を希望される方は、マンションギャラリーまで気軽にご予約くださいね。

さて6月からスタートしたこのブログレポートも、今回で最終回となります。
お付き合いいただき、ありがとうございました!

森野 史江

住宅ライター
森野 史江

宅地建物取引士。不動産会社のマンション販売職、生活情報紙の編集職を経てライターに転身。家・クルマ・街ネタ・グルメ・金融など生活にかかわるアレコレを取材してきた経験を生かし、物件の特色と暮らしをしっかりレポートします。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP