• 分譲マンション
  • 名古屋市南区
  • 大京

住宅ライターの「ライオンズ新瑞橋グランゲート」取材レポート

森野 史江

住宅ライター
森野 史江

そのうちTOP > ライオンズ新瑞橋グランゲート > 【第9回】10/28(金)『イオンモール新瑞橋』がリニューアル!一足お先に魅力を紹介します
2016年10月08日

【第9回】10/28(金)『イオンモール新瑞橋』がリニューアル!一足お先に魅力を紹介します

ショッピングモールというと、週末のお出かけというイメージがありますが、
【ライオンズ新瑞橋グランゲート】から『イオンモール新瑞橋』までは徒歩7分。
毎日、お散歩気分で気軽に利用できるのがうれしいですね。

『イオンモール新瑞橋』は2010年のオープンから6年を迎え、現在リニューアルの真っ最中。
7月、9月に行われた第1弾・第2弾リニューアルを経て
いよいよ10月28日(金)10:00にグランドオープンします!
 
そこで今回は、イオンモール専門店街の約5割が生まれ変わるという、
リニューアルの全貌を取材してきました。
さてさて、どんな新ショップがお目見えするのでしょうか?

※以下すべて、イオンモール新瑞橋・・・現地より徒歩7分(520m)/2016年9月26日撮影。
(イオンモール専門店営業時間/10:00~22:00 ※一部店舗により異なります。イオンの売り場、レストラン街・フードコートの開店時間・オーダーストップは店舗によって異なります。)

お客様の要望に応えて、ご近所の方に“ちょうど良いイオンモール”へ

★DSC_0277

オープンして今年で6年目を迎える『イオンモール新瑞橋』にとって、
専門店街の大規模リニューアルは初。さっそく、その特徴をお伺いしました。

「今回のリニューアルで目指すのは“近隣に住まうお客様にとって、ちょうど良いイオンモール”です。
お客様からのご要望を参考にしながら、新瑞橋に合致した店舗に入店いただけるように、交渉をしてまいりました。
その一つが今回初登場となるペットショップです」
(イオンモール新瑞橋 津田さん)

★DSC_0310
▲「ペットショップ ワンラブ」は3階吹き抜けの横という目立つ場所にオープン(取材時は工事中)。
約5店舗分・400平米の広さがあり、トリミングコーナーやペットのクリニックなども備える予定だそう。
愛犬家・愛猫家の行きつけとして、また買い物途中の癒しスポットにもなりそうです。
※店舗予定スペースを撮影。

もうひとつ、中学・高校の多い新瑞橋エリアのニーズをくみ取って「スポーツ用品店」も新登場!

★★DSC_0304
▲2階に登場する「ヒマラヤ」は約700平米という大空間。スポーツウェアやランニング用品はもちろん、
野球、サッカー、テニス用品といった品ぞろえが充実し、部活動で必要なアイテムを近場で揃えることができます。
※店舗予定スペースを撮影。

★DSC_0298
▲ファッションの目玉として「GU」がオープン。店内でもひときわ鮮やかな看板が目を引きます。
3階にある「ユニクロ」のちょうど真下の2階にオープンするので、2店をはしごするのもラクラク。
トレンドファッションがリーズナブルに楽しめて、学生や若いママ・キッズたちの注目を集めそうですね。
※店舗予定スペースを撮影。

このように目玉となる大型店のほかにも、
東海初出店4店舗、愛知県初出店2店舗を含む28店舗がお目見えするなど、
既存店を含めると58店舗がリニューアル&ニューオープンします。

「近くにあったら便利なお店・サービス」を集め、
さらに新瑞橋エリアに根差すために実施される今回のリニューアル。
「大きなコンビニのような存在として、親しんでほしいですね」と津田さんは笑顔で話します。

気になるグルメも充実。1階に「KOMOREBIマーケット」が登場

★komorebi
▲1階のフードマーケットに5店舗加わり、「KOMOREBIマーケット」としてリニューアル。
テイクアウトグルメやスイーツのお店が中心となり、その場でいただけるスペースも用意されます。
小腹がすいたときに、重宝しそうですよね。
※「KOMOREBIマーケット」完成予想図。実際のものとは多少異なります。出典:イオンモール新瑞橋ニュースリリース(2016年9月27日発表)。

★DSC_0283 ★DSC_0288
▲東海初出店となる「デコすし」は、9月のリニューアルで登場し、早くも情報番組で紹介されました。
和洋の食材を載せたいなりずしはとても華やかで、ランチやおやつにもぴったりです。
10月にはハロウィンにちなんだ新メニューも登場するそうなので、こまめにチェックを!

「デコすし」のお隣には、「わくわく広場」が10月28日(金)にオープンします。
農家が育てた産地直送の野菜や果物、その土地ならではのこだわり調味料などが並び、
“産地直売所”や“マルシェ”のような雰囲気に。
旬が分かるラインナップなので、親子で食育を兼ねてのぞいてみるのもよさそうです。

★★DSC_0267
▲2階にあった「無印良品」は、1階に移転し、店舗面積を約1.2倍に拡大。
家具、ステーショナリー、インナーはもちろんのこと、お隣の「KOMOREBIマーケット」と連動して、
食のラインナップが充実する予定です。お菓子やレトルト品など、新たなおいしい!に出会えそう。
※店舗予定スペースを撮影。

★DSC_0335 ★★DSC_0323
▲3階にあるフードコートには、9月から中華の「東京餃子軒」と丼の「和吉」が加わりました。
平日の昼間でも老若男女のお客様が集まっていて、
まちのレストランとして親しまれていることがよく分かりました。

2階のキッズゾーンをはじめ、地域のコミュニティが生まれる場所に!

★oyakonomi
▲子どもたちが遊ぶスペースとして、3階のフードコートの横に「つぼみひろば」がありますが、
今回のリニューアルで、2階に新たなプレイスペース「おやこの実」が誕生します。
簡単なおもちゃや、見守る大人が腰かけるベンチがあるほか、
「南区役所の子育て情報などを発信する場にしたい」とも考えているそうです。
※「おやこの実」完成予想図。実際のものとは多少異なります。出典:イオンモール新瑞橋ニュースリリース(2016年9月27日発表)。

実は『イオンモール新瑞橋』では、南区役所との連携を密に行っていて、
吹抜けの下の広場では、区役所主催のイベントなどを多く開催しています。

また4年前からは、海の日に屋上駐車場を開放して「盆踊り」を開催!
「『名古屋みなと祭花火大会』の花火を眺めながら盆踊りを楽しめるとあって、年々認知度が上がっています。
南区の女性会など地域の方が参加して盛り上げてくれるのもありがたいですね」(津田さん)

買い物に加えて、コミュニティの場としても活用できる。
これは、新たに転居してきた住民にとっても心強いと思いました。

いかがでしたか?
『イオンモール新瑞橋』の新たな魅力がお分かりいただけたでしょうか?

【ライオンズ新瑞橋グランゲート】マンションギャラリーの帰りに訪れて、
新しくなったお店やグルメをぜひチェックしてみてくださいね。
10月28日(金)のリニューアル当日には、
オープニングセレモニーも予定されています!お楽しみに。

さて次回は、充実した共用施設の魅力についてクローズアップします。

■次回更新予定日・・・・・10月22日(土)

森野 史江

住宅ライター
森野 史江

宅地建物取引士。不動産会社のマンション販売職、生活情報紙の編集職を経てライターに転身。家・クルマ・街ネタ・グルメ・金融など生活にかかわるアレコレを取材してきた経験を生かし、物件の特色と暮らしをしっかりレポートします。

PAGE TOP