• 分譲マンション
  • 名古屋市南区
  • 大京

住宅ライターの「ライオンズ新瑞橋グランゲート」取材レポート

森野 史江

住宅ライター
森野 史江

そのうちTOP > ライオンズ新瑞橋グランゲート > 【第7回】モデルルームレポート:「水回り・収納・セキュリティ」。家事がラクになるオリジナル商品にも注目!
2016年09月10日

【第7回】モデルルームレポート:「水回り・収納・セキュリティ」。家事がラクになるオリジナル商品にも注目!

ライオンズマンションの設備には、数々の“オリジナル商品”があることをご存じですか?
これは、女性中心のチーム「Lions Living Labo(ライオンズリビングラボ)」が
オーナーや女性モニターの声をもとに、メーカーとタッグを組んで開発を進めているもの。
2007年に誕生した「L’s KITCHEN」から始まり、オリジナル商品は年々増加・進化しています。

【ライオンズ新瑞橋グランゲート】にも、「Lions Living Labo」で開発された商品を随所に採用!
料理の手順を考えてつくられたキッチンや、しまうモノや場所に合わせた収納など、
「ちょっとした場所に、ちょっとした工夫」を施した仕様が満載です。
さっそく、モデルルームでチェックしてみましょう!

※掲載の写真はマンションギャラリー内のモデルルーム[A−Iタイプ(ラグジュアリープラン仕様)]を撮影したもので、標準仕様とは異なります。また、一部オプション仕様(有料)が含まれている他、家具・備品等に関しては配置例を示したもので販売価格には含まれません。※詳しくは係員におたずねください。

①水回り:さりげなく気が利いている!キッチンと洗面化粧台

★DSC_4364 ★DSC_4370
▲【ライオンズ新瑞橋グランゲート】のA-Iタイプモデルルームは、調理効率のよいL字型キッチンです。
少しクローズドなタイプですが、コーナー窓があって明るく、調理スペースもたっぷり確保されています。

さて、今回採用された「L’s KITCHEN Pallete」は、キッチンに立つ方の視点で考えられた
「L’s KITCHEN」の進化版ということですが、どんなワザが隠れているのでしょうか?

★DSC_4376
▲「L’s KITCHEN Pallete」は、シンクの中で調理ができる「ユーティリティシンクE」が
標準装備されたのがポイント!
上段に「水切りプレート」、中段に「オリジナルまな板」を設置して使えます。
水切りプレートは、洗った野菜や食器の水切りに便利。
シンク上にまな板を置けば、水を流しながら魚をさばくこともできます。キッチンを清潔に保つことができますね。
※その他の専用プレート等は、オプションになります。

★DSC_4377 DSC_4295
▲シンク回りを見てみましょう。
「LIL(リル)カウンター」は、サッと引き出すだけで作業台として使える優れもの。盛り付け用のお皿を置くのに便利です。
シンク前のデッドスペースには、包丁を数本しまえる「LIL(リル)ポケット」を発見。ロック機能付きなので、小さなお子様がいても安心です。

このほかにも、時短家事に役立つ「ディスポーザー」と「食器洗浄乾燥機」が標準仕様。
さらに通常タイプでは、キッチンの天板を天然の「御影石」で仕上げています。これも標準仕様!
御影石は艶やかで傷がつきにくく、何よりラグジュアリーな重厚感をもたらしてくれるのがうれしいですね。


つづいて、収納力を確かめてみましょう。
DSC_4383 DSC_4388

DSC_4391 DSC_4392
▲スライド式の収納を引き出すと、想像を超える量の調理器具や食品ストックがずらり!
スライド式だから奥のスペースまで有効に使えて、モノを取り出すのがラクラク。
ビールのロング缶はもちろん、1ケース丸ごと納まるから、まとめ買いも心おきなくできます。
筆者が驚いたのは、コンロ下の引き出し。上の段は深めのパスタ鍋がすっぽり入り、
下段は「カセットコンロと土鍋」を重ねても入る余裕の深さ!これなら、毎日お鍋でも気楽です(笑)。


次にチェックしたのは、毎日のキレイをつくる洗面化粧台、その名も「キレイドレッサー」です。
★洗面 ★DSC_4349 ★DSC_4356
▲キレイづくりの秘密の一つは、「キレイライト」。
3つのライトで「昼間・オフィス・レストラン」という3つのシーンをつくり出し、
それに合わせた光源を演出してくれます。
メイクアップアーティストのアドバイスが活かされているだけあって、メイク時間が楽しくなりそうです。
また、洗面ボウルの前のポケットやトレイは、仕切りが多くて、細かなアイテムをすっきりと整頓できます。
「あのリップはどこ?」などと慌てず、忙しい朝もスマートに身支度できそうですね。

②収納:「ほしい場所・ほしいサイズ」の収納があり、片付けがスムーズ

大きな納戸がひとつあるよりも、用途に合わせた収納が適材適所にあった方が、
片付けは断然スムーズになるもの。
【ライオンズ新瑞橋グランゲート】には、ほしい場所にほしいサイズの「収納」が備わっています。
マンションで広く賢く住まうためのオリジナル収納を紹介しましょう。

★DSC_4324 ★DSC_4327 ★DSC_4325
▲廊下にある収納は、掃除道具やアイロン、新聞紙など、生活必需品をしまう場所。
うまく納まらずデッドスペースが生まれがちなのですが、オリジナル収納「アレンジシェルフ」なら…?
棚板が前後2枚に分かれているので、しまうモノのサイズに合わせて、ムダなく奥まで使えます。
掃除機もこのようにすっぽり。床との段差が少ないので、重いものもそのまま引き出せます。
扉の内側にはフックがあり、モップ類が埋もれてしまうこともありません。


★★DSC_4342 ★DSC_4346
▲洗面室には、洗濯機上のデッドスペースを活用したオリジナル収納「ランドリーキューブ」を採用。
通常の吊戸棚よりも奥行きが深くなっていて、洗剤・柔軟剤・漂白剤を多数ストックできます。
横にはあえて扉を設けずに、角形のピンチハンガーが2つ納まるのもポイント!

ちなみに戸棚下にある「ハンガーパイプ」はバスマット干しだそうですが、
この場所で、干すのに時間のかかる靴下や下着類をピンチハンガーに干しておけば、
あとはバルコニーに運んで吊るすだけ。夏や冬場のつらい洗濯も、快適に済ませられそうですよ!


★DSC_4322 ★DSC_4317
▲【ライオンズ新瑞橋グランゲート】では、トイレにもオリジナル収納「トレッタキャビ」を採用しています。
12ロールを袋ごと収納できる上、便座に腰かけながらトイレットペーパーが取り出せるポケット付き!
意外な盲点だったトイレ収納にも、住まい手のリアルな声が活かされていることが分かります。

キッチン・洗面室・トイレといった水回り空間は、広さが限られているため、
機能的に考えられた収納があると、住み心地が格段にアップします。
モデルルームでは、扉をただ開けるだけでなく、しまってあるモノや形にも着目してくださいね。

③セキュリティ:4重で見守る「DAIKYOクワッドロックシステム」など、マンションギャラリーならではの展示も見逃さずに!

マンションギャラリーは、設備や仕様をまとめて見学できるのがメリットです。
例えばモデルルームの前には、【ライオンズ新瑞橋グランゲート】の4重のセキュリティシステム
「DAIKYOクワッドロックシステム」が一目で分かる展示が置かれています。

★DSC_4418

★DSC_4432 ★DSC_4431
▲セキュリティシステムを4つのステップで紹介するコーナー。
エントランスにあるカメラ付きオートロックシステムは、ハンズフリーの「ラクセスキー」をバッグの中に入れておけばドアが開きます。荷物で両手がふさがっていても大丈夫。
さらに1階共用廊下にも「セキュリティドア」があり、同じくラクセスキーを持っている人だけ通過できます。
運よくエントランスを通過した不審者を、新たな扉で制止できる“多重のセキュリティ”が心強いと感じました。

————————————————————————————————————————————————————
いかがでしたか?
オリジナル水回り設備や収納の魅力がお分かりいただけたでしょうか?
マンション仕様の商品をメーカーと共同開発できるのは、
数多くのオーナーの声を集約できるライオンズマンションの強みともいえますね。

現在【ライオンズ新瑞橋グランゲート】のマンションギャラリーでは、
エコガラスの性能が体感できる装置など、新たな展示がお目見えしています。
ご予約の上、隅々まで見学して、マンションの性能を確かめてみてくださいね。

次回は、マンションギャラリーの訪問が楽しくなるおすすめのお店をピックアップするので、お楽しみに。

■次回更新予定日・・・・・9月24日(土)

森野 史江

住宅ライター
森野 史江

宅地建物取引士。不動産会社のマンション販売職、生活情報紙の編集職を経てライターに転身。家・クルマ・街ネタ・グルメ・金融など生活にかかわるアレコレを取材してきた経験を生かし、物件の特色と暮らしをしっかりレポートします。

PAGE TOP