• 分譲マンション
  • 静岡県菊川市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルステーション菊川」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルステーション菊川 > エンブルステーション菊川、契約者に選ばれる魅力のポイントまとめ
2017年05月30日

エンブルステーション菊川、契約者に選ばれる魅力のポイントまとめ

昨年6月から【エンブルステーション菊川】の物件や住環境の魅力について
住宅ライターの視点でレポートしてきた当ブログの更新も、今回が最終回となりました。

そこで今回は、すでに現地での新生活をスタートしている契約者の皆さんから
【エンブルステーション菊川】が選ばれた理由~魅力のまとめ~について、総括的にご紹介したいと思います。
※以下すべて、掲載写真はエンブルステーション菊川現地の様子・・・・・・2017年4月撮影。

魅力① 将来の『菊川』駅周辺の発展性への期待感!

実は、契約者の皆さんの中で最も多く「ここが魅力!」という意見が聞かれたのが、
『将来の菊川駅の発展性への期待感』でした。


▲こちらはJR『菊川』駅。『菊川』駅は新幹線停車駅であるお隣の『掛川』駅から1駅・5分。
静岡の玄関口『静岡』駅まで9駅・直通38分、『浜松』駅まで7駅・直通31分となっており、
静岡県内の主要都市へのアクセスがスムーズに行える交通環境が特徴となっています。

※JR菊川駅ロータリー・・・・・・現地より徒歩7分(約560m)/2016年9月撮影。

現在、『菊川』駅の改札口は南側にしか設置されていないため、
駅北側に位置する【エンブルステーション菊川】現地までの所要時間は、
駅近立地ながら徒歩7分となるのですが、
以前から菊川市議会では『菊川駅北口の新設』についてたびたび議題に挙がっており、
将来的な『北口エリアの開発計画』に地元の方たちの期待が集まっているのです。


▲もちろん『北口の新設』については、
“地元住民の皆さんからの強い要望”という段階であり、現時点で確定しているものではありません。
しかし、【エンブルステーション菊川】のエントランス周辺を見ると、写真のような広大な空地が・・・
これらの空地は“菊川市が所有する土地”となっているため、
今後“何らかの形”で『菊川』駅北口エリアの発展のために活用されるのではないかと期待が膨らんでいます。


こうした“将来の街並みへの期待感”が、契約者の皆さんの住まい選びを後押ししているようです。

魅力② 広くゆったり暮らせるワイドなプラン!

2つめの魅力に挙げられるのは、ヨシコンのエンブルシリーズこだわりでもある『ワイドスパンの空間設計』。


▲こちらは現地9階にあるAタイプモデルルームのリビング・ダイニングですが、
一般的なマンションの場合、南側の間口は約7.0m前後であることが多いのに対し、
こちらのAタイプは平均よりも約2.0m以上も広い、9.4mの間口を確保したワイドスパン設計。
間口を広くすることで、日当たりの良い南側バルコニーに面した居室の数を増やせますから、
“明るさ・風通しの良さ・心地良い開放感”を実感できる生活ステージが完成します。



▲また、敷地の南側は広大な平面式駐車場が広がっているため、
バルコニーからの視界を遮るような大きな建物は周辺に見当たりません。
JR『菊川』駅のホームやロータリー、『菊川市役所』方面まで、
菊川中心街をぐるりと見渡せる迫力の眺望をどの住戸からも満喫できます。

※将来に渡って写真の眺望を保証するものではありません。

通常“駅前立地”というと、街並みがゴチャゴチャしてるイメージを持ちますが、
「駅からすぐ近く」なのに「見晴らしの良いワイドな住空間」が保たれているという点は、
実際に建物内モデルルームを見学した皆さんからも好評となっているそうですよ!

魅力③ 低コスト化により魅力的な価格が実現!

そして、3つめの魅力として注目したいのは『価格』です。

住まい選びの条件の中で、どうしても融通が利きにくいのは『予算=価格』ですが、
近年は地価の上昇や人件費の拡大、建設資材の高騰などが影響し、
全国的にマンションの分譲価格の値上がりが続いていることは、おそらく皆さんもご存知でしょう。


▲しかし【エンブルステーション菊川】の場合は、地価の上昇や人件費・資材費といった
建設コストの高騰が叫ばれるよりももっと前の段階でマンション建設用地を取得することができ、
具体的な企画・計画を早めに進めることができたため、
現在の分譲マンションの価格相場よりも検討しやすい“適正に近い本来の価格帯”で販売されているのだとか。


住まい選びの重要な3条件である『立地・広さ・価格』の魅力をしっかり満たしている
バランスの取れた物件だということを納得した上で、多くの契約者の方が購入を決断されたようです。

何より『菊川』で暮らす人たちの穏やかな人柄も魅力!

いかがでしたか?
【エンブルステーション菊川】の魅力のポイントをまとめてご紹介しましたが、
実際に筆者もこの1年間、毎月欠かさず『菊川』へ取材に訪れ、改めて実感したのは、
『ここで暮らしている人たちの“人が良い”』ということ。

お祭りに参加すれば、まるで昔からの顔見知りのように招き入れて下さったり、
グルメの取材にお邪魔すれば、菊川の街の良さを思う存分語って下さったり、
道に迷って困っていたら、丁寧に案内をして下さったりと、
菊川で出会った方たちは“気の良いステキな人たち”ばかりでした。

菊川の穏やかな住環境が良い人を作っているのか・・・
人が良いからこそ、菊川の住環境に魅力を感じられるのか・・・

この答えについては、ぜひ皆さんご自身で菊川の街を訪れ、
見つけていただきたいと思います。

読者の皆様、長らく【エンブルステーション菊川】のブログレポートにお付き合いいただき、
本当にありがとうございました!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP