• 分譲マンション
  • 静岡県菊川市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルステーション菊川」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルステーション菊川 > エンブルステーション菊川竣工レポート①建物の見どころをご紹介します!
2017年04月27日

エンブルステーション菊川竣工レポート①建物の見どころをご紹介します!

【エンブルステーション菊川】は、先月建物が竣工。
契約者の方への引渡しも完了し、現地建物内で入居者の皆さんの新生活がスタートしています。

マンションという大きな買い物をする上で、
“契約前に実際の建物を確認できる”というのはとても心強いもの。

そこで今回は、竣工した【エンブルステーション菊川】の実際の建物の見どころを写真でご紹介します!
※以下すべてエンブルステーション菊川現地・・・・・・2017年4月撮影。

敷地内には、来客用2台+全邸分の平置き駐車場が用意されています!


▲【エンブルステーション菊川】の現地に到着すると真っ先に目を惹くのは、
敷地の南側に広がるゆったりとした駐車スペース。
全45邸分の駐車場がすべて平置きで用意されているため、
車高が気になるファミリーワゴンやRV車でも、駐車場のサイズを気にせず駐車することが可能です。


ちなみに、近年中古マンションで問題になっているのが、機械式駐車場の存在。

機械式の場合はどうしてもメンテナンスコストがかかるため、
経年と共に管理費や修繕費を圧迫してしまうこともあり、
管理組合から“機械式駐車場を解体したい”という要望が出るケースが増えているのだとか。

こうした将来のメンテナンスコストのことを考えても、
手間のかかりにくい平置き駐車場なら維持・管理の上で安心できますね!


▲また、建物南側に広い駐車場スペースを確保することで、
各住戸のバルコニー側の眺望が開けるといううれしいメリットも!
目の前には視界を遮るような建物が見当たらないため、
長く将来に渡って“明るさと開放感たっぷりの眺望”を満喫できると考えられます。

※ただし、眺望に変化が起こらないことを保証するものではありません。


▲こちらは駐車場のすぐお隣にある自転車・バイク置き場。
最近はロードレースブームで高価な自転車を所有している方も増えていますが、
建物1階の屋根付きスペースになっていますから、これなら大切な愛車を雨風にさらさずに済みますね!
駐輪場使用料は1台あたり月額100円、バイク置場(小型7台分)は1台あたり月額500円です。

いま注目の宅配ボックスには冷蔵機能付き!



 
▲こちらは建物東側に位置するエントランスの風景。
シンボルツリーのヤマボウシをはじめ、エントランスに彩を添えてくれる植栽も丁寧に植えられています。
これから新緑の芽吹きを過ぎて梅雨を迎える時期になると、さらに生き生きとグリーンが成長するでしょう。
建物外壁に使われているネイビーブルーのアクセントカラーは、爽やかながらも重厚感があってとてもステキですね!


  
▲エントランスのドアを開けると最初に目に飛び込んでくるのはオートロックの操作盤。
ここでは、先進の非接触型キーに対応した『キーレスエントリー』が可能となっているため、
お買い物帰りなど両手が荷物でいっぱいのときでも、
カギ穴にカギをガチャガチャと差し込むわずらわしさが無く、さっとかざすだけでオートロックを解除できます。
ちなみに、非接触型キーは電池交換不要なので、メンテナンスの必要もありません。


 
▲オートロックを解除して館内に入ると、右手に見えるのがメールコーナー。
最近のニュースでは『宅配ボックスの必要性』について世間の注目が集まっていますが、
【エンブルステーション菊川】の宅配ボックスは、冷蔵対応ボックスも併設した多機能タイプ。
そのため、ネットスーパーで購入した食材の受け取りもスムーズに行えます。
もはや宅配ボックスは、“現代生活に欠かせない必需品”のひとつですね!




 
▲エントランスの先に広がるのはゆったりとしたエントランスホール。
現在は、入居者のみなさんの引越し対応のために張られたブルーの養生幕が目立ちますが、
実際にはホワイト×ダークグレーのモノトーンに木目の色調が加わったモダンな空間になっています。
今後はここでお客様との待ち合わせなどができるよう、ソファ&テーブルが設置される予定です。
また、エレベーターには内部の様子を確認できる大型モニターが取り付けられているほか、
地震・火災の際に乗客の閉じ込めを防ぐ『管制機能付きエレベーター』が採用されています。

現在、建物内9階住戸モデルルームを公開中!

 
▲こうして、エレベーターでモデルルームのある9階まで上がると、
共用廊下側からこんなゆったりとした風景を眺めることができました!
のどかな住宅街が広がる敷地北側の街並みですが、広大な空地区画が連なっているスペースには、
今後の“菊川駅北側エリア”の街並み開発への期待感が感じられます。


 
▲さて、次回レポートは9階『建物内モデルルーム』の見どころをご紹介します。
菊川市街をぐるりと一望する豊かな眺望とワイドな住空間は必見!
「次のレポートまで待ちきれない」という方は、
エンブルステーション菊川販売センター:0120-445-155へ問い合わせの上、見学に訪れてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP