• 分譲マンション
  • 静岡県菊川市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルステーション菊川」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルステーション菊川 > 菊川『黒田家代官屋敷 梅祭り』3月5日まで開催中!
2017年02月28日

菊川『黒田家代官屋敷 梅祭り』3月5日まで開催中!

今年は立春を過ぎても寒く冷え込んだ日が多かったため、
例年よりも梅の開花が遅れていると言われていましたが、
菊川市下平川にある梅の名所『黒田家代官屋敷』では、いよいよ梅の開花がクライマックスを迎えています。

そこで今回は、菊川の歴史を感じることができる早春の散策スポット、
『黒田家代官屋敷』の恒例梅祭りの様子についてご紹介します。
※以下すべて、黒田家代官屋敷・・・・・・現地より車で約20分(約9km)/2017年2月撮影。

13種類・約180本の梅が咲き誇る、国の重要文化財『黒田家代官屋敷』

 


▲菊川市を代表する観光名所のひとつとして知られている『黒田家代官屋敷』。
黒田家はもともと武家の出で、1560年ごろからこの地に移り住み、
江戸時代には旗本・本多日向守の代官職を務めたという地元の名家です。



▲実は、今現在も黒田家の方々はこの場所で生活を送っていらっしゃるのですが、
毎年梅の開花の時期だけは、約2000㎡の広大な梅園と敷地内部が一般公開されて、
国の重要文化財である長屋門や母屋・米蔵・東蔵、そしてお屋敷をぐるりと囲む見事なお濠などを
自由に見学できるようになっているのです。
しかも、黒田家のご厚意で“入場無料”になっていますから、
毎年この季節を楽しみにして黒田家を訪れるリピーターの方も多いのだとか。




 
▲敷地内のあちこちに植えられた梅の花は、紅梅・白梅など13種類・約180本!
しかし、約2000㎡という梅園の風景も見事ですが、
何より丁寧に手入れが行き届いた日本庭園の美しさにうっとり・・・


 
▲ちょうど筆者が訪れた2月下旬は、ほぼ八分咲きの状態でしたが、
日当たりの違いによってはまだまだ蕾の状態の枝もあり、もうしばらく梅園の風景を楽しむことができそうです。


 
▲『梅まつり』に合わせて、母屋の一部には『焼きびな』が展示されていました。
『焼きびな』というのはここ菊川エリア独特のお雛様。
明治初期の農閑期の頃、農家の人たちが収入を得るために
粘土を使い素焼きの節句人形をつくりはじめたのがきっかけで、
最盛期には“安価で楽しめるお雛様”として静岡県全域に人気が広まったのだとか。
素焼きなので、香りを染みこませることもできるからか、
この展示コーナー周辺にはふんわりと和の薫りが漂っています。



▲長屋門の前には、こんな休憩コーナー『茶房』も。
お抹茶をいただいて一服できるほか、地元の野菜やフルーツなどが直販されているので、
梅観賞の後にゆっくり立ち寄ってみては?

梅祭りはこんどの日曜日、3月5日までです!

いかがでしたか?

【エンブルステーション菊川】からは車で約20分、
ちょっとしたドライブになりますが、のどかな田園風景の中に突如現れる黒壁の代官屋敷は迫力たっぷりです!

年に一度、この季節だけ見学できる『黒田家代官屋敷』、
ぜひ皆さんも、風情たっぷりの梅園の風景を楽しんでみてくださいね!

■黒田家代官屋敷 梅まつり
住所/静岡県菊川市下平川862
開催日時/2017年2月5日~3月5日 9:00~16:00
入館料/無料
※駐車場はお屋敷の東隣に用意されています。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP