• 分譲マンション
  • 静岡県菊川市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルステーション菊川」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルステーション菊川 > マンションを買うと節税につながる?!知っておきたい住まいの税制優遇
2016年12月17日

マンションを買うと節税につながる?!知っておきたい住まいの税制優遇

毎年、年末が近づくこの時期になると、『税制改正大綱』が発表されます。
その資料は100ページを超え、じっくり読みこんでも理解しにくい難解な内容も多いため、
“名前は聞いたことあるけど、あまり気にしたことはない”という方も多いのではないでしょうか?

しかし、『税制改正大綱』の中には、
これから土地や一戸建て・マンションなどの住まいを買いたいという方にとって
とても重要な内容が含まれていることがあります。

参考までに、先日発表された『平成29年度税制改正大綱』では、
住まい関連の税制については内容が劇的に変わるトピックはありませんでしたが、
テレビの情報番組でもたびたびニュースになっていた
『タワーマンション節税への課税強化』については、引続き世間の注目を集めそうです。
※高さが60mを超えるタワーマンションについては、固定資産税額に層別専有床面積補正率が平成30年度から採用されることになりました。
(ただし平成28年度中に売買契約が締結された住戸を含むものを除く)


================================================

一方で、私たちが住まいを買うことによって節税につながる『住宅税制の優遇措置』も引続き継続しています。
そこで今回は、いまマンション購入を検討しているひとたちに関わってきそうな
2つの住宅税制についてご紹介しましょう。

①購入後10年間、所得税から控除が受けられる住宅ローン減税

『住宅ローン減税』については、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

多くの方が、マンションという大きな買い物をする際に住宅ローンを利用すると思いますが、
住宅ローンを払っている場合に、自分が納付した所得税(一部住民税)の一部が還付される制度が、
この『住宅ローン減税』です。

161213111
▲こちらは現在実施されている『住宅ローン減税』制度。
ちょうど青いカラーの部分が該当する箇所です。
この『住宅ローン減税』は、当初平成31年6月までの減税措置の予定でしたが、
消費税の10%への増税が平成31年10月に2年半延期されたことから、
適用期間が2年半延期され、平成33年12月までとなりました。


毎年末の住宅ローン残高(または住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額)の1%が
今後10年間に渡って所得税から控除されるもので、控除額は毎年最大40万円。
所得税から控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されるルールになっています。

そのため、「現金で購入できるぐらい自己資金は持っているけど、
減税を受けるためにあえて当初10年間は住宅ローンを組む」という人も意外に多いのです。

確かに、一年間頑張って働いて納付した所得税が、一部還ってくると思うと・・・
これはうれしいご褒美ですよね(笑)

②増税負担を少しでもやわらげるために創設されたすまい給付金制度

もうひとつ、わたしたちにとって身近な制度が『すまい給付金』です。

すまい給付金というのは、消費税が5%から8%へ引き上げられた平成26年4月に導入された給付金制度のこと。

マンションを購入したいと考えている人たちにとって消費税の増税は大きな負担。
その負担を少しでも軽減し、多くの人が自分の住まいを持てるようにと創設された住宅取得支援制度で、
『住宅ローン減税』とは異なり、その人の収入と購入時の消費税額に応じて給付額が変わる仕組みになっています。

img04_big_1310_2

住宅ローンを組んでマンションを購入する場合の主な条件は
●自らが居住する住まいであること
●床面積が50㎡以上あること
●一定の品質が確認された住宅であること

となっていますが、もうひとつ注目したいのはそのマンションを共有名義で所有する夫婦や親子の場合でも
一緒に居住していればこの給付金が収入・持分割合に応じてもらえるということ。
※居住していることが大前提なので同居していない所有者は給付を受けられません。

消費税8%の場合、給付額は10万円~30万円という金額ではありますが、
新しい家具や家電を買い足す予算の一部にも使えますので、
入居後には忘れずに申請してみてくださいね!
※申請期限は引渡しが完了してから1年3ヶ月以内。実際に申請を行えるのは入居後となります。申請書類については『すまい給付金』ホームページからダウンロードして自分で作成・郵送することもできますが、やや煩雑な作業となるためマンションの販売担当者に確認しましょう。給付金は申請後1ヶ月~2ヶ月程度で指定口座へ振り込み、または、購入価格との一部相殺になります。

いかがでしたか?

こんな風に、税金のことを勉強したり考えるきっかけになるのも
『マンション購入』が与えてくれる良いチャンスです。

住宅ローン減税のこと、すまい給付金のことについて詳しく知りたい方は、
【エンブルマンションギャラリー】をぜひ訪れてみてくださいね!
住宅ローンの支払いシミュレーションにもチャレンジしてみましょう。

201603DSC01787
▲エンブルマンションギャラリーは【エンブルステーション菊川】の現地すぐ隣で公開中です!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP