• 分譲マンション
  • 大阪府大阪市東淀川区
  • アートプランニング

住宅ライターの「カサーレ上新庄ステーションプレミアム」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > カサーレ上新庄ステーションプレミアム > 評価ポイントとしても高い『資産価値』とは??
2018年01月19日

評価ポイントとしても高い『資産価値』とは??

2回にわたってお届した
購入者の評価ランキング(その1 その2)にもあったように、
都心直結の“駅前ロケーション”に多くの支持が集まっている
【カサーレ上新庄ステーションプレミアム】。

その恵まれた立地条件ゆえに、
将来的な「売りやすさ」「貸しやすさ」にも繋がる
『資産性』の面でも高い評価を得ているマンションでもあります。

そこで今回は、同マンションの『資産性』に注目してみますね!

資産性、資産価値 って何のこと??

そもそも『資産性』『資産価値』とは何ぞや?・・・ですが、
住宅は、ご家族の住まう場所であると同時に
大切な“資産であり財産”でもあります。

購入後は一生その家に住み続けるとも言い切れず、
結婚やお子さんの成長、職場の異動やライフスタイルの変化など
将来は売却したり賃貸に出すなど、手放すことだって考えられます。

その際「できるだけ高く売りたい」「できるだけ良い額で貸したい」
と考えるのは当然のことですよね??

売却時などには「この住まいはどれほどの価値があるのか?」を査定されるワケですが、
大きな財産となる住まいが「売りにくい・貸しにくい」のでは哀しくなってしまいます。

だからこそ、将来を見据えて
「資産価値としてはどうか?」を考えた住まい選びもオススメしたいな~と思うのです。


▲↑せっかくの資産であるマンションが、将来、売却しにくいor貸しにくい住まいとなっては残念ですもんね…

 

では、マンション選びのポイントと言えば何があるでしょう??

大きく挙げるとすれば、
「立地(エリア)」「間取り」「予算(価格)」「住まいの用途」
・・・でしょうか。

その中でも一番は、やはり立地!!!

【カサーレ上新庄ステーションプレミアム】の資産価値を思うと…

【カサーレ上新庄ステーションプレミアム】の購入者には
シングル・ディンクス・シニアご夫婦も少なくないと聞きますが、
まずは、利便性を見据えた立地(エリア)が要になると考えます。

特に女性の場合は、男性に比べて人生の転機が多いもの。
『売却や賃貸に出す際に、足かせにならないマンション』であると良さそうです。

そうなると、最寄駅の阪急「上新庄」駅へ徒歩2分の同マンションは魅力的。


▲「上新庄」駅~現地(マンションサロンとなり)は、広告上の分数では徒歩2分ですが、
実際には、フラットな道のりをスムーズに歩けて1分台で着いちゃうのです♪

 

ただ、駅が近ければOK!というワケでもなく
その駅から、何処に・何分で行けるか?など、“どんな駅か”が重要です。

駅自体は近くても、都心や主要駅が遠いとか、
交通利便性がよくないと魅力半減しちゃいますよね??

駅との距離感だけでなく、目的地までの時間で考えて、
自宅~目的地までの時間短縮が叶うかどうかで検討すると良さそうです。

 

交通の要所である「梅田」駅
多くのオフィスが集まる「北浜」駅

「上新庄」駅は、どちらの駅にも12分でアクセス可能。
つまり、【カサーレ上新庄ステーションプレミアム】は
自宅から大阪・梅田へ最短14分!も叶うマンション。

 
▲先のインタビューで販売担当の樋口さんが仰っていたように、「駅近でアクセス快適な立地だからこそ『時間短縮』できることが好評」というのもナットク♪
同マンションならば、通勤時間などを短縮できる分、慌ただしい朝はもちろん、帰宅後の時間にも“ゆとり”を得られるのではないでしょうか?時間を有効活用できる暮らし方ってイイですね!!

 

駅が近い上に、そこから都心も近いのは大きな魅力になり、
アクティブなマンションライフを送りたい方達にとっても
「借りたい」「買いたい」ポイントになり得るのではないでしょうか??

住まい購入に関するアレコレはマンションサロンで相談を!

将来の変化にも強く、流動性の高い
“人生の重荷にならないマンション”であれば
資産性の高い住まい、と言えるかと思います。

今回は、立地面に集中した話になってしまいましたが(笑)
そんな観点でもマンション選びを進めては如何でしょうか?


▲住まい購入にいろいろな疑問や不安はつきもの。特に資金面の「?」はたくさんあるかと思いますので、ぜひ、マンションサロンで気軽に相談してみてくださいね!

※掲載写真はすべて2017年12月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP