• 分譲マンション
  • 静岡県掛川市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルエバー掛川城西」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルエバー掛川城西 > 龍尾神社の『しだれ梅まつり』見ごろは2月の下旬頃です!

龍尾神社の『しだれ梅まつり』見ごろは2月の下旬頃です!

先月のレポートでご紹介した【エンブルエバー掛川城西】の地域の氏神様『龍尾神社』の梅園が、
そろそろ見ごろの時期を迎えるかと思って出かけてみました!

しかし、今年は立春を過ぎても爆弾低気圧の影響で寒い日が続いているため、
「例年なら今頃から咲きはじめるんだけど、今年は寒さの影響で咲くのが遅れてるわ~!
たぶん見ごろは2月の下旬か、3月上旬ぐらいかな」と受付スタッフの方。

すでに『しだれ梅まつり』は始まっているものの、開花が遅れているとのことで、
通常600円の入場料が200円に割引されていました(笑)

そこで今回は、見ごろにはちょっと早め・・・ではありますが、
『龍尾神社』名物の梅園の風景をご紹介しましょう!
※以下すべて龍尾神社梅園・・・・・・現地より車で約5分(約1.5km)/2017年2月撮影。

約7000㎡という広大な梅園に約300本の梅の木が!



 
▲『龍尾神社』の鳥居左手に、梅園へと続く緩やかな坂道が続いています。
満開のシーズンになると梅園周辺には屋台が並びますが、この日は残念ながら屋台もクローズ中。
受付で入場料(通常は600円)を払い、梅園の奥へと進みます。


 


▲約7000㎡という広い梅園の中は、起伏が豊かであちこちに階段が設置されているため、
歩きやすい靴で出かけるのがオススメ。しかし、階段周辺に開花した梅は見当たらず、
「う~む、まだ早すぎるか」と思いながら小高い丘を上がっていくと、どこからともなく梅の香りが・・・




 
▲おお!咲いていました!
日当たりの良い山頂付近の梅は3分咲きで、辺り一面に梅の香りが広がり、
麗しい存在感をしっかりとアピールしていました。
こんなに小さな花なのに、自然の香りの威力ってやっぱりすごいですね!!!


 
▲また、山頂付近には“しだれ梅の枝の間に掛川城が見える”ベストビュースポットがあります。
写真では少々わかりにくいのですが、肉眼だとお城がハッキリと見えて感動的な眺望です。



▲帰り道の階段沿いには、しだれ梅が集まるエリアを上から眺めることができます。
小さなつぼみが開花の準備を始めているので、枝全体がうっすらと紅色に染まっているのがわかりますね!
これぞまさに“梅の谷”という感じ。40代以上の女性の方はきっと、
名作『ガラスの仮面』の紅天女の里を連想するのではないでしょうか(笑)?

『しだれ梅まつり』は3月中旬まで開催されています!



  
▲筆者が訪れた2月中旬の時点では、残念ながら梅園全体で『1~2分咲き』という感じでしたが、
逆にこの“春待ちの風景”を眺めておくと、満開の梅園の姿がもっと楽しみになりそうです。
『しだれ梅まつり』の開催は3月中旬まで。
受付スタッフの方によると「今年は寒さの影響で開花状況が予想できないので、
事前に電話で問い合わせをいただいたらお伝えしますよ」とのこと。
梅園へお出かけになる前に、0537-23-0228(龍尾神社)へ確認してみてくださいね!

※開園時間は9:00~16:00です。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP