• 分譲マンション
  • 静岡県掛川市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルエバー掛川城西」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルエバー掛川城西 > 毎月第1土曜日は掛川城竹の丸の朝市『野菜マルシェ』へ出かけよう!

毎月第1土曜日は掛川城竹の丸の朝市『野菜マルシェ』へ出かけよう!

当サイトでは、これまでにも何度か『掛川城公園』についてご紹介してきましたが、
筆者が以前から“一度訪れてみたい”と思っていたのが、
掛川城竹の丸で月に一度開催されている朝市『野菜マルシェ』。

悪天候だったり、主催者である農家さんの都合が合わないと
残念ながら急遽中止になってしまうことがあるのですが、
先週の土曜日に行われた12月の朝市は冬晴れの“マルシェ日和”だったため、
早速筆者も朝から竹の丸の朝市会場へお邪魔してきました!
※以下すべて、掛川城公園内竹の丸・・・・・・現地より徒歩8分(600m)/2016年12月3日撮影。

地元農家さんがたっぷり愛情を注いで作った新鮮野菜がいっぱい!

201612DSC087561 201612DSC08752

201612DSC08699 201612DSC08705
▲【エンブルエバー掛川城西】から竹の丸を目指すときは、
掛川西高等学校のグラウンド東側から
『ステンドグラス美術館』の脇を通り抜けて路地を登っていくのがオススメ。
このルートで出かけると竹の丸まであっという間に到着します。


201612DSC08731
▲この竹の丸は、山内一豊が掛川城を拡張するために増築した建物で、
当時は城の防衛拠点として重臣たちの屋敷に使われていたのだとか。
また現在の建物は老舗葛布問屋の本宅として使用された後、
昭和11年に寄贈され、現在は掛川市が管理を行っています。


201612DSC08708
▲そんな歴史ある建物の庭先で毎月第1土曜日に開催されるのが竹の丸朝市『野菜マルシェ』。
地元・掛川で野菜作りを行っている農家さんたちが、
“産地直販価格”で多くの人に地元野菜を食べてもらいたいという想いから、
今年の秋にスタートしたイベントなのだそうです。


201612DSC08710 201612DSC08720

201612DSC08711
▲こちらは“無農薬栽培”にこだわった農家さんのブース。
「無農薬だからどうしても虫が食った痕が残っていたりしますが、これが自然の証。
野菜たちにストレスを与えないように作っているので、美味しくて強い野菜が育ちます」とご主人。
今年は全国的に台風の影響を受けて野菜の発育が悪いといわれていましたが、
ご主人が作った野菜たちは、この写真からもわかる通りものすごく立派(笑)!
「確かに今年の夏は雨が多くて苦労しましたが、幸い掛川は台風が上陸しなかったので
野菜たちも元気に育ってくれました!」と解説してくださいました。


201612DSC08716 201612DSC08714

201612DSC08721
▲他にも、普通のスーパーではまず並んでいない『赤皮だいこん』や
イタリア料理等に使われる『スティッキオ(フェンネル)』など、珍しい野菜もズラリ!
赤皮だいこんは生で食べても美味しいため、サラダの彩りにぴったりです。


201612DSC08724 201612DSC08726 201612DSC08727
▲リピーターの皆さんに評判だという手作り味噌や、昔懐かしい干し芋も販売されていました。
月に一度、“野菜のプロ”である農家の皆さんに、
美味しい食べ方や調理方法のコツを聞きながら地元・掛川産の旬の野菜を購入すると、
お料理のレパートリーがどんどん広がりそうですね!

自宅から徒歩6分の場所に、こんな美しい風景が広がっています。

201612DSC08741 201612DSC08750
▲「今日は今年一番お庭がキレイなのでぜひ帰りに見ていってください」と声をかけていただき、
離れの日本庭園へと進むと、美しい紅葉の風景が広がっていました!
自宅から徒歩6分という身近な場所で、こんな景色を楽しめるとは・・・なんとも贅沢な住環境です。


================================================

この竹の丸朝市『野菜マルシェ』は、毎月第1土曜日9:00~正午までの開催。
次回開催は新年2017年の1月7日の予定となっています。

ホームページ等の公開は行っていないそうですが、
農家仲間の方たちがフェイスブックなどSNSで開催情報を発信しているそうですので、
ぜひ皆さんも“竹の丸・朝市・野菜マルシェ”のキーワードでチェックしてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP