• 分譲マンション
  • 滋賀県栗東市
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン・エル栗東」取材レポート

丹羽 祐子

住宅ライター
丹羽 祐子

そのうちTOP > ジェイグラン・エル栗東 > 購入者の方に訊く、【ジェイグラン・エル栗東】を選んだ決め手とは?
2018年04月27日

購入者の方に訊く、【ジェイグラン・エル栗東】を選んだ決め手とは?

すでに購入を決められたご家族がたくさんいらっしゃる【ジェイグラン・エル栗東】。
先日、マンションギャラリーでそのお一組にインタビューをさせて頂きました。

現在は栗東市内の賃貸物件にお住まいの3人家族・Aさんに
同マンションを購入することになった“決め手”などを伺いました!

Q:まずは、【ジェイグラン・エル栗東】との“出会い”から教えてください。

A: いまは栗東市内の賃貸マンションで暮らしていますが、
  子どもができて、今後の住まいをどうしようか?という事になったときに
  妻がインターネットで調べると、
  栗東駅前エリアに久しぶりの分譲マンションが誕生すると知ったのが始まりです。

  職場も栗東で、住み慣れたこの街で暮らし続けられるし、
  じゃあ一度見てみようとマンションギャラリーの見学に出かけたところ、
  場所はもちろん内容も価格も魅力的なマンションだったので検討する事になりました。

  
▲マンションギャラリーは現地近くの建物2階にあります(県道31号沿い)。
建物模型やモデルルームをご覧になって、【ジェイグラン・エル栗東】での新生活を思い描いてくださいね!

Q:検討されて結果、何が購入の決め手となったのですか?

A: 一番は価格ですね!
  いまの家賃と差がなかったですし、それで購入できるのならば、
  借りているより買った方がかえって安いぐらい?!と思ったんです。   

  加えて、資産性の高さでしょうか。
  仕事の関係で将来はこの街を離れる可能性もあって
  購入したものの永住するかどうかはわからないのですが、
  そんな場合でも、売却しやすい・貸しやすいマンションだと感じました。
  
  なんといってもJR「栗東」駅に近くて、駅前エリアは便利で住みやすい。
  人口予測でも栗東市は上向きのようですし、未来の明るい街で、
  快適に暮らせるマンションとなれば、将来、家族の状況が変わったとしても
  “手放しやすい”住まいになるだろうことも魅力だったからです。

  
▲徒歩8分のJR「栗東」駅。駅前周辺は再開発エリアで整然と美しいのが印象的です。いまの時期は青々とした緑や、歩道沿いに続くハナミズキもキレイですよ♪ 

Q:栗東駅周辺はいろいろと整っていて暮らしやすそうですね!

A: ええ。
   再開発で駅前周辺はキレイですし、
   駅からすぐの「アル・プラザ栗東」「ウイングプラザ」をはじめ
   買い物や暮らしに便利な施設が充実しているのでとても便利です!
  
   駅周辺もそうですが、緑が多くて周りに公園も点在していて、
   とても穏やかな環境なんですよね。
   妻は栗東出身、私は京都出身で、結婚後はしばらく京都に住んでいたんですが、
   京都は道も狭くてもっとゴチャっとしているので、
   子育て環境として見ても、やはり伸びやかな雰囲気の栗東はイイなと。

   名神高速の栗東ICも車で5分かかりませんし、カーアクセスも良いですよ。
   もちろん電車のアクセスも。
   栗東駅から京都にも一本で行けるから、出張で新幹線を利用する際も便利です。

 
▲平和堂を擁するショッピングセンター『アル・プラザ栗東』は10:00~21:00 までの営業。徒歩5分の場所にあってホントに便利!(左写真)
2階に栗東市の「地域子育て包括支援センター」や「大宝東児童館」「栗東西図書館」も入っている『ウイングプラザ』は徒歩8分。このような施設が身近にあるのも、子育てファミリーにとっては嬉しいですね(右写真)

お似合いのオシャレなご夫婦と可愛い息子さん(1歳)の
とーっても素敵なご家族でした!!

「販売スタッフの方も対応が丁寧で感じが良い」
「JR×東レのマンション、という安心感もあった」
なども、Aさんが思う魅力ポイントとして挙げていらっしゃいました。
先輩購入者の声、参考になさってくださいね。

 
▲この日は購入住戸のインテリアについて打合せでマンションギャラリーに来ていたAさん一家。インタビューのご協力をありがとうございました!!
商談スペースの一角にはキッズコーナー(右写真)もあるので、息子さんはパパとママが“オトナの話”をしている間も楽しそうに遊んでいました♪小さなお子さん連れのご家族も気兼ねなく足を運んでみてはいかがですか?

 

販売状況も進み検討住戸も少なくなってきたようです。
ぜひとも早めのアクションをおススメしますよ!!

※掲載写真はすべて2018年4月撮影
丹羽 祐子

住宅ライター
丹羽 祐子

主人がデザイナー兼コピーライターの仕事をしていて、その業務を手伝う内に自身もライターとして活動する事に。取材で訪れる豪華なモデルルームや住まいを拝見すると楽しくなってしまいます。主婦ならではの目線からレポートしていきます。

過去の記事

PAGE TOP