• 分譲マンション
  • 大阪府柏原市
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン柏原」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > ジェイグラン柏原 > モデルルームで、新築分譲マンションならではの設備仕様を体感!
2019年11月25日

モデルルームで、新築分譲マンションならではの設備仕様を体感!

11月上旬より、「ジェイグラン柏原」のマンションギャラリーがいよいよグランドオープン!
連日多くの来場者さまで賑わっているそうです。

マンションギャラリーでは、素敵なモデルルームの見学も大きな楽しみのひとつ。
プロによってコーディネートされたインテリアや間取りや空間の使い方など、モデルルームの見どころはたくさんありますが、今回のレポートでは、新築分譲マンションならではの充実した最新の設備仕様に注目してご紹介します。

生活のメインステージは、全邸南向きの明るいリビング・ダイニング

「ジェイグラン柏原」では、家族の団らんの場となるリビング・ダイニングは全邸南向きに設計。


▲南向きのリビング・ダイニングの一番のメリットは、なんといっても一年を通した日当たりの良さ。センターオープンサッシの大きな窓からたっぷりの自然光が降りそそぐ、明るい空間です。

 
▲写真左:奥行2mのバルコニーは、木目調にデザインされた床がリビング・ダイニングとの一体感を生み、空間がさらに広く感じる効果も。ガラス手すりによって開放感もさらに高められています。
写真右:バルコニーにはスロップシンクも標準装備されているので、ガーデニングの水やりや、子どもたちの靴を洗ったりするのも便利ですよ。

また、鉄筋コンクリート造のマンションは、木造の戸建て住宅と比較して断熱性・気密性が高いため、冷暖房効率が良いと言われています。

リビング・ダイニングには床暖房も標準装備されているので、足元から心地よくお部屋全体を温め、寒い冬でも快適に暮らすことができそうです。

毎日使うキッチン・洗面室・浴室の設備や機能性もしっかりチェック!

毎日の生活に欠かせないキッチンや洗面室、浴室の設備仕様や使いやすさも、モデルルーム見学の際にしっかりと確認しておきたいポイント。

まずは、キッチンをチェックしてみましょう。

 
▲注目したいのが、キッチン収納の充実度!シンクやコンロ下の引き出し収納はもちろん、吊戸棚や大容量のパントリーも設置されています。
これだけの収納があれば、大きなお鍋やお皿などのキッチングッズから缶詰やパスタなどの食品ストックまでしっかりとストックしておくことができますね。 ※食器棚(カップボード)は有償オプションとなります。

 
▲コンロ周りはホーローパネルが採用されていてお手入れが簡単。マグネット式の収納グッズを使って調味料や調理器具を貼り付けることもできます。
コンロ下の引き出し底面もホーローになっているので、汚れてもサッと拭くだけで清潔に保つことができますよ。

  
▲ほかにも、家事の時短を叶えてくれる食器洗い乾燥機や、大きな鍋も洗いやすい静音仕様のワイドシンク、ハンドミキサーなどを使うときに便利なカウンターのコンセント…など、快適なキッチンワークを叶える工夫がたくさんありました。 ※キッチン天板(フィオレストーン)は有償オプションとなります。(通常は人造大理石が設置されます。)

 
続いて、洗面室と浴室をチェック。

 
▲洗面室も、鏡裏の収納のほか、巾木部分を活用したヘルスメータースペース、天井まで届く高さのリネン庫と、適材適所に収納がたっぷり!


▲人造大理石の洗面化粧台はカウンタートップとボウルに継ぎ目がなく、お手入れも簡単。
ボウルが片側に寄っているので、顔を洗う間にタオルを置いたり、2人並んでの身支度もスムーズです。
※モザイクタイルは有償オプションとなります。(通常はチャイルドミラーが設置されます。)

 
▲写真右上:浴室には浴室暖房乾燥機が標準装備されているので、洗濯物を乾かしたり、寒い冬には入浴前に浴室を暖めておいてヒートショック予防にもつなげることができます。
写真右下:手すりも標準設置されていて、小さなお子さんが入浴する際や、年を重ねたあとのことを考えても安心ですね。

モデルルームでは設備や収納の機能性を、実際に見て触れてチェックしましょう

モデルルームでは収納の大きさや使い勝手も、実際に体感してみましょう。

 
▲モデルルーム(Dタイプ_メニュープラン3)には、納戸(写真左)とウォークスルークロゼット(写真右)が設置。

 
▲「ジェイグラン柏原」では、全邸に1つずつトランクルームが設置されています。玄関のすぐ近くにあるので、必要なときにサッと取りにいけるのも良いですよね。
 

またモデルルームには、標準仕様の設備のほかに、さらに空間を素敵にするための有償オプションやインテリアオプションが採用されている箇所もあります。

 
▲主寝室をカーペット敷にしたり、キッチンに食器棚(カップボード)を造り付けたり、お部屋に照明(ダウンライト)を追加したり…というのは、有償オプションの一例。
このような有償オプションが利用できるのは、前回のレポートで紹介したカラーセレクトや間取りセレクト同様、建物完成前の今ならでは。

 
▲一方で、お部屋の一面だけ壁紙が変わっていたり(「アクセントクロス」と言います)、小物が飾れる棚や机が造り付けられていたり(「造作家具」と言います)…というのは、インテリアオプションの一例。
インテリアオプションは建物完成後に設置されますが、建物完成前に決めておくと、入居までに設置工事を済ませることができてスムーズですよ。

モデルルームを見学する際は、標準設備の使いやすさはもちろん、モデルルームを参考に「どんなオプションを付けようかな?」や「自分ならどういう風にお部屋を使おうかな?」という点も考えてみてくださいね。

※掲載の写真は、「ジェイグラン柏原」マンションギャラリー内モデルルーム(Dタイプ_メニュープラン3)にて撮影(2019年10月、11月)したものです。家具・調度品やオプション仕様等は販売価格に含まれません。
菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

PAGE TOP