• 分譲マンション
  • 大阪府柏原市
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン柏原」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > ジェイグラン柏原 > JR・近鉄「柏原」駅徒歩2分の駅前に、地上15階の新たなランドマークが誕生します
2019年08月05日

JR・近鉄「柏原」駅徒歩2分の駅前に、地上15階の新たなランドマークが誕生します

みなさん、はじめまして!
住宅ライターの菊地麻衣子です。

今日からJR西日本グループが贈る「柏原」駅前マンションプロジェクト、
【ジェイグラン柏原】を紹介するレポートサイトがスタートします!

本物件が誕生するのは、JR・近鉄「柏原」駅の駅前。
駅前でありながら静かで自然もあり、抜け感を感じられる理想的な環境が魅力の新築分譲マンションです。
なんと、柏原市内での分譲マンション供給は実に2年ぶりになるそうですよ。

本敷地はもともとJR社員寮跡地であり、JR西日本不動産開発だからこそ得ることのできた
ステーションフロント立地。
利便性をはじめ、充実した共用設備、防犯システム、マンションならではの魅力的な設備・仕様などについても
実際に現地を取材し、リアルな情報を生活者の視点からレポートします。

どうぞお付き合いくださいね。

商業・医療・交通、暮らしのすべてが徒歩圏内の駅前立地

【ジェイグラン柏原】が誕生するのは、JR大和路線・近鉄道明寺線「柏原」駅から徒歩2分の駅前ポジション。
JR「柏原」駅からは「天王寺」駅や「JR難波」駅へダイレクトにアクセスできるので、通勤や通学、ショッピングにも便利です。
また、2019年3月におおさか東線が開業した事により「新大阪」駅へのアクセスもスムーズに。新幹線での帰省や出張も便利になりました。

 
▲写真左:「柏原」駅は、JRと近鉄が乗り入れる総合駅。
JR「柏原」駅から「JR難波」行きは、平日朝7時台で8本、8時台7本とダイヤも充実しています。
JR「柏原」駅始発の電車もありますから、座って通勤・通学することもできそうですね!
写真右:【ジェイグラン柏原】のある駅西側には駅前ロータリーがあり表玄関として整備されています。

 
▲写真左:駅前ロータリー正面の複合商業施設「アゼリア柏原」。スーパーマーケット「サンプラザ」の他、各種クリニックや薬局、市民プラザや銀行ATMも入っています。
写真右:「アゼリア柏原」へは、駅からペデストリアンデッキで安全に行き来することができて便利ですよ。

一般的に駅前というと、オフィス街や、ファッションビルなどが立ち並ぶにぎやかな繁華街のイメージがありますが、
【ジェイグラン柏原】の計画地は第一種住居地域に指定されており、周辺には低層の住宅街が広がっていて落ち着いた雰囲気。
駅前には暮らす人が必要とする生活必需施設がきちんと整っていて、生活するのに便利な環境と言えそうです。

 
▲生活雑貨も扱うドラッグストア「ドラッグミック」(写真左)や、生鮮食品はもちろん飲料や保存食のまとめ買いをする人も多いディスカウントスーパー「サンディ」(写真右)などの商業施設も徒歩圏内に充実しています。

今やスーパーの使い分けは節約主婦の常識!ですよね。
皆さんも徒歩圏内の商業施設を用途に合わせて賢く利用してみてくださいね。

駅へは見通しが良くフラットな歩道を歩いて2分弱の快適アクセス

【ジェイグラン柏原】の建設地は、駅に近接する立地でありながら、開放感とゆとりを感じられる東南角地。

 
▲東側(写真左)は駅へと向かう通り、南側(写真右)は生活道路に面しています。
周辺の建物は低層の住宅が中心になっているので、マンションからの開放感や暖かな陽光も望めそうですね。

公式サイトや広告では建設地から「柏原」駅までは徒歩2分と表記されていますが、
これは不動産広告の「徒歩での所要時間は毎分80mとして計測すること」というルールに則ったもの。(信号や踏切の待ち時間は含まれていません。)

そこで今回は、建設地から駅までのアクセスを所要時間を測りながら実際に歩いてみました。


▲JR・近鉄線と並行する東側道路の物件看板の前からスタート!進行方向の先にはもう駅が見えています。

 

 
▲インターロッキングで分離された広い歩道を歩きます。道の途中には交番もあり、安心ですね。
交番の前の横断歩道を渡ると、駅入り口はすぐ。

駅までの道のりはフラットで信号はなく、待ち時間もありませんでした。
階段を上り(※)連絡通路中央の改札まで行ったところでタイマーをストップ。

なんと改札手前で2分弱!

これなら慌ただしい朝のお出かけにもゆとりが生まれそうですね。

※「柏原」駅には上り用のエスカレーターもあります。

防災面も安心!駅前立地のメリットが集約された分譲マンションでスマートライフを

いかがでしたか?
交通利便性だけではなく、商業施設や、医療、金融機関も充実した駅前ロケーション。徒歩でのフットワークも軽くなりそうですよね。

駅前にはタクシー乗り場もあるので、急なお出かけ時にも、わざわざ配車を頼まなくても気軽に利用できそうです。
これだけ機能的に暮らせる環境が整った駅前のマンションライフなら、車を持たないという選択肢もアリかもしれませんね。


▲また、暮らす場所を選ぶ際は、防災面もチェックしておきたいところ。
柏原市の総合防災マップ(※1)で大和川の浸水想定をチェックしてみると…
現地は白色で着色され、浸水想定もほぼ無い様子。防災の観点から見ても安心の立地といえそうですね。

みなさんもぜひ、住まい選びの参考にしてみてくださいね。

※1:柏原市HP 柏原市総合防災マップ(2018年保存版)より
※掲載の写真・内容は2019年7月取材時のものです。
菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

PAGE TOP