• 分譲マンション
  • 大阪府茨木市
  • JR西日本不動産開発

住宅ライターの「ジェイグラン・エル 茨木」取材レポート

鈴木あきこ

住宅ライター
鈴木あきこ

そのうちTOP > ジェイグラン・エル 茨木 > 間取りを解説!ゆとりある空間が特徴!”Rタイプ”レポート!
2017年04月28日

間取りを解説!ゆとりある空間が特徴!”Rタイプ”レポート!

分譲マンションの購入を考えるとなると、駅からのアクセスや買い物施設などの住環境も大切ですが、実際に生活する場となる「間取り=プラン」は見逃せません!

たくさんあるプランの中から、自分たちのライフスタイルや予算に合った住戸を選択できる♪という楽しさがありますが、「間取り図ってどこをどう見ればいいのかなぁ」「図面だけだと、どんな生活が送れるのかわかりにくいなぁ」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

「ジェイグラン・エル 茨木」にも様々なプランが用意されてますが、今回は住宅ライターの目線から”Rタイプ”に注目して解説してみたいと思います!

開口部の開放感&8.6帖もの洋室に注目!

Rタイプは、3LDK+N(納戸)で住居専有面積は79.95㎡!

リビング・ダイニングがバルコニーに面して横に長い形で配置されているプランですね。南向きで、開口部が広いため、明るさをしっかりと感じられる住まいです♪

さらに注目すべきは、住戸のスパン(間口)が約6.5mと広めに確保されていること。一般的な2~3LDKでは6m前後であることが多いですが、この「Rタイプ」は約6.5mと広めにとってありますね。その分、採光部が広く、明るいリビング・ダイニングになります。

※Xタイプのバルコニー写真

特にキッチンに立つと、リビング・ダイニングが全体的に見渡せるので、料理しながら家族とおしゃべりしたり、窓からの景色も楽しむことができますね。住戸スパンが広いと、開放感と爽快感は格別だと思います!

さらに、北側の主寝室となる洋室(1)は、なんと8.6帖とゆったり空間!例えばダブルベッドはもちろん、シングルを2台、そしてクイーンサイズを配置することも可能です!

※Xタイプの主寝室写真(7.1帖)

またベッドをコンパクトなタイプにして、本棚や書斎机、または飾り棚を置くスペースを確保するといった使い方もできちゃいますね♪「〇〇しかできない」ではなく、部屋の使い方を趣味や勉強する空間として色々考えられるのは、8.6帖という広さならではでしょうか?

LD+和室を一体化!19帖の空間が実現

さて、次はLDと和室に目を向けてみましょう!

Rタイプで筆者の一押しが、リビング・ダイニングと和室を一体化した広々空間!
リビング・ダイニングが約14.5帖、続き間の和室は約4.5帖あり、和室の引戸を開ければ、LDと一体化した19帖超えの大空間が出現します。

例えば、おじいちゃんおばあちゃんや親戚、お子さんのお友だち家族が遊びに来た時などでも、和室を含めてオープン空間にしてゆったり広く使うことができますよね♪

赤ちゃんのお昼寝から、小さな子どもとお絵かきしたり、おもちゃをゆったり広げて遊べるなど、子育て世代にもおススメです。そして南向きなので、明るく風通しもよいので、太陽の恵みを存分に受けられ、子どもが生活する環境としても良さそうだなぁと感じました。


※イメージ写真

「Rタイプ」月々の支払いが、なんと7万円台~!

こうした数々のおすすめポイントがあるジェイグラン・エル 茨木の「Rタイプ」!

実際に購入するとなると、「我が家ではどうかしら?」「気に入ったけど、返済できるかしら?…」など、お考えの方に、返済例のシミュレーションをご紹介しましょう!

「Rタイプ」の4階住戸・418号室の販売価格は3,392万円。

例えば、頭金0円・ボーナス払いありで購入する場合の返済例を見ると、
毎月返済額は7万2,924円&ボーナス(年2回)払いは9万9,914円(※)。
ちなみに、月々の管理費等をプラスしても9万円をきっちゃいます!

月々7万円台で、南向きプランの恩恵と、家族団らんの広々空間が叶う住まいがマイホームとなり、自分たちの資産となります!

この返済例の0.6%という低金利からも実感しますが、
ホントに今は、住宅ローンを利用するのに恵まれた金利状況ですね。

今の家賃と比べていかがでしょうか??


※イメージ写真

いずれ開業されるJR京都線の新駅「(仮称)JR総持寺」駅から徒歩約10分という好アクセスのジェイグラン・エル 茨木は、「買い!」と言えそうですね。

※頭金0円、提携銀行借入額3,392万円、ボーナス払い99,914円、年利0.6%、35年返済(詳細は係員にお尋ねください) 
まとめ
ジェイグラン・エル 茨木の最寄り駅となる、JR京都線の新駅開業まで、あと約1年!
好立地にある南向き、そして広々プランの新居が手の届く範囲で買えちゃう!というのは、見逃せないですね。 気軽に現地モデルルームを見学されることをオススメします♪
鈴木あきこ

住宅ライター
鈴木あきこ

マンションデベロッパーでの企画、ハウスメーカーのリフォーム営業や不動産会社での販売促進や広告での経験を活かして住宅ライターとして活動しています。

PAGE TOP