• 分譲戸建て
  • 名古屋市緑区
  • 近鉄不動産・住友林業

住宅ライターの「フォー‘リーフ’リジョン池上台」取材レポート

吉田 恵子

住宅ライター
吉田 恵子

そのうちTOP > フォー‘リーフ’リジョン池上台 > 大型ショッピングセンター「アピタ鳴海店」へ徒歩2分の暮らし
2016年08月25日

大型ショッピングセンター「アピタ鳴海店」へ徒歩2分の暮らし

買い物って、家事のひとつでありながら「楽しみ」でもありますよね。
しかも、行先が一般的なスーパーではなく、大型ショッピングセンターだったなら、楽しさは2倍3倍になるかも!

「フォー’リーフ’リジョン池上台」から徒歩2分の場所にある「アピタ鳴海店」は
食料品や日用品のみならず、専門店も充実した“大型ショッピングセンター”。
そんな大型店へ、坂道のないフラットアクセス、大通りも通らない安心の道のりで
徒歩2分というのは嬉しいポイントです。

今回は、そんな「アピタ鳴海店」の店内の様子や品ぞろえについて、一部をご紹介しましょう!

品質や品ぞろえを重視する方も納得!充実の生鮮食品売り場

売り場は通路も広々としていて、カートを押した方同士がすれ違っても余裕があります。
皆さんのんびりと品定めをしていらっしゃいましたよ。

IMG_1337
▲手に取りやすく、見た目にも美しく並べられた青果コーナー。

IMG_1343 IMG_1345
▲鮮魚コーナーの充実度は、お店によって差が出るのでは?
アピタ鳴海店の店頭(写真左)には、福井産・朝茹でのタコ、お店でボイルされたわたりガニ、丸のままの金目鯛、真鯛、旬のハモなどが並んでいて、上級の品揃え!(※内容は仕入れ状況等により異なります)
「お刺身にして」「三枚におろして」など加工をお店にお願いすることもできます。
精肉コーナー(写真右)には専門店「肉のスギモト」も入っています。お誕生日などに「良いお肉でバーベキュー!」というのも良いですね。

日用品からレジャー用品、衣料品も「アピタ」で揃います 

忙しい日々、買い物を一か所で済ませられると助かりますよね。
小さなお子さんと一緒に買い物をする場合など、車を使ってあちこち移動するのが大変なこともありますが、食料品だけでなくさまざまなものが揃う「アピタ鳴海店」が身近なので、生活にゆとりが生まれそうです。
ベビーカーを押して、あるいは子どもと手をつないでお散歩がてら。
そんなのんびりしたスタイルで買い物を楽しめると思います。

5IMG_1351 6IMG_1366 7IMG_1360 8IMG_1362      
▲洗剤や掃除用品、化粧品などはもちろん、衣料品やレジャー用品なども店頭に。
季節感たっぷりの売り場から「そうだ!来週バーベキューしない?」などアイデアも生まれそう。

パン屋さんやフードコート、カルディコーヒーファームなどの専門店も

とても全部は紹介しきれませんが、一般的な食料品を中心としたスーパーマーケットにはない
多彩なショップの存在もポイント!

9IMG_1373
▲ベーカリー「グラーノグラーノ」。もちもちの食感で人気が広がった塩パンも購入できます!

10IMG_1368
▲自転車売り場「サイクルテック」。お子さんの成長に合わせて自転車を買い替えるときも
「家までどうやって運べばいいのかな?」という心配はゼロ!そのまま自転車に乗って帰れます。
ちょっとした修理が必要なときも、近くにショップがあると相談しやすいですね。

12IMG_1357 
▲フードコートを始め、飲食店が充実しているのも嬉しいところ!
休日ランチ、どうしようか迷ったら「買い物ついでにアピタで」というのが一番ラクそう(笑)。
スターバックスコーヒーなど、友人ママとおしゃべりできるスポットにも事欠きません。

13DSC05055 14DSC05056
▲専門店も充実している「アピタ鳴海店」。
カルディコーヒーファームでは、コーヒーのほか、ちょっと珍しい買うこともできます。
(「最近話題のアレ、スーパーではあまり見かけないけどどこに売っているかな?」というとき、カルディに行くと見つかることが多いんですよね!)

お気に入りのショップが身近にあり、お気に入りの品が手に入りやすいことで、暮らしがより楽しくなりそうです。

ちなみに「アピタ鳴海店」には「キッズランド」という無料のプレイスペースも用意されています。
未就園のお子さんにとって、同年代のお友達やママたちに囲まれて遊ぶ時間は
おうちで家族だけで過ごすのとはまた違って、新鮮な体験になることでしょう。
公園に行けない雨の日のお出かけ先候補にもなりますよ。

15IMG_1354
▲靴を脱いで遊べるスペース。保護者の方々は、ちょっと腰かけて休憩することもできます。

いかがでしたか?
徒歩2分、それもストレスフリーなフラットな道のりで行ける「アピタ鳴海店」の存在は
新生活の強い味方となってくれそうです。

皆さんは、月に何回、年に何回「お買いもの」に出掛けますか?
その1回1回にかかる時間や負担の大小、またお店ごとの充実度の違いというのは
慣れてしまうと気づきにくいところかもしれませんが、生活のクオリティを大きく左右するところです。大型ショッピングセンターをコンビニ感覚で使いこなせる生活を、ぜひ思い描いてみてくださいね。

吉田 恵子

住宅ライター
吉田 恵子

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

カテゴリー

PAGE TOP