• 分譲マンション
  • 兵庫県宝塚市
  • オーエス

住宅ライターの「プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス > 販売担当者インタビュー【1】この物件の『住環境』がお客様から高く評価されています
2017年11月28日

販売担当者インタビュー【1】この物件の『住環境』がお客様から高く評価されています

さて、先月のレポートでは【プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス】の設計担当者である
一級建築士の横田泰介先生にお話をうかがいましたが、
今月は販売の責任者・駿河安伸所長(写真)に物件の魅力について語っていただきます。

================================================

販売責任者は、マンション購入を検討しているお客様に対して
これから完成する物件の詳細を“丁寧にご紹介していく”ことが大切なお仕事。

つまり、この物件の特性や魅力を“一番良く熟知している”のが駿河所長なのです!

Q1:まずは販売スケジュールについて教えてください。

「このサロンがオープンしたのは9月23日で、
一般公開に先駆け事前優先案内会を行っておりましたが、10月14日にグランドオープンいたしました。」


▲【プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス】のマンションサロンは、
最寄り駅である阪急『逆瀬川』駅に直結する商業施設『アピア1』の4階にあります。


▲「お客様をお待たせすることがないよう、基本的には予約制で対応させていただいています。
物件のご紹介やお客様のご要望の整理を行う時間を含めますと、
だいたい2時間ぐらいのゆとりを持ってお越しいただけるとうれしいですね」と駿河所長。


▲連日満席が続いているという【プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス】のサロン受付。
ここで受付を済ませることが“マンション購入”のスタート地点となります。

※プレージア逆瀬川マンションサロンにて撮影・・・・・・2017年10月撮影。

Q2:どんなお客様がこの物件に関心を示していますか?

「基本的には宝塚市内にお住まいのお客様が多いのですが、
現在は『神戸』や『西宮北口』にお住まいで、
“逆瀬川に良いイメージを持っている”という理由で、関心を示してくださっている方も多いですね。

実は、サロンへご来場くださるお客様に共通しているのは
【プレージア逆瀬川宝梅 ザ・レジデンス】の『住環境』を大変高く評価してくださっているということ。

第一種低層住居専用地域に位置する静かな戸建ての住宅街であり、
お子様の教育環境にも恵まれているということは
皆さんしっかりとお調べになった上でご来場くださっています。

また、駅周辺に主な商業施設が充実しているという点についても、
「老後も暮らしやすそう」といったご評価をいただいており、
子育てファミリーから年配のご夫婦まで、幅広い世代の方に関心を示していただいています」(駿河所長談)

 
▲『逆瀬川』駅前の買い物のしやすさや、
『宝梅第一小学校』の教育熱心な姿勢は以前のレポートでもご紹介したとおり。
【プレージア逆瀬川】の購入を検討している方たちは
『暮らしやすさ』と『教育環境の良さ』を気に入った上で
この場所での“永住”を視野に入れた住まい選びを考えているようです。

※左:アピアさかせがわ・・・・・・現地より徒歩10分(約770m)/2017年7月撮影。
※右:宝塚第一小学校・・・・・・現地より徒歩5分(約360m)/2017年8月撮影。

Q3:宝梅一丁目というアドレスについては
皆さんどんな印象をお持ちですか?

「宝梅という地名は、地元の方なら“お屋敷街”として誰もが知っている地名ですが
他のエリアから購入を検討中のお客様の中には、
小学校の名前が有名なので、宝梅のことを知っている”という方が意外に多くて驚きました。

実は、サロンにご来場いただいたお客様には、タクシー等を使って現地をご案内しているのですが、
みなさん最初に現地に降り立っておっしゃるのは「大きなお宅が多いわね~」という感想です。

最初は『教育環境』に関心を持ってご来場くださったお客様も
現地を見てから「こんな素敵なところで暮らしてみたい!」とおっしゃる方も多いですね」(駿河所長談)

 
▲「宝梅の町内を歩いていると、大きく立派な歴史を感じさせてくれる邸宅が多いのですが
昔からのお宅が多いということは“この街がこれまで大きな災害を受けてこなかった”ということを意味します。
つまり、この街並みは、災害リスクが少ないエリアであることの裏づけとなっているのです。
阪神淡路の震災を経験された方は特に、防災の観点でもこの街に関心を持たれている方が多いようです」と駿河所長。

※宝梅一丁目、現地周辺の街並み・・・・・・現地から徒歩3分(約240m)/2017年7月撮影。

================================================

いかがでしたか?
多くのお客様が関心を示しているという『住環境』について、
教育環境の良さ・買い物のしやすさ・宝梅一丁目のお屋敷街のイメージなど、
注目すべきポイントがおわかりいただけたでしょうか?

次回のレポートでは、もう少し建物の“内部”に視点を向けて、
『住空間』の魅力について駿河所長に解説していただきます。
どうぞお楽しみに!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP